民事法学

家族・財産問題、市民の権利などを規律する民法、商取引に関する商法に基づいて、個人と個人が関わる権利・義務の発生や消滅のあり方について法解釈をし、紛争解決の方法を考える

会社法・保険法・金融法   新しい家族形態と家族法   親権と子の権利   損害賠償   ロボット法学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

早稲田大学

法学部
【 主な研究者 】
箱井崇史 加藤哲夫 尾崎安央 白石大 勅使川原和彦
社会科学部 社会科学科
【 主な研究者 】
川島いづみ
商学部
【 主な研究者 】
和田宗久

北海道大学

法学部 法学課程
【 主な研究者 】
山木戸勇一郎 櫛橋明香 三宅新 山本周平 曽野裕夫

東北大学

法学部 法学科
【 主な研究者 】
森田果 水野紀子 坂田宏 渡辺達徳 吉原和志

大阪大学

法学部 法学科
【 主な研究者 】
松尾健一 久保大作 藤本利一 松井和彦 齋藤由起
法学部 国際公共政策学科
【 主な研究者 】
大久保邦彦

九州大学

法学部
【 主な研究者 】
小池泰 七戸克彦 五十川直行 上田竹志

京都大学

法学部
【 主な研究者 】
高橋陽一 山下徹哉 齊藤真紀 木村敦子 潮見佳男

東京大学

法学部
【 主な研究者 】
森田修 加藤貴仁 垣内秀介 藤田友敬 松下淳一

名古屋大学

法学部 法律・政治学科
【 主な研究者 】
中東正文 渡部美由紀 今井克典 松中学 原田綾子

神戸大学

法学部 法律学科
【 主な研究者 】
八田卓也 青木哲 行澤一人 窪田充見 山田誠一

その他の優れた大学

大学詳細

一橋大学

法学部 法律学科

【民法学】

岡山大学

法学部 法学科

【民法学】

下関市立大学

経済学部 国際商学科

【民法学】

青森中央学院大学

経営法学部 経営法学科

【民法学】

東北学院大学

法学部 法律学科

【民法学】

明海大学

不動産学部 不動産学科

【民法学】

千葉商科大学

国際教養学部 国際教養学科

【民法学】

亜細亜大学

法学部 法律学科

【民法学】

慶應義塾大学

法学部 法律学科

【民法学】

駒澤大学

法学部 法律学科

【民法学】

上智大学

法学部

【民法学】

成蹊大学

法学部 法律学科

【民法学】

専修大学

法学部 法律学科

【民法学】

中央大学

法学部

【民法学】

東洋大学

法学部 企業法学科

【民法学】

日本大学

法学部 法律学科

【民法学】

明治大学

法学部 法律学科

【民法学】

立教大学

法学部

【民法学】

立命館大学

法学部 法学科

【民法学】

関西学院大学

法学部 法律学科

【民法学】

福岡大学

法学部

【民法学】


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Connecticut/コネチカット大学(米)

School of Law、Insurance Law Center、LLM in Insurance Law

米国で保険会社の本社が集まる、コネチカット州の州都ハートフォード(Hartfordは、Insurance Capitalとも言われる)にあって、米国の各種の保険に関する講義はもちろんのこと、EUや中国等及び国際的な保険監督規制に関する多数の講義が用意されており、米国ですでに弁護士資格を取得している実務家や世界中から保険法の専門家が集まり研究している。米国でほぼ唯一の保険法の修士号(LLM in Insurance Law)を授与できるLaw Schoolである。

主な研究者

研究者詳細
尾島茂樹
金沢大学
人間社会学域 法学類/法務研究科 法務専攻

【民法学】消費者の関わる契約法をテーマに研究。個人と個人の関わる権利、義務の発生・消滅やその内容のあり方について、法解釈および立法提案により検討する。

肥塚肇雄
香川大学
法学部 法学科/法学研究科 法律学専攻

【商法・保険法、賠償科学、交通法】自動運転の事故による損害賠償問題などの法的整備がまだなされていない「ロボット法学」の研究に取り組む。

中山幸二
明治大学
法務研究科(法科大学院) 法務専攻

【自動運転に関する民事責任】自動運転の事故の損害賠償問題に対して、法的整備の先駆けとなる「ロボット法学」を研究する。ロボット法学会の設立も準備。

興味がわいたら

累犯障害者

山本譲司

障害者による事件の取材をまとめたルポルタージュ。安住の地である刑務所に戻るためなら犯罪もいとわない人々、犯罪でしか生きる手段を得られない人々。なぜ犯罪を繰り返す人がいるのかを考えながら、社会と福祉のあり方を再考する価値ある一冊。 (新潮文庫)


評決のとき

原作はジョン・グリシャムの小説(原題:“A Time to Kill”)の、法廷サスペンス。不条理な状況下で行われた犯罪の裁判を追い、人種差別や陪審制度に迫る。「正義」とは何かを考えさせられる。


民法のすすめ

星野英一

民事法学の中で一般法である民法をわかりやすく説明している本。我々の生活の中にもっとも密接な法律である民法を入り口に、その歴史的・社会的背景から詳細までを丁寧に解説している。 (岩波新書)


火車

宮部みゆき

カード破産がテーマの長編ミステリー小説。クレジット・カードを使いすぎること、借金することの恐ろしさがわかる。身近な金について考えるきっかけにもなる。 (新潮社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ