進化しすぎた脳 中高生と語る[大脳生理学]の最前線

池谷裕二

高校生に行った、脳の仕組み、記憶や意識・無意識といった脳科学に関する講義を収録。高校生の素朴な疑問にも答える。常に、一般の人にわかりやすく脳科学を伝えようという姿勢を持ち続けていることが素晴らしい。池谷先生の本には、詳しい実験方法についても書かれており、日常の疑問をどうやって実験にまで落とせるのか、科学とは何なのかというところまでわかる。科学は難しいものではなく、実は日常なのですよというところが面白い。同じ著者による『記憶力を強くする』『単純な脳、複雑な「私」』(いずれも講談社ブルーバックス)もおすすめだ。 (ブルーバックス)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ