実験心理学

人間の精神現象や、動物・人間の行動を解き明かすために理系的な実験的方法を用い、心や心理過程の理解に努める~情報系の認知科学、脳科学につながる心理学の基礎

思考・記憶のメカニズム   ニューロイメージング   認知科学   実験動物   行動分析

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

非言語情報
コミュニケーションを円滑にする表情や音声を心理学から解明

田中章浩 先生
東京女子大学 現代教養学部 心理・コミュニケーション学科 心理学専攻/人間科学研究科 人間社会科学専攻 心理・コミュニケーション科学分野

記事を読もう

「錯覚」が起きているとき、脳では何が起きているのか~人間の情報処理の方法

一川誠 先生
千葉大学 文学部 人文学科 行動科学コース/人文公共学府 人文科学専攻

記事を読もう

視覚、聴覚、触覚など複数の感覚から得られた情報をどのように知覚するのか

日高聡太 先生
立教大学 現代心理学部 心理学科/現代心理学研究科 心理学専攻

記事を読もう

日常生活において、物事をどのように知覚し、理解しているのか、その個人差について

杉森絵里子 先生
早稲田大学 人間科学部 人間情報科学科/人間科学研究科 人間科学専攻

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

Yale University/イェール大学(米)

心理学部

【認知心理学】 記憶のメカニズムや、潜在記憶のメカニズムについての研究が面白い。

McGill University/マギル大学(カナダ)

Department of Psychology

多様な心理学の分野で、世界的に優秀なスタッフを揃えている。世界の研究を牽引している。

University of Toronto/トロント大学(カナダ)

Department of Psychology

多様な心理学の分野で、世界的に優秀なスタッフを揃えている。世界の研究を牽引している。

York University/ヨーク大学(英)

Department of Psychology

多様な心理学の分野で、世界的に優秀なスタッフを揃えている。

学問をもっと深く知るために

[比較認知科学、認知科学、実験心理学]
ヒトは本当に賢いか。サルもチンパンジーも驚くほど賢いことを証明

川合伸幸 先生
名古屋大学 情報科学研究科

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ