アメリカ彦蔵

吉村昭

幕末に漂流し、アメリカ船に助けられた濱田彦蔵を描いた歴史小説です。アメリカでキリスト教の洗礼を受けて「彦蔵」から「ジョセフ・ヒコ」(Joseph Heco)となり、リンカーン大統領を含めた3代の大統領にも謁見した、数奇な経験の持ち主です。

「アメリカ彦蔵」は、その後アメリカ市民として幕末・維新の激動期の日本に帰国し、領事館通訳などを経て、日本で最初の新聞「海外新聞」を発行しました。漂流という運命を受け入れて、自らのアイデンティティに悩みながらも人生を切り開いていく力強い人間像に触れることができます。同じ著者による『大黒屋光太夫』、『戦艦武蔵ノート』もお薦めです。 (新潮文庫)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ