地球・資源システム工学

有用な金属鉱物など地下に存在する資源・エネルギーを取り出し、運搬、加工。一方、地球を資源循環するシステムと捉え、環境負荷を極力小さくするように使用後の環境保全技術を開発する工学

メタンハイドレート   地熱発電   二酸化炭素の地中貯留法   レアメタル   資源循環工学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

九州大学

工学部 地球環境工学科 地球システム工学コース
【 主な研究者 】
佐々木久郎 沖部奈緒子 島田英樹 笹木圭子 水永秀樹
工学部 地球環境工学科 建設都市工学コース
【 主な研究者 】
三谷泰浩

東北大学

工学部 機械知能・航空工学科 エネルギー環境コース
【 主な研究者 】
森谷祐一 加納純也 伊藤高敏 渡邉則昭 土屋範芳

北海道大学

工学部 環境社会工学科 資源循環システムコース
【 主な研究者 】
大竹翼 佐藤努 廣吉直樹 藤井義明 児玉淳一

京都大学

工学部 地球工学科 資源工学コース
【 主な研究者 】
村田澄彦 三ヶ田均 小池克明
工学部 地球工学科 土木工学コース
【 主な研究者 】
杉浦邦征

秋田大学

国際資源学部 国際資源学科 資源開発環境コース
【 主な研究者 】
柴山敦 藤井光
国際資源学部 国際資源学科 資源政策コース
【 主な研究者 】
安達毅

東京大学

工学部 システム創成学科 環境・エネルギーシステムコース
【 主な研究者 】
徳永朋祥 福井勝則 加藤泰浩 中村謙太郎
工学部 システム創成学科 知能社会システムコース
【 主な研究者 】
松島潤

名古屋大学

理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
吉田英一

早稲田大学

創造理工学部 環境資源工学科
【 主な研究者 】
山崎淳司 大和田秀二 内田悦生 香村一夫 所千晴

海外で学ぶなら

大学詳細

University of British Columbia/ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)

Materials Engineering

【環境対策、湿式金属生産】 日本とは異なり資源大国ならではのスケールの大きな研究が体験できる。

University College London/ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(英)

Earth Science

【Rock mechanics】 古い歴史を有し、基礎的な研究を重視している。

École nationale supérieure des mines d'Albi-Carmaux/国立高等鉱業学校アルビ・カルモー校(仏)

Centre de recherche Rapsodee

【粉体精製】 きめ細やかな研究開発を行っている。

University of Queensland/クイーンズランド大学(豪)

Sustainable Minerals Institute

【資源開発、環境対策】 日本とは異なり資源大国ならではのスケールの大きな研究が体験できる。

University of Western Australia/西オーストラリア大学(豪)

Mining Engineering

【Mining engineering】 現場の鉱山と連携しながら、実践的な研究開発を行っている。

主な研究者

研究者詳細

後の世代に禍根を残さない 二酸化炭素の地中貯留

佐藤晃
熊本大学
工学部 土木建築学科/自然科学教育部 土木建築学専攻

地球の内部には豊富な資源やエネルギーがあると同時に、深部空間としての利用価値があります。そこに着目した研究が「地球・資源システム工学」では行われています。その一・・・

「都市鉱山」から有用金属を取り出そう~分離技術は資源・素材・製造の幅広い企業で実用

所千晴
早稲田大学
創造理工学部 環境資源工学科/創造理工学研究科 地球・環境資源理工学専攻

あなたのスマートフォンの中には、レアメタル(希少金属)が使われています。ですから廃棄されたスマホの山は、「都市鉱山」と呼ばれ、日本は有数の都市鉱山大国と言われま・・・

坂口清敏
東北大学
工学部 機械知能・航空工学科 エネルギー環境コース/環境科学研究科 先進社会環境学専攻

【岩盤工学、資源工学、地熱開発工学】地下の開発に必要は応力測定法の一つ、円錐孔底法の大家。

奈良禎太
京都大学
工学部 地球工学科 資源工学コース/工学研究科 社会基盤工学専攻

【資源工学、岩盤工学】地下岩盤の安定性を支配するき裂進展、破壊に関する研究の若手第一人者。

島田英樹
九州大学
工学部 地球環境工学科 地球システム工学コース/工学府 地球資源システム工学専攻

【資源工学、岩盤工学】主に石炭鉱山を対象として、鉱山の力学的特性の把握と安全性の評価について研究。

沖部奈緒子
九州大学
工学部 地球環境工学科 地球システム工学コース/工学府 地球資源システム工学専攻

【バイオミメティクス】バイオミミクリーという生物の構造や機能を模倣したバイオ技術を資源開発に応用している。

大和田秀二
早稲田大学
創造理工学部 環境資源工学科/創造理工学研究科 地球・環境資源理工学専攻

【リサイクリング工学】最先端の物理選別技術に関する研究を行っている。

興味がわいたら

レアメタル レアアース

ニュートン別冊

先端産業にとって必要不可欠なレアメタル・レアアースについて、基本的なことがわかる。『Newton』ならではの豊富で美しいイラストや写真が魅力的で、化学にあまり興味のない人でも見て楽しめる。レアメタル全54元素の写真付きデータ(第5章)は、資料としても価値がある。 (ニュートンプレス)


マインクラフト

3Dブロックを使って自由に探索、採掘を進め、思い思いの世界を作り出すことのできるゲーム。鉱物資源の名前や使い道を、ゲームを通して知ることができる。中にはかなりレアな鉱物も登場するため、鉱物に興味を持つきっかけとなるだろう。 (Markus Persson )


2052 今後40年のグローバル予測

ヨルゲン・ランダース

著者は、1972年に著書『成長の限界』の発行により、資源枯渇や持続可能性などについて世界が真剣に考え始めるきっかけを作った。今回のこの本は、その後の著書『限界を超えて』『成長の限界 人類の選択』を経て、21世紀の世界への警告書として改めて執筆されたものだ。残念ながらとても悲観的な論調の本だが、この最悪のシナリオをまずは熟読し、資源問題や環境問題を考えるきっかけとしてほしい。 (野中香方子:訳、竹中平蔵:解説/日経BP社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ