機械材料・材料力学

ものづくりの基礎!様々な用途に応じて安全で高機能な機械材料を選び、力が加わったときどう変形し、どんな限界強度で破壊するかまで調べる

疲労/靱性・耐蝕性・耐熱性   金属   高機能材料   スマート材料   バイオマテリアル(生体材料)

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 機械知能・航空工学科 ファインメカニクスコース
【 主な研究者 】
竹田陽一 燈明泰成 青柳吉輝 祖山均 三浦英生
工学部 機械知能・航空工学科 機械システムコース
【 主な研究者 】
高木敏行 井口史匡 三木寛之 佐藤一永
工学部 機械知能・航空工学科 量子サイエンスコース
【 主な研究者 】
渡辺豊
工学部 材料科学総合学科 材料システム工学コース
【 主な研究者 】
成田史生

大阪大学

工学部 応用理工学科 機械工学科目
【 主な研究者 】
澁谷陽二 箕島弘二 中谷彰宏
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 生産科学コース
【 主な研究者 】
倉敷哲生
工学部 応用自然科学科 精密科学科目
【 主な研究者 】
荻博次
基礎工学部 システム科学科 機械科学コース
【 主な研究者 】
垂水竜一 尾方成信

京都大学

工学部 物理工学科 機械システム学コース
【 主な研究者 】
土屋智由 北條正樹 澄川貴志
工学部 物理工学科 宇宙基礎工学コース
【 主な研究者 】
琵琶志朗
工学部 物理工学科 エネルギー応用工学コース
【 主な研究者 】
今谷勝次

東京工業大学

工学院 機械系
【 主な研究者 】
阪口基己 佐藤千明 水谷義弘
工学院 システム制御系
【 主な研究者 】
宮崎祐介

東京大学

工学部 機械工学科
【 主な研究者 】
泉聡志
工学部 航空宇宙工学科
【 主な研究者 】
藤本浩司

同志社大学

生命医科学部 医工学科
【 主な研究者 】
片山傅生 仲町英治 森田有亮 田中和人

神戸大学

工学部 機械工学科
【 主な研究者 】
中井善一 田中拓 磯野吉正 阪上隆英
海事科学部 マリンエンジニアリング学科
【 主な研究者 】
藤本岳洋

名古屋大学

工学部 機械・航空宇宙工学科
【 主な研究者 】
巨陽 水野幸治

北海道大学

工学部 機械知能工学科 機械情報コース
【 主な研究者 】
中村孝 東藤正浩 佐々木克彦

長岡技術科学大学

工学部 機械創造工学課程
【 主な研究者 】
岡崎正和 宮下幸雄

名古屋工業大学

工学部 電気・機械工学科 機械工学分野
【 主な研究者 】
神谷庄司 西田政弘

九州大学

工学部 機械航空工学科 機械工学コース
【 主な研究者 】
濱田繁 久保田祐信
工学部 機械航空工学科 航空宇宙工学コース
【 主な研究者 】
汪文学

慶應義塾大学

理工学部 機械工学科
【 主な研究者 】
小茂鳥潤 大宮正毅 高野直樹 堀田篤

東京理科大学

理工学部 機械工学科
【 主な研究者 】
荻原慎二

その他の優れた大学

大学詳細

横浜国立大学

理工学部 機械・材料・海洋系学科

【材料強度学、自己治癒材料】 機械工学教育プログラム、材料工学教育プログラムで機械材料・材料力学が学べる。疲労やX線応力測定など優れた研究を行っている。国内にほとんどいない自己治癒材料研究者が数多く在籍している。化学・生命系学科化学応用教育プログラムにもこの分野の研究者が在籍。

豊橋技術科学大学

工学部 機械工学課程 機械・システムデザインコース

機械工学系の研究者が多く在籍している。

広島大学

工学部 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系) 材料加工プログラム

【革新的な表面処理材料開発】 耐熱、耐摩耗性、耐熱衝撃性の改善のために、機械的表面改質に関する横断的研究組織を立ち上げて精力的に研究活動を行っている。

香川大学

創造工学部 創造工学科 機械システムコース /微細構造デバイス統合研究センター

微細構造デバイス統合研究センターには、マイクロマシン製造設備を集積した研究環境がある。

金沢工業大学

工学部 機械工学科

【流体力学、高速流体工学、混相ウォータジェット】 混相ウォータジェットを用いた加工技術など、流体現象を活用した環境にやさしい材料加工技術の研究を行っている。混相ウォータジェットを用いた環境指向形加工技術など、流体現象を活用した材料加工技術に関する研究を行っている。

名城大学

理工学部 機械工学科

【材料強度学】 高温強度、数値解析、疲労など幅広い分野を網羅している。

立命館大学

理工学部 機械工学科

マイクロマシン技術に優れた学科。

岡山理科大学

工学部 機械システム工学科

【機械要素の性能向上に関する研究】 実機に近い機械要素の機械的表面改質に関する研究を行っている。


海外で学ぶなら

大学詳細

Technische Universiteit Delft/デルフト工科大学(オランダ)

【自己治癒材料研究】 欧州の自己治癒材料研究の中核であり、数多くの欧州プロジェクトを統括している。

主な研究者

研究者詳細

自分で傷を治せるセラミックスの開発~ジェットエンジン部材への適用を目指して

中尾航
横浜国立大学
理工学部 機械・材料・海洋系学科 材料工学教育プログラム/理工学府 機械・材料・海洋系工学専攻

材料の研究分野で注目を集めているものの一つが、「バイオミメティック(生体模倣)」材料の開発です。例えば、人が骨折しても自然治癒するように、材料に傷が生じても自然・・・

壊さず材料の強度を調べるX線非破壊検査法のすごさ

鈴木賢治
新潟大学
教育学部 学校教員養成課程 教科教育コース 技術科教育専修

機械、建築物、電気製品から人間の身体まで、あらゆるものが「材料」で作られています。材料の中で、力や形を受け持つ「構造材料」は、人間の身体で言えば、骨や筋肉になり・・・

薄膜化で、金属、セラミクス、高分子など物質表面に新しい性質を与える

井上尚三
兵庫県立大学
工学部 機械・材料工学科 機械工学コース/工学研究科 機械工学専攻

機械材料・材料力学は、機械を構成する材料の強度について研究する分野です。その中で私自身は、ハード(硬質)コーティングを研究してきました。例えばドリルなどの金属部・・・

細田暁
横浜国立大学
都市科学部 都市基盤学科/都市イノベーション学府 都市地域社会専攻

【自己治癒コンクリート開発等】ひび割れを自ら閉ざす自己治癒コンクリートの開発、コンクリート構造物の新健全性評価法の開発など現在のインフラ構造物の健全性評価に欠かせない人材。

坂井田喜久
静岡大学
工学部 機械工学科 知能・材料コース/総合科学技術研究科 工学専攻

【X線材料強度学次元検出器による残留応力測定】

矢吹彰広
広島大学
工学部 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 化学工学プログラム/工学研究科 化学工学専攻

【自己治癒コーティングの開発】電気化学反応を活用した自己治癒コーティング開発を行っている。

真田和昭
富山県立大学
工学部 機械システム工学科/工学研究科 機械システム工学専攻

【自己治癒プラスチック開発】我が国において、皮膚の自己修復をモデルにした自己治癒プラスチック研究を最も早く始めた人物。

細井厚志
早稲田大学
基幹理工学部 機械科学・航空学科/基幹理工学研究科 機械科学専攻

【疲労き裂を自己治癒する鋼材の開発】鋼のき裂進展による生成する新生面の反応活性を活用した、自己治癒性の発現機構について調査している。

草野英二
金沢工業大学
バイオ・化学部 応用化学科/工学研究科 バイオ・化学専攻

【スパッタリングによる薄膜形成プロセスの研究】真空めっきによる塗装技術、スパッタリング分野での有名な研究者。

生津資大
愛知工業大学
工学部 機械学科 機械工学専攻/工学研究科 機械工学専攻

【自己伝播発熱微粒子の開発】自己伝搬発熱素材を用いた瞬間はんだ接合技術を開発。夢を語ることができ、新しい分野を切り開こうとしている。

渡邉正義
横浜国立大学
理工学部 化学・生命系学科 化学教育プログラム/理工学府 化学・生命系理工学専攻

【自己治癒ゲル材料の開発】元々イオン液体を活用した燃料電池、2次電池開発で著名な研究者であるが、ここ最近、イオン液体を活用した自己治癒ゲル材料の開発を実施している。

興味がわいたら

工学の歴史 機械工学を中心に

三輪修三

機械工学を理解するには、技術史から学ぶことが最も効果的だ。古代、中世、産業革命を経て、近代、現代まで、工学の歴史を機械工学を中心に解説する。過去から学びヒントを得ることができるだろう。 (ちくま学芸文庫)


機動戦士ガンダムシリーズ

ガンダムの強さは、ガンダリウム合金という新素材を用いているから! ガンダムシリーズでは、シリーズごとの新素材が使われている。機械材料・材料力学の研究にあたり、新素材を開発するための発想力や想像力が掻き立てられる。


マグダラで眠れ

支倉凍砂

主人公は錬金術師のライトノベル。物語はファンタジーでも、話の核である錬金術には、ガラスの融点を鉛を加えて下げる、硝酸や塩酸を用いて水素を創るなど、実際の材料科学が活用されている。主人公たちは、発想の転換を得ることで、身の回りの物質を用いて錬金術の新しい知見にたどり着く。これは、「機械材料」分野でも重要なことで、機械生産のためには大量に使用できる材料であることが求められ、希少な元素を活用した物質や安定していな物質は用いることができない。このため、新発想により身の周りの物質を用いて新素材を生み出す必要がある。このラノベから材料や物質を生み出すドラマを楽しんでほしい。 (鍋島テツヒロ:イラスト/電撃文庫)


ミクロの決死圏

1966年に公開されたアメリカ映画。外科手術が不可能な患者を救うために医師と潜水艇がミクロ化され、体内に送り込まれるSF冒険物語。50年以上前に制作された映画にも関わらず、レーザー治療など、現代の技術を予感させる描写も多い。マイクロマシンに対する期待も当時からあったことが感じられる。


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ