環境材料・リサイクル

再生可能の木材から省エネ材料を取り出すバイオマス技術など、地球環境にやさしい材料を開発 一方、環境学への応用化学としてリサイクル技術を開発し、廃棄物・ごみを回収し循環、再利用

廃棄物再資源化   バイオマスエネルギー   リサイクルしやすい設計   バイオプラスチック(植物から作られる樹脂)   物質の分離精製・高純度化技術の開発

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 機械知能・航空工学科 エネルギー環境コース
【 主な研究者 】
佐藤一永
工学部 化学・バイオ工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
吉岡敏明

大阪大学

工学部 環境・エネルギー工学科 環境・エネルギー工学科目
【 主な研究者 】
池道彦

筑波大学

生命環境学群 生物資源学類 環境工学コース
【 主な研究者 】
張振亜

群馬大学

理工学部 化学・生物化学科
【 主な研究者 】
網井秀樹

徳島大学

生物資源産業学部 生物資源産業学科 応用生命コース
【 主な研究者 】
中村嘉利

宮崎大学

工学部 環境応用化学科
【 主な研究者 】
馬場由成

北海道大学

工学部 応用理工系学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
松本謙一郎

山形大学

理学部 理学科 化学コース
【 主な研究者 】
大谷典正

横浜国立大学

理工学部 化学・生命系学科 化学応用教育プログラム
【 主な研究者 】
松宮正彦

信州大学

工学部 水環境・土木工学科
【 主な研究者 】
清野竜太郎

岡山大学

環境理工学部 環境物質工学科
【 主な研究者 】
木村邦生

九州大学

工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
伊藤正人 永長久寛

鹿児島大学

工学部 環境化学プロセス工学科
【 主な研究者 】
中里勉

関西大学

環境都市工学部 エネルギー・環境工学科
【 主な研究者 】
村山憲弘 中川清晴

主な研究者

研究者詳細

中川清晴

関西大学
環境都市工学部 エネルギー・環境工学科/理工学研究科 環境都市工学専攻

興味がわいたら

ナノ材料のリスク評価のおはなし

篠原直秀

私たちの社会や生活を豊かにしてくれるナノ材料。ナノ材料は、たとえ同じ組成の物質であっても、大きさ、形状、帯電状態などの多様性を有しており、それらが応用される状況も様々だ。一方、ナノ材料が環境や健康に対して負の影響を及ぼすことが懸念されており、ナノ材料の潜在的なリスクを正しく評価・予測することができて初めて、その優れた機能や特性を私たちが安心して活用することができる。本書では、ナノ材料の基礎的な情報から有害性についての研究紹介、リスク管理、今後の課題などについて述べている。ナノリスクに関する国際的な取り組みも紹介されている。 (日本規格協会)


カーボン 古くて新しい材料

稲垣道夫

炭素材料を、「身近なもの」「工業的に使用されているもの」「可能性を秘めているもの」「炭素材料の多様性」と分類して紹介。水環境浄化材料に使われている炭素材料の合成法や歴史について解説されている。解説には図表を多用しわかりやすい表現で書かれているため、専門以外の方にも読める。 (森北出版)


トコトンやさしい再生可能エネルギーの本

石原顕光:著

人間が作り出してきた物質文明は、私たちの生活を豊かにしてきた半面、それを支えてきた化石資源は限りあるものだ。この本は、化石資源の替わりとなる再生可能エネルギーに光をあて、多くの絵を使用しながら、わかりやすく説明している。 (太田健一郎:監/日刊工業新聞社)


アポロ13

事故により月面着陸を果たせなかった宇宙船「アポロ13号」の実話を描いた、トム・ハンクス主演映画。司令船の炭酸ガス除去装置が壊れたとき、人間は生きていく上で周りの環境を汚してしまうが、汚れた環境では人間は生きていけないということを実感するだろう。 (ロン・ハワード:監督 トム・ハンクス:主演)