教育・心理系

ワンダー 君は太陽

主人公のオギーは、トリーチャーコリンズ症候群で顔が変形していたため、生まれてから27回の手術を受けてきました。入退院を繰り返していたことから家庭学習を続け、初めて学校に通うことになります。初めての友だち、先生との出会い、そしてクラスメイトの偏見やいじめなど、学校のある生活でオギーは成長していきます。オギーの成長だけでなく、姉や姉の友だち、初めての親友の目線でも描かれていて、物事を多面的に捉えることの大切さを教えてくれます。様々な人が自分らしさを発揮でき、認め合うことで社会は変えられます。 (スティーヴン・チョボスキー:監督)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ