応用微生物学

地球誕生以来の歴史を持つ微生物を、医薬品、資源、環境、エネルギーから、ゲノムで作る発酵食品まで様々に応用

微生物酵素   酵母ゲノム   微生物バイオ燃料   遺伝子組み換え微生物   微生物の遺伝子資源

こんな研究をして世界を変えよう

長寿遺伝子
健康長寿を科学する
老化は遅らせられる?パン酵母で長寿の仕組みを明らかに

水沼正樹 先生
広島大学 工学部 第三類(応用化学・生物工学・化学工学)(統合生命科学研究科 生物工学プログラム)

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

農学部 応用生命科学課程 生命化学・工学専修
【 主な研究者 】
大西康夫 有岡学 石井正治 足立博之 日高真誠
工学部 システム創成学科 環境・エネルギーシステムコース
【 主な研究者 】
小林肇

京都大学

農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
黒田浩一 井上善晴 喜多恵子 植田充美 阪井康能
農学部 食品生物科学科
【 主な研究者 】
橋本渉
総合人間学部 総合人間学科 自然科学系
【 主な研究者 】
土屋徹

東北大学

農学部 応用生物化学科 生物化学コース
【 主な研究者 】
新谷尚弘 阿部敬悦 金子淳
農学部 生物生産科学科 応用動物科学コース
【 主な研究者 】
米山裕

九州大学

農学部 生物資源環境学科 応用生物科学コース
【 主な研究者 】
酒井謙二 中山二郎 園元謙二

大阪大学

工学部 応用自然科学科 応用生物工学科目
【 主な研究者 】
本田孝祐 古賀雄一 木谷茂 杉山峰崇

広島大学

理学部 生物科学科
【 主な研究者 】
鈴木克周
工学部 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 生物工学プログラム
【 主な研究者 】
秋庸裕

信州大学

繊維学部 応用生物科学科
【 主な研究者 】
下坂誠 山本博規 野川優洋
農学部 農学生命科学科 生命機能科学コース
【 主な研究者 】
保坂毅 池田正人
工学部 物質化学科
【 主な研究者 】
片岡正和

筑波大学

生命環境学群 生物資源学類 応用生命化学コース
【 主な研究者 】
中島敏明 高谷直樹 中村顕 野村暢彦
生命環境学群 生物学類
【 主な研究者 】
小林達彦 中村幸治

その他の優れた大学

大学詳細

北海道大学

農学部 生物機能化学科

肥満と腸内細菌の関係について、興味深い研究を行っている。

東京工業大学

生命理工学院 生命理工学系

生物機能を体系的に捉え、応用へもアプローチしている。

東京農工大学

工学部 生命工学科

【応用微生物学】 磁石を持つ微生物の研究。

神戸大学

農学部 生命機能科学科 応用生命化学コース

【微生物機能化学】

山口大学

農学部 生物機能科学科 /中高温微生物研究センター

中高温微生物研究センターがあり、発酵微生物だけでなく、環境微生物、病原微生物に関する研究部門からなり、統合的に微生物を理解しようと研究に取り組んでいる。

北里大学

薬学部 /北里生命科学研究所

【放線菌のゲノム工学】 北里生命科学研究所では、世界有数、おそらくトップの放線菌を用いた代謝工学を行っている。ノーベル賞学者大村先生の直系である。

慶應義塾大学

環境情報学部 環境情報学科 /先端生命科学研究所

【ゲノム工学】 世界最大の巨大DNAクローン技術を持ち、独自性ではトップクラス。

日本大学

生物資源科学部 生命化学科

発酵など、微生物利用を志す研究者が多く所属し、教育を行っている。学生からの評判も良い。

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 バイオサイエンス領域

【システム微生物】 Systems biologyを用いた生命現象の理解をめざしている。大腸菌研究では日本のトップである。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California, Berkeley/カリフォルニア大学バークレー校(米)

化学工学・生物工学

【バイオ燃料生産のための合成生物学】 バイオ燃料に関する研究では世界を先導している。

University of Houston/ヒューストン大学(米)

Department of Biology and Biochemistry

【Synthetic Biology】 枯草菌の胞子形成を量的制御の視点から細胞分化の分子機構を目指す。

University of Newcastle/ニューカッスル大学(英)

Institute for Cell and Molecular Biosciences

【Bacterial Cell Biology】 進化的視点を踏まえた斬新的な微生物学を先導。

活躍する研究者

薬剤耐性菌VS抗菌薬の戦いに、環境微生物学から切り込む

鈴木聡 先生
愛媛大学
農学部 生物環境学科 環境保全学コース/農学研究科 生物環境学専攻/沿岸環境科学研究センター

病院の院内感染で猛威を振るう「薬剤耐性菌の問題」が、国際的に緊急の大きな課題となっています。抗菌薬・抗生物質は、病原微生物を阻害する化学物質であり、毒ではなく「・・・

片岡正和 先生
信州大学
工学部 物質化学科/総合理工学研究科 生命医工学専攻

【分子遺伝学】放線菌という土壌細菌を用いて、ゲノム組み換えを試みたところ、放線菌染色体まるごと移動する技術を確立することに成功。これによって、テーラーメードの微生物を創りだすことが可能になる。

鈴木克周 先生
広島大学
理学部 生物科学科/統合生命科学研究科 統合生命科学専攻 基礎生物学プログラム

【バクテリアから真核生物へ遺伝子輸送現象】主に土壌細菌のアグロバクテリアを用いて、バクテリアから真核生物へ遺伝子が輸送される現象について研究。アグロバクテリアは、植物に遺伝子を注入する能力を持ち、大豆やトウモロコシなどの遺伝子組換え植物は、このバクテリアが植物に遺伝子を注入する性質を利用して作られる。

秋庸裕 先生
広島大学
工学部 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 生物工学プログラム/統合生命科学研究科 統合生命科学専攻 生物工学プログラム

【応用微生物】微生物発酵によってできる油脂を開発研究。発酵食品などに比べて未開拓分野だが、油脂は植物油から得られにくい成分を含み、食品や化粧品成分として高い機能を持つ。バイオ燃料になりえる。

藥師寿治 先生
山口大学
農学部 生物機能科学科/創成科学研究科 農学系専攻/中高温微生物研究センター

【微生物の生化学、代謝工学】バクテリアのべん毛モーターについての研究。細胞内外で発生する電気ポテンシャルで回転するべん毛モーターのエネルギーは、どうやって作り出されるのか、エネルギー代謝について調べている。

遠藤明仁 先生
東京農業大学
生物産業学部 食香粧化学科

【発酵食品学、腸内細菌学】腸内細菌の研究を行う。中でも食事と腸内細菌の関係について取り組む。腸内細菌は宿主である人々の健康に深く関与することが明らかになってきている。腸内細菌を適切に保つことが、健康の秘けつと言える。

池田正人 先生
信州大学
農学部 農学生命科学科 生命機能科学コース/総合理工学研究科 農学専攻

【アミノ酸発酵】発酵微生物の生理学とゲノム科学で、次世代発酵を目指した研究が緻密で丁寧。新しい何かをやってくれそうな研究者。

小川順 先生
京都大学
農学部 応用生命科学科/農学研究科 応用生命科学専攻

【発酵生理及び醸造学】自然現象を素直に観察して、洞察を得た上で、理解と問題解決を図る手順がすばらしい。企業との共同研究が多く、「出口に近い」研究を展開。

吉田健一 先生
神戸大学
農学部 生命機能科学科 応用生命化学コース/科学技術イノベーション研究科 科学技術イノベーション専攻

【微生物を利用した稀少物質生産】高い組換え能を有する細菌を効果的に利用。

福田真嗣 先生
慶應義塾大学
政策・メディア研究科 政策・メディア専攻/先端生命科学研究所

【腸内細菌と宿主の健康】腸内細菌の代謝産物が宿主の健康にどのように影響しているのか、明らかにしている。

朝井計 先生
東京農業大学
生命科学部 バイオサイエンス学科/農学研究科 バイオサイエンス専攻

【細胞分化の誘導機構】細胞の環境応答と生存戦略の分子機構を解明し、合成生物学的手法の応用的な実践する。

高松大輔 先生
農業・食品産業技術総合研究機構

【ミツバチ腐蛆病予防】腐蛆病というミツバチの幼虫を侵す伝染病がある。家畜伝染病予防法における法定伝染病である。この疾病を引き起こす病原菌の多様性を明らかにしている。

横田篤 先生
北海道大学
農学部 生物機能化学科/農学院 農学専攻 生命フロンティアコース

【アミノ酸発酵】発想がユニーク。研究内容は丁寧で説得力がある。

池田治生 先生
北里大学
大村智記念研究所

【放線菌ゲノム工学】

森浩禎 先生
奈良先端科学技術大学院大学
先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 バイオサイエンス領域

【システム微生物学】大腸菌システムバイオロジーのパイオニア

学問をもっと深く知るために

[進化生物学、微生物学、昆虫学]
生物の体の中に他の生物が棲む!その小さな生態系の豊かな世界に迫る

深津武馬 先生
産業技術総合研究所/東京大学/筑波大学

[発酵学・有用微生物学]
環境にやさしく有用物質を作り出す微生物工場。その知恵で遺伝子工学に基づく 「バイオ」を知の舞台に引きずり出した学問

興味がわいたら

もやしもん

石川雅之

カビや酵母などの身近な微生物をキャラクター化し、それぞれの能力や、彼らを用いてできる食品や酒類について、ストーリーの中でおもしろおかしく解説している漫画。DVDも出ている。楽しく理解しやすく描かれているのでお勧めしたい。この本は、「応用微生物学」そのものと言っても過言ではないだろう。 (イブニングKC)


人を助けるへんな細菌すごい細菌 ココまで進んだ細菌利用

中西貴之

よく耳にする身近な細菌から、驚くべき生態を持つ細菌まで、様々な細菌が登場。実際にどのように微生物が利用されているか、またこれからどのように利用される可能性があるかという話が、とてもわかりやすく紹介されてる。 (技術評論社)


見えない巨人 微生物

別府輝彦

一匹一匹は目に見えない微生物が、いかに我々の身近に存在しているかを知ることが出来る。この本では「発酵」「病気」「環境」の観点から微生物の働きを解説しており、よく知っている食品や医薬品が微生物の力で作られていることを具体的に知ることが出来る。微生物には病原性のものもあり、遠ざけたい種類もあるが、人の役に立っている安全な微生物の存在や、自分の身体を守ってくれているたくさんの微生物にも注目して欲しい。さらに、まだまだ分からないことがたくさんある微生物の世界に関心を持ち、そうした研究に興味を持ってほしい。 (ベレ出版)


生命は熱水から始まった

大島泰郎

「好熱菌を手掛かりに、原始生命は熱水中で生まれた」という熱水起源説を唱える生化学の専門家による著書。地球誕生から始まり、40億年前に一番最初の生命が生まれた様子を、現代の科学から推し測る。数ある生命起源論の中では異端とも思われるものだが、興味深い。 (東京化学同人)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ