生命はなぜ生まれたのか 地球生物の起源の謎に迫る

高井研

深い海の底には、マントルの割れ目から地熱で熱せられた水が噴出する孔がある。この40億年前の原始地球の深海熱水孔で、最初の生命として誕生したと考えられているのがメタン菌である。メタン菌がいかにして生存し、適応・進化してきたのかという、地球生物の起源の謎に迫る。 (幻冬舎新書)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ