影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか

ロバート・B・チャルディーニ

人は、自分の心の動きのままに生活していると思っている。しかし、自分の心のメカニズムを知らず、社会の仕組みやメディアの性質などに、自分の行動が左右されていることになかなか気づきにくく、理解しづらいものだ。本書は、そうしたことを理解するための本で、世界でロングセラーを続ける社会心理学の本。著者は、「好きな人に同意したくなる」「権威に対して信頼を置く」「限られたものほど、欲しくなる」などといった心理を分析、6つのパターンを提示する。こうした心理を巧みに利用して、モノを売ろうとしたり、だまそうとしたりする人からの「防衛法」も載っている。 (社会行動研究会:訳/誠信書房)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ