刑事法学

犯罪行為と刑罰の種類・程度を定めた刑法について、条文の意味を解釈し、刑事訴訟に至る手続き、裁判員制度など新しい裁判のあり方を解き明かす~犯罪社会学とつながる

少年法   死刑存廃論   刑法改正   司法取引

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

法学部
【 主な研究者 】
塩見淳 稲谷龍彦 安田拓人 高山佳奈子 堀江慎司

東京大学

法学部
【 主な研究者 】
佐伯仁志 大澤裕 橋爪隆 成瀬剛 樋口亮介

九州大学

法学部
【 主な研究者 】
武内謙治 豊崎七絵 田淵浩二 井上宜裕 土井政和

早稲田大学

法学部
【 主な研究者 】
杉本一敏 松澤伸

龍谷大学

法学部 法律学科
【 主な研究者 】
石塚伸一 斎藤司 赤池一将
社会学部 社会学科
【 主な研究者 】
津島昌弘

北海道大学

法学部 法学課程
【 主な研究者 】
小名木明宏 城下裕二

一橋大学

法学部 法律学科
【 主な研究者 】
王雲海 本庄武 葛野尋之

神戸大学

法学部 法律学科
【 主な研究者 】
宇藤崇 嶋矢貴之

大阪大学

法学部 法学科
【 主な研究者 】
松田岳士 島岡まな 水谷規男 品田智史

立命館大学

法学部 法学科
【 主な研究者 】
森久智江 嘉門優

関西学院大学

法学部 法律学科
【 主な研究者 】
鮎川潤

その他の優れた大学

大学詳細

東北大学

法学部 法学科

【刑法学】 正統派の刑法学を学ぶことができる。

鹿児島大学

法文学部 法経社会学科 法学コース

【刑法学】 正統派の刑法学を学ぶことができる。

大阪市立大学

法学部 法学科

【日独比較法】 フライブルク大学と日独シンポジウムを定期的に開催している。最新の比較法に触れることができる。

慶應義塾大学

法学部 法律学科

【刑法学】 豊富な専任教員を擁し,幅広い観点から刑法学を学ぶことができる。

立正大学

法学部 法学科

【刑事政策】 丸山泰弘先生が所属する学部。活動的、何事にも前向きで、学生を元気づけている。

関西大学

法学部 法学政治学科

【刑法学】 外国のそれを含めて刑法理論を深く学ぶことができる。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Maryland/メリーランド大学(米)

Department of Criminology and Criminal Justice

【刑事司法、犯罪社会学】 犯罪学・刑事司法の研究で世界をリードするアメリカ。その中でももっとも評価の高いと言われている大学。研究者の数も多く、幅広く研究することが可能。

Université de Poitiers/ポワティエ大学(仏)

法学部

【刑事法学】 刑事法学を専門的に扱う研究所が付属しており、掘り下げた研究が可能。スタッフがとても親切。

University of Oslo/オスロ大学(ノルウェー)

Department of Criminology and Sociology of Law

【犯罪学、法社会学】 「世界でもっとも受刑者にやさしい」ことで有名なノルウェー。先進的かつ批判的な北欧の犯罪学を学ぶことができる。

活躍する研究者

井上宜裕 先生
九州大学
法学部/法学府 法政理論専攻

【比較刑法学、刑事立法学、刑法解釈学、緊急行為論、保安処分論】人を殺すとはどういうことかなど、刑法の条文の意味をその文言に沿って理解していく刑法解釈学を研究。刑期満了後も電子監視する刑事制裁は正しいか、是非論を検討する。

津島昌弘 先生
龍谷大学
社会学部 社会学科/社会学研究科 社会学専攻

【犯罪社会学、刑事司法に対する信頼】犯罪の原因を社会環境に求める犯罪社会学を研究。DV、セクハラ、ストーカー、痴漢行為などに関する被害調査の研究は、女性への暴力の構造的原因の分析や政策立案の際に参考となる、貴重な情報を提供する。

樋口亮介 先生
東京大学
法学部/法学政治学研究科 総合法政専攻

【法人処罰ほか】バイタリティに溢れる研究者。様々なテーマを手がけ、深化させていく。

岡邊健 先生
京都大学
教育学部 教育科学科 相関教育システム論系/教育学研究科 教育学環専攻

【少年非行】元科学警察研究所に勤務。犯罪社会学における若手のホープ。

丸山泰弘 先生
立正大学
法学部 法学科

【刑事法、薬物政策、司法福祉】活動的な若手研究者。何事にも前向きで、元気がもらえる。

玄守道 先生
龍谷大学
法学部 法律学科/法学研究科 法律学専攻

【故意論】丹念な比較法的研究を行っており、今までにない分析視角を提供する。

浜井浩一 先生
龍谷大学
法学部 法律学科/法学研究科 法律学専攻

【犯罪・刑事司法統計、司法福祉など】元法務官僚。日本を代表する犯罪学者で、国際的にも有名。メディアにしばしば登場する。

津富宏 先生
静岡県立大学
国際関係学部 国際関係学科/国際関係学研究科 国際関係学専攻

【犯罪学、刑事政策評価研究、青少年自立支援】元法務省官僚。NPOを立ち上げ、少年院出院者らの自立や社会復帰を支える活動に取り組んでいる

石塚伸一 先生
龍谷大学
法学部 法律学科/法学研究科 法律学専攻

【薬物依存からの回復、死刑制度の廃止など】刑事司法制度の研究者であり、かつその改革を進める活動家。日本犯罪社会学会の現会長。

谷岡一郎 先生
大阪商業大学
公共学部 公共学科/地域政策学研究科 経営革新専攻/アミューズメント産業研究所

【ギャンブルの社会学、社会調査】ギャンブル研究の一人者。リサーチリテラシーの必要性を問うた『社会調査のウソ』が有名。

学問をもっと深く知るために

[刑法学]
悪質な飲酒運転に懲役5年は軽すぎる!~刑法の改正・新設

曲田統 先生
中央大学 法学部

[刑法学]
死刑廃止やテロ等準備罪を考える 〜社会の変化と刑法の変化

井田良 先生
中央大学大学院 法務研究科

興味がわいたら

ブリッジブック 法学入門

南野森:編

九州大学南野森先生、井上宜裕先生ら各分野の新進気鋭の研究者が最新の動向を踏まえつつ執筆した「法学入門書」。単に法律の知識を列挙するのではなく、それぞれの法律が現代社会の中でどのような意義や機能を持つかを丁寧に記述。社会の様々な現象がなぜそうなっているのかを法的な視点から解析するので、日々の事柄の見方が変わる。刑事法学については、人を処罰するとはどういうことなのかを根本的に考え直す契機を提供している。例えば、飲酒運転による悲惨な交通事犯を抑止するために、厳罰化・重罰化を推し進めた結果、逆に、轢き逃げ死亡事犯が増大した事態をどう評価するべきかなど。 (信山社)


犯罪と刑罰

ベッカリーア

刑法の古典的書籍。近代ヨーロッパ刑法思想の礎石とも言うべき一冊。最初は読みにくく感じるかもしれないが「刑法という法律が社会において果たす役割」や「犯罪と刑罰の関係」といったテーマを考えるヒントが得られる。 (風早八十二、五十嵐二葉:訳/岩波文庫)


2円で刑務所、5億で執行猶予

浜井浩一

犯罪の多くは少年によって行われていると思っている人は多い。しかし、少年犯罪は減少し続け、他方で、高齢者犯罪が急増し、刑務所は老人ホーム化している。本書は、犯罪や刑事司法についての正確な知識や情報を提供し、私たちが犯罪や犯罪者にたいして抱いている固定観念を払拭するとともに、犯罪対策を考えるきっかけとなる。メディアによって刷り込まれた犯罪や犯罪者のイメージを鵜呑みすることなく、私たち一人ひとりが問題意識・批判的精神を持って社会の事実や真実を見極めることが大切だと説く。そのほか、体感治安、監視カメラの効果、死刑の支持率など、犯罪学や刑事司法を学ぶ上で欠かせない多くの問題が紹介されている。 (光文社新書)


裁かれた命 死刑囚から届いた手紙

堀川惠子

実際に起こった強盗殺人事件の犯人と捜査検事の物語。社会では「努力すれば報われる」とは限らず、多くの矛盾や不合理を抱えていることがわかる。それとともに、罪と罰、死刑、人が人を裁くことの意味などを考えさせられる。 (講談社文庫)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ