気象・海洋物理・陸水学

様々な理学を通して地球の気候変動に与える影響を解き明かす~「気象学」は日々の天気を予報、「海洋物理学」は海流、水温変動のしくみを、「陸水学」は湖・河川・地下水の変動のしくみを調査

エルニーニョ現象   地球温暖化   海水面の上昇   爆弾低気圧   異常気象

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

理学部 地球惑星物理学科
【 主な研究者 】
東塚知己 日比谷紀之 佐藤薫 三浦裕亮

北海道大学

理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
三寺史夫 長谷部文雄 稲津將 深町康 見延庄士郎

京都大学

理学部 理学科 地球惑星科学系
【 主な研究者 】
時長宏樹 余田成男 秋友和典 向川均 橋口浩之
総合人間学部 総合人間学科 自然科学系
【 主な研究者 】
酒井敏

九州大学

理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
廣岡俊彦 和方吉信

東北大学

理学部 宇宙地球物理学科 地球物理学コース
【 主な研究者 】
岩渕弘信 山崎剛 須賀利雄

東京海洋大学

海洋工学部 海事システム工学科
【 主な研究者 】
小橋史明

鹿児島大学

工学部 情報生体システム工学科
【 主な研究者 】
大橋勝文
水産学部 水産学科 水圏科学分野
【 主な研究者 】
中村啓彦

その他の優れた大学

大学詳細

弘前大学

理工学部 地球環境防災学科

【大気水圏環境学分野】 寒地気象実験室を有しており、冬季の積雪過程について現地観測と人工衛星データ解析の双方から研究に取り組むことができる

筑波大学

生命環境学群 地球学類 地球環境学主専攻

大気科学分野では、全球気候システムに関するデータ解析からフィールド観測に関する実習・研究が非常に充実している。

三重大学

生物資源学部 共生環境学科 地球環境学プログラム

【気象・気候ダイナミクス】 気象・気候学を広く学び研究することができる。特に、練習船を利用して、海洋が大気に与える影響に関する教育・研究をしている点がユニークである。

奈良女子大学

理学部 化学生物環境学科 環境科学コース

【環境科学】 地球環境、生命、化学の幅広い現象を実習や実験を通して理解し、環境問題について考える能力を身に付けられる。自然現象を解析したり、モデル化してシミュレーションを行う技術も身に付く。

愛媛大学

理学部 地球科学科 海洋物理分野

【瀬戸内海などの沿岸海洋の環境と気象】 沿岸域の海洋環境を物理学、化学、生物学の視点から総合的に教育・研究している点が特色である。

東海大学

海洋学部(静岡) 海洋地球科学科

【海洋物理・海洋気象】 海洋実習が必修科目で、観測船に乗船して観測を体験できる。また、海洋に関する他の分野も同じキャンパスに存在する。キャンパスが海のすぐ横にあり、毎日を海(と富士山)を見ながら勉強できる。


海外で学ぶなら

大学詳細

Florida State University/フロリダ州立大学(米)

Center for Ocean-Atmospheric Prediction Studies (COAPS)

【気象学、海洋物理学】 大気と海洋の相互作用の研究を主に行っている。衛星海上風の研究の中心でもある。

University of Hawaii/ハワイ大学(米)

School of Ocean and Earth Science and Technology

【気候学、海洋学】 熱帯海洋気象、全球気候システムに関する研究において卓越した研究成果を輩出。

University of Oklahoma/オクラホマ大学(米)

School of Meteorology

【気象学】 竜巻などの気象災害予測のための観測・数値シミュレーションモデルの開発などに取り組んでいる。

Universität Bayreuth/バイロイト大学(独)

生態・環境学研究センター

【環境学】 地表面と大気とのエネルギーや温室効果ガスの交換過程に関する観測研究で世界をリードしている。

主な研究者

研究者詳細

郭新宇

愛媛大学
理学部 地球科学科/理工学研究科 数理物質科学専攻/沿岸環境科学研究センター
【海洋物理学、環境動態解析】 潮流、海流、水温変動、気候変動のしくみを調べ、海流や水温の変動が海洋生態系に与える影響を研究。黒潮全域において有光層内の硝酸塩と生物粒子の収支計算を行った。

大橋勝文

鹿児島大学
工学部 情報生体システム工学科/理工学研究科 情報生体システム工学専攻
【惑星大気】 地球の大気、海流などの動きを人工衛星などで計測し、世界各地の温室効果ガスの排出量を正確に把握する研究。それによって温室効果ガスの増加対策を効率よく行えるようにする。

中村啓彦

鹿児島大学
水産学部 水産学科 水圏科学分野/水産学研究科 水産学専攻
【海洋物理学】 海水温や海流の変動のしくみを解明し、エルニーニョ現象などの大規模な海水温変動が地球の気候に与える影響を研究。日本近海の海洋生物の分布に影響を与える代表的な暖流、黒潮の流路、流量、安定性の変動メカニズムに取り組む。

轡田邦夫

東海大学
海洋学部(静岡) 海洋地球科学科/海洋学研究科 海洋学専攻
【海面での運動量フラックスの推定とその応用】 衛星データを用いた海面運動量フラックスプロダクトの構築を行い、そのデータをもとに大気と海洋間のエネルギー交換のしくみを明らかにする。

久保田雅久

東海大学
海洋研究所
【海洋物理】 熱、運動量、淡水のすべての収支を推定することに取り組む。地球上での気候変動の実態の理解につながり、さらには人為起源の地球温暖化の実態を知ることにも大きく貢献する。

田中健路

広島工業大学
環境学部 地球環境学科
【気象学、気候学】 日々の天気現象の発生、発達過程について、風や気温、大気中の水分など気象要素の分布を、観測やコンピューターによる数値計算。気象災害のメカニズムを解明し実践的な対策を立てる。

見延庄士郎

北海道大学
理学部 地球惑星科学科/理学院 自然史科学専攻
【海洋気候学、大気海洋相互作用・十年変動】 海洋と気象の両面に関わる教育、研究をしている。特に海洋が大気に与える影響の研究では世界的に著名である。

杉本周作

東北大学
理学部 宇宙地球物理学科/理学研究科 地球物理学専攻/学際科学フロンティア研究所
【黒潮、気候変動】 大気海洋相互作用について、優れた観測データ解析による研究を行っている。

須賀利雄

東北大学
理学部 宇宙地球物理学科 地球物理学コース/理学研究科 地球物理学専攻
【大規模海洋循環】

村田功

東北大学
理学部 宇宙地球物理学科 地球物理学コース/環境科学研究科 先端環境創成学専攻/理学研究科 地球物理学専攻
【フーリエ変換型分光計を用いた大気微量成分の観測】 地球規模のオゾンを中心とした微量分析。

日比谷紀之

東京大学
理学部 地球惑星物理学科/理学系研究科 地球惑星科学専攻
【海洋力学、乱流混合、海洋乱流エネルギー】 乱流混合の理論と観測的研究に関する世界的な権威である。

今須良一

東京大学
理学部 地球惑星物理学科/新領域創成科学研究科 自然環境学専攻/大気海洋研究所
【人工衛星による温室効果気体の全球観測】 人工衛星の観測データにより地球規模の大気分析を行っている。

伊藤進一

東京大学
農学部 応用生命科学課程 水圏生物科学専修/農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻/大気海洋研究所
【海洋生物資源変動】

小松幸生

東京大学
農学部 応用生命科学課程 水圏生物科学専修/新領域創成科学研究科 自然環境学専攻/大気海洋研究所
【栄養塩輸送】 現場観測と数値モデルの結合で問題に取り込んでいる。

安田一郎

東京大学
理学系研究科 地球惑星科学専攻/大気海洋研究所
【海洋大循環、物質循環、乱流混合】 科学研究費「新学術領域研究」の海洋混合学の創設の領域代表者として、海洋混合が地球の気候に果たす役割の研究をリードしている。

長井健容

東京海洋大学
海洋資源環境学部 海洋環境科学科/海洋科学技術研究科 海洋資源環境学専攻
【黒潮、乱流混合】 黒潮内部で起こる乱流について、観測、理論、数値計算のすべてにおいて先端的な教育・研究をしている。

筆保弘徳

横浜国立大学
教育学部 学校教育課程 教科教育コース 理科専門領域/教育学研究科 教育実践専攻
【台風の発達構造に関する研究】 日本の若手研究者の中で、台風に関する研究の第一人者。

富田裕之

名古屋大学
宇宙地球環境研究所
【衛星海面乱流熱フラックスとその応用】 人工衛星データを用いた海面乱流熱フラックスプロダクト(J-OFURO)を構築し、世界中に発信している。

根田昌典

京都大学
理学部 理学科/理学研究科 地球惑星科学専攻
【海面乱流フラックスの直接測定】 観測の難しい海面乱流熱フラックスの現場での測定を行っている唯一の日本人研究者。

吉川裕

京都大学
理学部 理学科 地球惑星科学系/理学研究科 地球惑星科学専攻
【海洋力学】 海洋力学について、優れた理論家である。

森信人

京都大学
工学部 地球工学科 土木工学コース/工学研究科 社会基盤工学専攻/防災研究所
【地球温暖化に伴う台風と高潮被害予測】 地球温暖化に伴う台風の発達や高潮被害予測に関する研究のトップランナー。

竹見哲也

京都大学
理学研究科 地球惑星科学専攻/防災研究所
【都市域で発達する対流】 日本のメソ気象研究者の中でも最先端の研究者として国内外で高い評価を受けている。メソスケールの気象には、台風、集中豪雨や局地的大雨、竜巻、積乱雲といった災害につながる激しい現象が含まれている。

広瀬直毅

九州大学
総合理工学府 大気海洋環境システム学専攻/応用力学研究所
【海洋数値モデリング】 海洋数値モデリングの分野で、日本をリードする研究を行っている。

加古真一郎

鹿児島大学
工学部 海洋土木工学科 環境システム工学分野/理工学研究科 海洋土木工学専攻
【海上風データセットの構築とその評価】 複数衛星データを用いて高解像度の海上風プロダクトを作成し、そのデータで数値モデルを駆動し、その結果を解析している。

江淵直人

北海道大学
環境科学院 地球圏科学専攻/低温科学研究所
【海上風の衛星観測】 衛星データから導出した海上風速、海上風向の評価の分野の世界的権威。

山本民次

広島大学
生物生産学部 生物生産学科 生物圏環境学コース/生物圏科学研究科 環境循環系制御学専攻/流域圏環境再生プロジェクト研究センター
【瀬戸内海における栄養塩循環】 総合的に栄養塩問題に取り込んでいる。

山形俊男

海洋研究開発機構
【大規模大気海洋相互作用】

小池俊雄

土木研究所
【アジアモンスーンの気候システムに関する研究】 1990年代~2000年代にかけて実施された国際的な気候システム解明に向けたプロジェクトを推進し、アジア地域の気象学分野の発展に全般的に貢献した。

興味がわいたら

海の科学 海洋学入門

柳哲雄

海を科学的・多面的に捉えた、ロングセラーの海洋学入門書。1988 年に出版されてから、多くの大学で教科書として採用され、2011年に改訂版も出ている。平易な叙述と系統だった海洋学の知識の解説は初学者に適し、海洋科学を系統的に理解することができる。 (恒星社厚生閣)


潮汐・潮流の話 科学者になりたい少年・少女のために

柳哲雄

潮汐とは、海水面の水位が毎日ほぼ2回ずつ昇降し、周期的に満潮と干潮を繰り返す現象。月と太陽の引力による潮汐力の作用として説明される。この本を読むと、潮汐の原理をよく理解できる。 (創風社出版)


雲の中では何が起こっているのか

荒木健太郎

空にはいろいろな雲が浮かんでいる。それぞれの雲がどのようにしてできているのか、集中豪雨などの災害をもたらす雲はどのような特徴を持っているのか、ていねいにかつ非常にわかりやすく書いている。気象学に関する専門書の多くは、理論的な説明を要する部分を数式や変数、専門的な図面に頼る傾向にあり、物理を学んでいないと難解なものが多い。しかしこの本では、ゆるキャラを使って、イメージをつかみやすいように工夫されている。気象災害に関しても、最新の事例も含めた内容でまとめられている。 (ベレ出版)


NHKスペシャル 巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃

NHKスペシャルで2014年に放送された「巨大災害MEGA DISASTER地球大変動の衝撃」のDVD。全5回あり、第1集、異常気象 “暴走"する大気と海の大循環、第2集、 スーパー台風 “海の異変"の最悪シナリオ、第3集、巨大地震 見えてきた脅威のメカニズム、第4集、火山大噴火 迫りくる地球規模の異変、第5集、日本に迫る脅威 激化する豪雨まで揃える。近年増加している気象災害のメカニズムや地球温暖化との関連について、最先端の学術的知見をCGなどを駆使して紹介している。 (NHK)