政治学・国際関係

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド

冷戦が終わってから30年、21世紀に入ってから20年、リーマン・ショックから10年、国際政治は大きく変容しました。今や世界全体のGDP総和を75億の人口で割れば、一人あたりの所得は1万ドルを超えていて、先進国対途上国の構図は、色あせてしまいました。しかし、「貧困」はなくなってしまったのでしょうか。この本には、我々の常識を覆す数字と議論が散りばめられています。 (訳:上杉周作、関美和/日経BP)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ