耳鼻咽喉科学

耳・鼻・口・喉の疾病のメカニズム、診断、治療法を究める

平衡感覚   めまい   顔面神経痛   アレルギー性鼻炎   誤嚥

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
山岨達也

大阪大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
猪原秀典 島田昌一

順天堂大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
古川正幸 池田勝久 伊藤伸 一針幸子

慶應義塾大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
小川郁

東北大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
川瀬哲明

札幌医科大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
白崎英明

千葉大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
花澤豊行 関直彦

福井大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
藤枝重治

東京慈恵会医科大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
小島博己 鴻信義

その他の優れた大学

大学詳細

東京医科歯科大学

医学部 医学科

有毛細胞の機械刺激受容に関する研究を行っている。

鹿児島大学

医学部 医学科

【膀胱がんの遺伝子発現】

名古屋市立大学

医学部 医学科

有毛細胞の電気生理学的解析を行っている。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Sussex/サセックス大学(英)

生命科学部

【hair cell biology】 有毛細胞の電気生理学的解析においては、世界最高峰である。

活躍する研究者

花澤豊行 先生
千葉大学
医学部 医学科/医学薬学府 先端医学薬学専攻

【頭頸部がんの新規治療】頭頸部のがんに特異的に発現する遺伝子を見つけ出す研究。その遺伝子をコントロールすることで、がん細胞を消失できないか、またその遺伝子発現を採血でチェックして早期に発見する方法などに取り組む。

鵜川眞也 先生
名古屋市立大学
医学研究科 生体機能・構造医学専攻/医学部

【有毛細胞生物学】聴覚の受容器細胞である有毛細胞の感覚毛で、機械刺激を電気信号へと変換するイオンチャネルの遺伝子を探索する。このイオンチャネルの異常で難聴やめまいなどの平衡障害が引き起こされると考えられ、創薬につながる新しい治療法に取り組む。

関直彦 先生
千葉大学
医学部 医学科/医学薬学府 先端医学薬学専攻

【がん遺伝子全般】DNAの遺伝情報をコピーするだけと思われていたRNAの中で、生命現象において重要な役割を担うマイクロRNAが注目されている。いち早くマイクロRNA を研究課題と取り組み、がん細胞のマイクロRNA発現と機能解析を行う。

興味がわいたら

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ