文学・芸術

日本人の英語

マーク・ピーターセン

英語ネイティブ・スピーカーの立場から、日本人が話したり書いたりする英語の特徴について考察した本です。外国語の学習者は、とかく文法を規則として理解しようとしますが、実際の言葉の背後にはそれぞれの言語なりの「捉え方」があり、それを習得するのが必要だということがよくわかります。このことは、「認知言語学」という研究分野でも非常に重視されていることです。 (岩波新書)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ