識字の社会言語学

かどやひでのり、あべやすし:編著

識字とは、文字の読み書きができること。本書は、当たり前と思っている、文字の読み書きの能力について新しい考え方を提供してくれる。識字率を上げる取り組みの歴史、そして今、識字が社会でどのような意味を持っているのか考察する。 (生活書院)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ