情報セキュリティ

基本の暗号技術に加え、個人の認証技術などを用い、サイバー攻撃から防御し、ネットワークを通した犯罪を防ぎ、個人のプライバシーを保護する

ファイアウォール   不正侵入検知   コンピュータウイルスやワームなどマルウェア対策   情報フィルタリング   量子暗号

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

電気通信大学

情報理工学域 Ⅱ類(融合系) セキュリティ情報学プログラム
【 主な研究者 】
高田哲司 吉浦裕

岡山大学

工学部 電気通信系学科
【 主な研究者 】
野上保之

東北大学

工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
静谷啓樹

茨城大学

工学部 電気電子システム工学科
【 主な研究者 】
鵜野克宏

筑波大学

情報学群 情報科学類
【 主な研究者 】
西出隆志

横浜国立大学

理工学部 数物・電子情報系学科 情報工学教育プログラム
【 主な研究者 】
四方順司

静岡大学

情報学部 情報科学科
【 主な研究者 】
西垣正勝

神戸大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
森井昌克

東京電機大学

工学部 情報通信工学科
【 主な研究者 】
齊藤泰一

明治大学

理工学部 情報科学科
【 主な研究者 】
齋藤孝道

立命館大学

情報理工学部 情報理工学科 セキュリティ・ネットワークコース
【 主な研究者 】
前田忠彦 毛利公一

その他の優れた大学

大学詳細

東京大学

工学部 電子情報工学科 /生産技術研究所

【情報セキュリティ経済学、プライバシー保護】 生産技術研究所には、経済学の観点から情報セキュリティへの投資や技術の普及を研究している研究者が在籍。プライバシー保護や認証の分野も世界レベルである。

東京大学

工学部 計数工学科 数理情報工学コース

【暗号評価】 暗号を構成する上で重要な楕円曲線や格子上の計算量問題に対する解析を行う、暗号数理情報学研究室(高木剛先生・縫田光司先生)が有名。

東京工業大学

情報理工学院 数理・計算科学系

【暗号理論】 公開鍵暗号の研究で知られる田中研究室(田中圭介先生)がある。

金沢大学

理工学域 電子情報通信学類

【暗号基礎技術、セキュアプロトコル】 情報セキュリティ研究室(満保雅浩先生)は、仮想通貨・ブロックチェーン技術に関するセキュアプロトコルに詳しい。

名古屋大学

工学部 電気電子情報工学科

【共通鍵暗号に関する研究】

大阪大学

工学部 電子情報工学科 情報通信工学科目 通信工学コース

【暗号基盤研究、セキュリティプロトコル、セキュリティモデリング】 楕円曲線暗号に関する研究が高く評価されている宮地研究室(宮地充子先生)がある。

広島大学

情報科学部 情報科学科 インフォマティクスコース

【情報セキュリティ、暗号理論】 計算機基礎学研究室(中西透先生)は、プライバシーを保護するための匿名認証の研究で知られている。

兵庫県立大学

応用情報科学研究科 応用情報科学専攻

【暗号や実際のシステムに対する安全性評価】

長崎県立大学

情報システム学部 情報セキュリティ学科

【暗号技術・暗号数理、セキュリティ関連全般】 2016年4月に新設された新しい学科であり、セキュリティに特化した学科としては国内初。演習環境も充実。

東海大学

情報通信学部 通信ネットワーク工学科

【暗号理論】 大東研究室(大東俊博先生)は共通鍵暗号の研究で知られている。

東邦大学

理学部 情報科学科

【ユーザブルセキュリティ】 人間が使うことを意識したセキュリティのあり方についての研究で定評のある金岡研究室(金岡晃先生)がある。

総合研究大学院大学

複合科学研究科 情報学専攻 /国立情報学研究所

【プライバシー保護】 盗撮防止用眼鏡の開発など、物理世界と情報世界を融合した情報セキュリティ技術の第一線の研究者による研究教育指導を受けることが可能である。

北陸先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 セキュリティ・ネットワーク領域

【暗号理論とその応用に関する研究】

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 情報科学領域

【サイバーセキュリティ、ネットワークセキュリティ】 セキュリティの研究者として優秀な教員が在籍。

情報セキュリティ大学院大学

情報セキュリティ研究科 情報セキュリティ専攻

【セキュリティ関連全般】 セキュリティに特化した大学であるため、カリキュラム、研究室の数が充実している。


海外で学ぶなら

大学詳細

Goethe University Frankfurt/ゲーテ大学フランクフルト(独)

Information Systems and Information Economics

【情報セキュリティ】 情報セキュリティと経済・経営の学際研究。欧州はこのような学際分野が盛んに研究されている。

Catholic University of Leuven/ルーヴェン・カトリック大学 (ベルギー)

Computer Science

【情報セキュリティ】 暗号理論、プライバシー保護、深い理論研究と学際的研究の両方が学べる。

主な研究者

研究者詳細
吉浦裕
電気通信大学
情報理工学域 Ⅱ類(融合系) セキュリティ情報学プログラム/情報理工学研究科 情報学専攻

【プライバシー保護、秘密計算】個人情報を暗号化したままで計算する技術「秘密計算」の研究をする。

松浦幹太
東京大学
工学部 電子情報工学科/情報理工学系研究科 電子情報学専攻/生産技術研究所

セキュリティ経済学の第一人者だが、プライバシー保護や認証の分野も世界レベルである。Wikileaksなどで利用される匿名通信Torのプライバシー分析も行っている。

菊池浩明
明治大学
総合数理学部 先端メディアサイエンス学科/先端数理科学研究科 先端メディアサイエンス専攻

SUICAカードの履歴に関わるプライバシー問題を確率論で解き明かす等のユニークな研究を手がける。

越前功
総合研究大学院大学
複合科学研究科 情報学専攻/国立情報学研究所

盗撮防止用眼鏡の開発など物理世界と情報世界を融合した情報セキュリティ技術の第一人者。

興味がわいたら

暗号解読 ロゼッタストーンから量子暗号まで

サイモン・シン

暗号の歴史は、開発と解読の繰り返しの歴史だ。それが人類や社会における攻防の歴史とリンクしており、なぜ暗号を開発あるいは解読するのかということが実感できる。後半では注目の「量子暗号」を取り扱っており、量子暗号は何か、なぜ量子暗号は必要かがわかるため、暗号研究にモチベーションを与えてくれる。最新のテーマまで取り扱っているが、特別な前提知識がなくとも楽しんで読めるよう工夫されている。 (青木薫:訳/新潮文庫)


暗号技術入門 秘密の国のアリス

結城浩

著者は、数学を平易に解説することに成功している『数学ガール』の著者。本書も、数学的な知識を必要とする暗号技術が、わかりやすく書かれている。各項目の末尾には、簡単な確認問題も用意されており、理解が進む。 (SBクリエイティブ)


10年後、生き残る理系の条件

竹内健

東芝OBが自らの体験をもとに、理系エンジニアが急激な時代の変化の中でどう生き残るかについて書いた本。「常識を疑う」「文系力を身につけよう」「自分を世界にアピールする方法」などエンジニアへの具体的な提言が多数。 (朝日新聞出版)


民主主義という不思議な仕組み

佐々木毅

民主主義について中高生向けに非常にわかりやすく書かれているが、大人も読みたい。ギリシャのポリスにはじまるその歴史から、現在の課題に至るまでをかみ砕いて解説。民主主義を多数の構成要素が複雑なつながり方をしたネットワーク(=「複雑ネットワーク」)と捉えて読めば、皆さんの暮らす社会のあり方を決める民主主義が、なぜ複雑でわかりにくく不思議な仕組みなのかということを理解することができるだろう。 (ちくまプリマー新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ