整形外科学

四肢、脊柱を中心に、骨・関節・筋肉の疾患や外傷を治療する外科学。美容外科の「整形」は直接関係しない

関節リウマチ   理学療法   スポーツ医学   椎間板   リハビリテーション

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
高柳広 齋藤琢 田中栄
教養学部 統合自然科学科 スポーツ科学サブコース
【 主な研究者 】
今井一博

東京医科歯科大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
早乙女進一 辻邦和 関矢一郎 淺原弘嗣 大川淳
歯学部 歯学科
【 主な研究者 】
篠村多摩之

慶應義塾大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
松尾光一 松本守雄

名古屋大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
西田佳弘 平田仁 石黒直樹

岡山大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
西田圭一郎 尾崎敏文 大橋俊孝
医学部 保健学科 検査技術科学専攻
【 主な研究者 】
廣畑聡

京都大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
伊藤宣 松田秀一
医学部 人間健康科学科 先端リハビリテーション科学コース
【 主な研究者 】
青山朋樹

大阪大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
吉川秀樹

京都府立医科大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
徳永大作 松田修

神戸大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
黒田良祐
医学部 保健学科 看護学専攻
【 主な研究者 】
三浦靖史

広島大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
横田和典 安達伸生

その他の優れた大学

大学詳細

東海大学

医学部 医学科

【自己軟骨細胞シート】 軟骨細胞シートを使った再生医療を患者に対して実施している。

主な研究者

研究者詳細
廣畑聡
岡山大学
医学部 保健学科 検査技術科学専攻/保健学研究科 保健学専攻

【細胞外マトリックス、軟骨代謝学】老人の多くがあちこちの痛みを訴える変形性関節症は、細胞外マトリックスというタンパク質を分解してしまう酵素が原因とされる。この分解酵素がどのようにして体の中で働いているのかについて研究。

望月早月
防衛医科大学校
医学科

【ADAMタンパク質の研究】ヒト大腸がんにおいて、細胞膜上で増殖、細胞接着などに関わる多機能分子(ADAM)がある。その分子の発現と浸潤・転移における役割を解析。がんや関節症など多くの病気の研究に取り組む。

興味がわいたら

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ