ケーキの切れない非行少年たち

宮口幸治

少年院などでの臨床経験のある精神科医の筆者が、「非行少年」とはどのような特徴のある子どもたちなのか、彼らが立ち直るためにはどのような働きかけが必要なのかを説明しています。この本では、非行少年には、障害のある子なども含まれていることが説明されています。社会的な側面から非行少年がどのように生み出されているのかを考える上では、大変参考になります。少年非行や、障害児教育、福祉に関心のある高校生におすすめです。 (新潮新書)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ