教育・心理系

シーラという子 虐待されたある少女の物語

トリイ・L.ヘイデン

障害を抱える子どもの学級担任をしていたトリイ先生の学級に、虐待を受けたシーラという子どもが転入してきます。そこで、トリイ先生が試行錯誤しながら、シーラとの間に関係を築いていく過程を描いた内容です。虐待を経験した子どもが生きる世界、彼らとともに生きることの難しさや、やりがいなどに触れてもらえると思います。 (訳:入江真佐子/早川書房)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ