余剰の時代

副島隆彦

モノは溢れ作っても売れない。人も余り社会は失業者予備軍で溢れている。そんな「余剰・過剰」の時代を生き抜く知恵にあふれた本。自分の頭で考え、自立して生きることがいかに重要なのか、そのため学問がどれだけ大切なのか、具体的に知ることができる。 (ベスト新書)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ