先端の科学技術って

選んでいただいたフィールドの本はこちら。さあ、もっとみてみよう。

電気・電子系

レーザーはこうして生まれた

C.H.タウンズ

著者のチャールズ・ハード・タウンズは、1964年のノーベル物理学賞を受賞したアメリカの物理学者。受賞理由は、放射の誘導放出による光増幅を利用した光線、すなわちレーザーの発明だ。この本は、20世紀の一大発明であるレーザーの開発のいきさつがわかる。 (霜田光一:訳/岩波書店)



エネルギー・資源系

Newton2015年1月号 核融合への夢

月刊科学雑誌『Newton』の核融合特集。核融合発電の原理や特徴が大変わかりやすく、図解入りで示されている。核融合の基本から、最新の内容まで記述されている。バックナンバーを入手するか、図書館等にあれば、ぜひ見てほしい。 (ニュートンプレス)



材料系

透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術

細野秀雄、神谷利夫

普通は透明なものは電気を通さない。透明金属とは、透明なのに、鉄や銅のように電気を通す物質。絶縁体なのに、微小の世界では電気を通すという、普通はありえない半導体材料だ。携帯やパソコンのディスプレー、自然エネルギーを利用する太陽電池の重要な構成部品である透明導電膜について、基本の物理や性質、透明導電膜を使ったデバイスの構造と機能についてわかりやすくていねいに説明している。薄膜・表面界面物性の学問への理解も進む。 (サイエンス・アイ新書)



材料系

トコトンやさしい太陽電池の本

産業技術総合研究所 太陽光発電工学研究センター

太陽電池の歴史、太陽電池の分類(シリコン系、半導体系、有機系)、太陽電池の構成と原理、太陽電池の使い方、太陽電池の未来について、漫画や図表を用いて丁寧にわかりやすく説明している。太陽電池と太陽光発電の現状や課題、そして太陽電池の未来を考えさせてくれる内容となっている。再生可能エネルギーの一つである太陽光発電システムにとって「材料開発」は不可欠で、この点からも理解を深められるだろう。 (日刊工業新聞社)



情報系

やさしい統計入門

田栗正章、藤越康祝、柳井晴夫、ラオ.C.R

視聴率、テストの偏差値、選挙の出口調査など、身の回りにはデータ解析がたくさんある。本書は、データ解析の基本となる平均や分散、相関係数などの記述統計学から始まり、推定・検定といった統計的推測法までを、身近な話題を使ってわかりやすく解説している。さらに、大学で学ぶべきであろう多くの事項を紹介している。 (ブルーバックス)



タングステンおじさん 化学と過ごした私の少年時代

オリヴァー・サックス

映画にもなった『レナードの朝』の著者でもある脳神経科医、オリヴァー・サックスの自伝的エッセイ。サックスが幼少期に化学に興味を持つに至ったきっかけは、電球のフィラメントを作る会社経営者であるタングステンおじさんたちとの交流にある。化学の発展史も知ることができる。 (斉藤隆央:訳/早川書房)



材料系

金属なんでも小辞典

増本健

主な各金属の成り立ち、製法、利用方法などが詳しく紹介されており、入門書として程よい内容だ。著者はアモルファス金属の研究者であるため、アモルファスの部分は特に詳細な記述がある。他にも、金属にまつわる様々な話題を紹介している。 (ブルーバックス)



エネルギー・資源系

図解 新エネルギー早わかり

早稲田聡

風力発電や流体力学に関係する専門書は数多くあるが、この本は一般書ならではのわかりやすさで、理論的な数式を用いずに風力発電の全般を丁寧に説明している。風力発電を含めた再生可能な自然エネルギーの将来についてもわかる。 (中経出版)



化学系

化学製品が一番わかる

田島慶三

数多く存在し用途も様々な化学製品。化学製品の基礎知識を、製品ごとに解説してくれる。組成、製造法などが詳しく記述されたこの本を通じて、まずは世の中の代表的なプラスチック製品を知ってほしい。そこから新しい興味関心が生まれるだろう。 (技術評論社)



化学系

一家に1枚周期表

「自然も暮らしもすべて元素記号で書かれている」がキャッチフレーズの周期表。身近な元素(アルミホイル、骨=カルシウム)や科学技術を担う元素(ケイ素の太陽電池、ガリウムの青色発光ダイオード)など、元素の用途や性質が一目でわかる楽しいポスターだ。文部科学省のサイトからダウンロードしよう。 (文部科学省)
http://stw.mext.go.jp/series.html



電気・電子系

高校数学でわかるシュレディンガー方程式 量子力学を学びたい人、ほんとうに理解したい人へ

竹内淳

電気電子材料物性を支える量子力学の基礎であるシュレディンガー方程式の全体像がつかめる。式の展開は極めて丁寧に書かれており、紙と鉛筆がなくても式の展開を追うことができる。量子力学は物質中での電子や光の振る舞いを決めているため、電気材料や電子装置に関係する全ての材料の基礎となる学問の根底に位置するとも言える。 (ブルーバックス)



電気・電子系

画像技術の世界

菊池久和

映画、テレビ、スマホなど、私たちの日常に欠かせない画像や映像について、その進歩を支える画像処理の技術を、高校生向けに解説する。表示、印刷、撮像、圧縮の4テーマに分けて基本原理を省略せずに、しかし論理的にわかりやすく記述している。スマホやテレビの音声や音楽、映像は、加工、圧縮され、符号化され、変調されて電波として利用者に伝送される。画像技術と通信技術は強く結び付いており、ともに発展してきたのだ。今後、m2m (machine to machine), IoT (Internet of Things)などが進展し、2025年ごろには5G (5th Generation)移動体通信の時代を迎える。ますます、通信技術と画像技術は発展していく分野だ。 (ブックレット新潟大学66)



トコトンやさしい触媒の本

触媒学会:編

触媒は化学工業や環境の分野においてなくてはならない物質。触媒がないと今の私たちの暮らしが維持できないほど重要なのだ。しかし、普通に生活をしていては触媒に触れる機会はない。そんな触媒の機能・役割や実例が簡単にまとめられている。触媒のことを少しでも理解してもらえればと思う。 (日刊工業新聞社)



機械系

アクチュエータ工学入門

鈴森康一

モータは、電気のエネルギーで回転という運動をする。アクチュエータとは、このように何らかのエネルギーを「実際の動き」に変える機械要素のことだ。機械を動かすものはモータだけではなく、様々な原理のアクチュエータが存在することがわかる。アクチュエータ研究の重要性もわかる。 (ブルーバックス)



材料系

天野先生の「青色LEDの世界」 光る原理から最先端応用技術まで

天野浩、福田大展

ノーベル賞受賞の青色発光ダイオードの発明に至った長い研究の過程がわかる。高校生でもわかるように説明され、成功に至るまで様々な制約のもと試行錯誤を繰り返したことが述べられており、特別な能力を持ってなくても強い意志を持って果敢に目標に挑戦すれば素晴らしい成果を得られることがあることを訴えかけてくれる。学問的には、半導体の基板の表面、基板―薄膜界面、薄膜という3点で、新しい薄膜制御技術の開発についてくわしく述べている。これからの科学技術の発展のために工学の世界に飛び込もうとしている若い方におススメ。 (ブルーバックス)



材料系

トコトンやさしいプラスチック材料の本

髙野菊雄

プラスチック材料について、用途や特性がわかる入門書。プラスチックの定義から始まり、様々な種類のプラスチック、生活の場面で使われているプラスチック、環境に与える影響などまで紹介。 (日刊工業新聞社)



機械系

NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ

植松努

北海道の片田舎の小さな町工場がNASAに注目された!その理由とは? 夢を持ち、どのような環境においても諦めない心、情熱。そして、ものづくりについて興味を持ち、楽しく勉学に取り組むことの大切さを、著者は伝える。 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)



化学系

化学

長年にわたり化学を扱っている出版社「化学同人」が出している月刊誌。専門的な内容も含まれているが、基礎から最先端までの記事が集められている。研究者のインタビューや、発見・発明物語、研究秘話、企業の製品開発など豊富な記事で毎月新しい発見を提供してくれる。 (化学同人)



摩擦の話

曾田範宗

ダビンチなどの歴史的な研究から始まり、身近な摩擦に関する現象を取り上げ、力学的な視点も含めてわかりやすく解説している。前半は、繊維やオモチャ、スポーツなどと摩擦の関わりを紹介。後半では、機械の設計や機械で使われている部品と摩擦の関わりについて解説する。古い本ではあるが、摩擦を理解するためには、物理、化学、数学、あるいは生物など、いろいろな教科の勉強が必要になることがわかるだろう。 (岩波新書)



材料系

構造、状態、磁性、資源からわかる 金属の科学

徳田昌則:総監修

金属の基礎はもちろんのこと、金属の変形と組織制御、構造材料と強度材料、エレクトロニクス材料、金属表面化学、いろいろな金属元素、身近な金属、金属の社会学などについて解説している。著者は各分野の専門家であり、分かりやすい文章と豊富なイラスト・図解で紹介している。 (岡本篤樹、片桐望、津田哲明:著/ナツメ社)


他のジャンルの本もみてみよう

法律・政治・国際 経済、社会 経営・ビジネス
哲学・思想 文学・芸術、歴史・地理
バイオ・医療、健康 食・農、生活 教育・心理
環境・エネルギー、建築・土木 数学・物理、地球・宇宙
テクノロジー・情報
みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ