ナノ材料化学

極限まで小さくすると激変する物質の化学的性質を利用し、驚異の機能性を持った最小サイズの材料=“ナノ材料”を見つけ作り出す~理学と工学の総合系学問、ナノ材料化学

超分子   ナノカプセル   ナノチューブ   ナノテクノロジー   ナノ粒子

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 化学・バイオ工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
京谷隆

大阪大学

工学部 応用自然科学科 応用物理学科目
【 主な研究者 】
小林慶裕

九州大学

工学部 物質科学工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
藤川茂紀 山田鉄兵

東京大学

工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
伊藤耕三
工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
吉江尚子
理学部 化学科
【 主な研究者 】
岡林潤

熊本大学

工学部 材料・応用化学科
【 主な研究者 】
伊原博隆 國武雅司

中央大学

理工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
小松晃之

その他の優れた大学

大学詳細

北海道大学

理学部 化学科

【物理化学】 化学を中心として、材料など基礎から応用までしっかりと学ぶことができる。

北海道大学

工学部 情報エレクトロニクス学科 生体情報コース /電子科学研究所

電子科学研究所では、ナノ、バイオなど世界最先端の研究を行っている。

山形大学

理学部 理学科 化学コース

【ナノ粒子】 100万分の1mmサイズ(ナノサイズ)の金属、半導体粒子の合成に関してユニークな研究。地方国立らしく教員と学生の距離が非常に近い。

山形大学

工学部 高分子・有機材料工学科

【機能高分子材料、有機エレクトロニクス】 機能高分子、有機エレクトロニクスでは日本トップ。特に有機エレクトロニクスでは世界トップ。地方国立らしく教員と学生の距離が非常に近い。

東京工業大学

物質理工学院 応用化学系

【機能高分子材料】 光機能性高分子や導電性高分子など伝統的に機能高分子が有名。これを元にナノ材料へと展開している。

横浜国立大学

理工学部 数物・電子情報系学科 電子情報システム教育プログラム

材料からシステムまで、幅広い理工学分野を学ぶことができる。

山梨大学

工学部 応用化学科

【燃料電池】 次世代のクリーンなエネルギー発電である燃料電池に関する材料(触媒、電解質)では日本トップ。

信州大学

繊維学部 化学・材料学科 応用分子化学コース/工学部 水環境・土木工学科

【ナノカーボン】 カーボンナノチューブ・カーボンナノファイバーの研究者が多く、幅広い応用研究が行われている。

名古屋大学

理学部 化学科

【ナノカーボン材料】 材料化学から有機化学分野まで様々な研究者がナノカーボン材料の研究に参画している。

明治大学

総合数理学部 現象数理学科 /先端数理科学インスティテュート

【数理科学】 先端数理科学インスティテュートは、社会および自然にかかわる現象の数理的解析を課題とする国際的研究拠点。

早稲田大学

先進理工学部 応用化学科

【無機合成化学分野、メソスケールの構造制御化学】 ケイ素化学の可能性を格段に飛躍させ、炭素化学に匹敵する多様な物質創成を行っている。

名城大学

理工学部 応用化学科

【カーボンナノチューブ】 結晶成長から、複合材料への応用まで、カーボンナノチューブの研究者の層が厚い。カーボンナノウォールの研究者も在籍している。

甲南大学

フロンティアサイエンス学部 生命化学科

【バイオサイエンス】 DNAやタンパク質に関する構造解析に関してオリジナルな研究を行っている。私学としては教員一人あたりの学生数が少ない。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Cambridge/ケンブリッジ大学(英)

工学部

【グラフェン・カーボンナノチューブ】 グラフェンやカーボンナノチューブの作製から実用化に向けた研究まで基礎から応用を幅広くやっている。研究者の質・量ともに高い。

Université de Bordeaux/ボルドー大学(仏)

分子化学研究所等の研究所群

【光機能材料、超分子ゲル】 有機錯体化学や光化学、構造物性化学等の分野において世界最先端で活躍する研究者が集積したコンパクトな研究所群で構成されている。

Université de Montpellier/モンペリエ大学(仏)

シャルルクーロン研究所

【カーボンナノチューブの結晶成長】 カーボンナノチューブの結晶成長メカニズムの基礎に関して深く研究を行っている。

Aalto University/アールト大学(フィンランド)

応用物理学科

【カーボンナノチューブの作製と応用】 単層カーボンナノチューブの応用に関する研究が特に進んでいる。

Swinburne University of Technology/スウィンバーン工科大学(豪)

マイクロフォトニクスセンター

【光技術】 新しい材料や物性などを最先端に研究している。

主な研究者

研究者詳細
松井淳
山形大学
理学部 理学科 化学コース/理工学研究科 理学専攻

【高分子化学、ハイブリッド材料化学】炭素ナノチューブから無機材料まで開発し、材料機能向上や新規な機能を目指す研究。さらに生体の持つ不思議を構造学的に模倣し、傷がついても勝手に傷が治ったり、簡単に自分で治せるポリマーなどを作る。

並河英紀
山形大学
理学部 理学科 化学コース/理工学研究科 理学専攻

【コロイド界面化学、非平衡化学、生物物理学、表面科学】自然界の環境を模倣した様々な実験システムを構築。分子などが外部からの命令や操作がなくても自ら組織的な構造を形成する「自己組織化」という現象を探求し、自然界の謎を解き明かすことを目指す。

西島喜明
横浜国立大学
理工学部 数物・電子情報系学科 電子情報システム教育プログラム/理工学府 数物・電子情報系理工学専攻/未来情報通信医療社会基盤センター

【物理化学、分析化学、光科学、ナノテクノロジー、材料科学、半導体工学】フォトニック結晶の材料として、主に微小な金属ナノ材料と光の相互作用を化学的に調べる。その興味から、ナノレーザバイオセンサの開発にかかわり、犬の鼻をこえた臭いを感知する光センサーを開発を目指している。

伊原博隆
熊本大学
工学部 材料・応用化学科/自然科学教育部 材料・応用化学専攻

【自己組織化、薄膜形成】自己組織化という薄膜形成の方法の研究。水中や有機溶媒中でチューブ状、ラセン状、リボン状などのユニークな形状の分子集合体を形成する、自己組織化ナノファイバーの開発を行う。

丸山隆浩
名城大学
理工学部 応用化学科/理工学研究科 応用化学専攻

【カーボンナノチューブの研究】人の髪の毛の5万分の1の太さのカーボンナノチューブの合成を中心に研究を行う。

岩佐豪
北海道大学
理学部 化学科/総合化学院 総合化学専攻

【量子化学】量子化学の観点からナノ材料を探査している。

上野貢生
北海道大学
工学部 情報エレクトロニクス学科 生体情報コース/総合化学院 総合化学専攻/電子科学研究所

【プラズモニクス】光ナノテクの若手で先導的な研究者。

藪浩
東北大学
材料科学高等研究所

【バイオミメティックス】生体材料を模倣し、人工的に再構築することで、新しい機能材料を簡便に作ろうとしている。

櫻井岳暁
筑波大学
理工学群 応用理工学類 電子・量子工学主専攻/数理物質科学研究科 電子・物理工学専攻

【有機薄膜の太陽電池応用】放射光を用いた分析と併用、有機薄膜の太陽電池応用への基礎研究を丁寧に行っている。

馬場俊彦
横浜国立大学
理工学部 数物・電子情報系学科 電子情報システム教育プログラム/理工学府 数物・電子情報系理工学専攻

【ナノフォトニクス】微小領域で光子を扱う工学、ナノフォトニクスの国内における先導的な研究者。

寺西利治
京都大学
理学部 理学科 化学系/理学研究科 化学専攻/化学研究所

【精密無機合成化学】低消費電力の高性能ナノデバイスの創製や、新エネルギー創出用ナノ粒子触媒の開発をする。ナノ材料化学の世界的な研究者。

山田鉄兵
九州大学
工学部 物質科学工学科 応用化学コース/工学府 物質創造工学専攻

有機物とイオンを積み木細工のようにくみ上げた有機金属構造体を、エネルギー関係へ応用する研究の第一人者。

春藤淳臣
九州大学
工学部 物質科学工学科 応用化学コース/統合新領域学府 オートモーティブサイエンス専攻

【超分子ゲル、ほか】分子の化学結合を調べる最先端化学分野で独自の展望を持って活躍する一方で、丁寧な教育、学生指導を行う若手教員。

宮田耕充
東京都立大学
理学部 物理学科/理学研究科 物理学専攻

【カーボンナノチューブの物性】カーボンナノチューブの基礎物性を丁寧に調べている。学問的に価値が高い。

赤松謙祐
甲南大学
フロンティアサイエンス学部 生命化学科/フロンティアサイエンス研究科 生命化学専攻

【ナノ材料化学】金属・半導体ナノ材料を中心としたナノ構造材料の精密合成研究者。

長尾祐樹
北陸先端科学技術大学院大学
先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 物質化学領域

【イオニクス材料】ナノ空間を積極的に利用したイオン伝導材料に関して活発に研究を行っている。

夫勇進
理化学研究所

【有機エレクトロニクス】有機エレクトロニクスにおいて世界的な若手リーダー。

三澤弘明
北海道大学
工学部 情報エレクトロニクス学科 生体情報コース/情報科学院 情報科学専攻/電子科学研究所

【ナノフォトニクス】光子を用いて光の波長よりも小さな構造物の性質を調べるナノフォトニクスを研究。特にプラズマ中に生ずる電子の振動を利用した技術、プラズモニクスの国内の中心的存在である。

栗原和枝
東北大学
未来科学技術共同研究センター

【界面化学】界面化学分野の世界的研究者。

丸山茂夫
東京大学
工学部 機械工学科/工学系研究科 機械工学専攻

【カーボンナノチューブの作製と応用】単層カーボンナノチューブの基礎から応用まで手厚く研究を進めている。

北川進
京都大学
工学部/高等研究院

有機物とイオンを積み木細工のようにくみ上げた有機金属構造体の第一人者。

安達千波矢
九州大学
工学部 物質科学工学科 応用化学コース/工学府 物質創造工学専攻/未来化学創造センター

有機エレクトロニクスの分野で、特に有機ELの実用化に向けた基礎研究を牽引する。

興味がわいたら

光化学の驚異 日本がリードする「次世代技術」の最前線

光化学協会:編

光化学の第一線で研究する専門家により、光化学、光ナノテクノロジーの話題がわかりやすく書かれている。酸化チタンによる光触媒などの具体的な研究を紹介する。高校の物理・化学の知識を元に一歩進んだ科学の世界を知ることができる。 (ブルーバックス)


分子膜ってなんだろう シャボン玉から細胞膜まで

齋藤勝裕

究極に薄いナノメートルスケールの膜の一つが「分子膜」だ。これは自己組織化によって作られる構造物で、その名の通り、分子が単に横につながってできただけの非常に薄い膜だ。この非常に薄い「分子膜」が私たちの体を作る細胞を守る鎧になっているのだ。本書では、分子膜の基本的な内容から細胞に至るまで順を追って解説している。胞膜の構造を知ることで、いかにして特定の細胞膜を破壊する微生物に対して活性を有する薬剤を設計するかが見えてくる。 (裳華房)


波紋と螺旋とフィボナッチ 数理の眼鏡でみえてくる生命の形の神秘

近藤滋

シマウマにはなぜ縞模様があるのか。生物の模様は波? サカナの模様、キリンの網目など、生物の模様が決まるメカニズムを、大変わかりやすく解説。生命の「形」の神秘が見えてくる。著者の大阪大学近藤先生は、「模様は波だ!」と言っても誰からも理解されず、あげくのはてに大学をやめさせられた? ユニークな語り口で、タイトルには難解なキーワードがついているが、専門的な知識がなくてもある程度の理解はできる。 (学研メディカル秀潤社)


ナノカーボンの科学

篠原久典

フラーレン、カーボンナノチューブ、グラフェンなど、ノーベル賞受賞者を次々と出しているナノカーボン材料分野。この本では、特にフラーレンとカーボンナノチューブの発見時の様子が詳しく記されている。新しい、そして物性的に興味深い材料が発見されたときに繰り広げられる「研究者の生態」が生々しく描かれ、研究者を目指していない人にとっても面白く感じられるだろう。21世紀はナノカーボン材料が様々な分野に使われるようになると予想されるが、その代表的な物質であるフラーレンとカーボンナノチューブの発見に、二人の日本人が関与していることを知ってもらうためにも必読である。 (ブルーバックス)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ