食・農学系

フィールドの生物学 アリの巣をめぐる冒険 未踏の調査地は足下に

丸山宗利

アリが仲間と暮らすことは知っていても、アリと共生する昆虫がいるって驚きだ。この本は、東海大学出版会がシリーズで出す「フィールドの生物学」の一冊。昆虫関係ではほかにも、「虫をとおして森をみる 熱帯雨林の昆虫の多様性」などがある。同シリーズは、若手研究者が、さまざまな生き物とどういうきっかけで巡り合い、どのような調査をして研究を進展させたか、わかりやすく記述されており、自然界の生き物に興味がある高校生や、将来世界を股にかけて活躍したい高校生に読んでもらいたい。昆虫以外にも、哺乳類や魚などの研究者も執筆しているが、生物学に関する内容としては材料が違うだけで、取り組んでいることに本質的な共通点も多い。 (東海大学出版会)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ