感性情報学

うれしさ、楽しさ、さびしさといった人の持つ論理で割り切れない感性的な心の部分を定量的に把握、理解し、感性を理解する、あるいは感性に訴えるシステムや機械を開発

感性とは何かの哲学   感性に関する心理学   脳や生体活動の変化の解明   人間工学の一つとしての感性工学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

電気通信大学

情報理工学域 Ⅱ類(融合系) 計測・制御システムプログラム
【 主な研究者 】
阪口豊

宇都宮大学

工学部 情報工学科
【 主な研究者 】
石川智治 東海林健二
工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
森大毅

早稲田大学

人間科学部 健康福祉科学科
【 主な研究者 】
永島計
人間科学部 人間情報科学科
【 主な研究者 】
三嶋博之

東京工業大学

工学院 情報通信系
【 主な研究者 】
中本高道

長岡技術科学大学

工学部 電気電子情報工学課程 情報通信制御システム工学コース
【 主な研究者 】
中川匡弘
工学部 情報・経営システム工学課程
【 主な研究者 】
野村収作

広島大学

工学部 第二類(電気電子・システム情報系) 電気システム情報プログラム
【 主な研究者 】
辻敏夫

信州大学

繊維学部 先進繊維・感性工学科 感性工学コース
【 主な研究者 】
上條正義 吉田宏昭
繊維学部 先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース
【 主な研究者 】
金井博幸

東北大学

文学部 人文社会学科 心理学専修
【 主な研究者 】
行場次朗
工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
坂本修一

山口大学

工学部 知能情報工学科
【 主な研究者 】
佐伯徹郎

金沢工業大学

バイオ・化学部 応用バイオ学科
【 主な研究者 】
河原哲夫
情報フロンティア学部 メディア情報学科
【 主な研究者 】
松下裕

その他の優れた大学

大学詳細

京都工芸繊維大学

工芸科学部 応用化学課程

【布の触感評価】

芝浦工業大学

工学部 情報工学科

【かわいいの系統的研究】 ポジティブ系感性である「かわいい」について研究を行っている。

中央大学

理工学部 精密機械工学科

【サウンドデザイン】

主な研究者

研究者詳細

金井博幸

信州大学
繊維学部 先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース/総合理工学研究科 繊維学専攻
【感性計測、感性評価、感覚計測工学】 消費者が生産者のこだわりに共感する「感性価値」の評価・計測を行う。

吉田宏昭

信州大学
繊維学部 先進繊維・感性工学科 感性工学コース/総合理工学研究科 繊維学専攻
【感性工学】 人間のあいまいな「感性」を工学する研究。座り心地のよい椅子の設計などユーザーに感動を与えるようなモノを作る。

加藤俊一

中央大学
理工学部 経営システム工学科/理工学研究科 経営システム工学専攻
【感性工学、ヒューマンメディア工学、知能情報学、人工知能、パターン認識・理解、ソフトコンピューティング】 文化、年齢、価値観の違う人同士の感性情報処理と、ICTを結びつける研究を行う。

石川智治

宇都宮大学
工学部 情報工学科/工学研究科 情報システム科学専攻
人間と環境で構築される「場」に注目し、その基盤となる人間の認知・感性情報処理過程の解明と、それらを考慮した情報伝達・提供が可能なモノ作りを行っている。

上條正義

信州大学
繊維学部 先進繊維・感性工学科 感性工学コース/総合理工学研究科 繊維学専攻
【接触快適感など】 心地よさを客観的に伝える感性計測技術を開発する。

高寺政行

信州大学
繊維学部 先進繊維・感性工学科 感性工学コース/総合理工学研究科 繊維学専攻/国際ファイバー工学研究所
【着衣快適性など】 繊維から衣服までコンピュータ上で設計・シミュレーション感性工学を研究し、ファション工学を提唱している。

三井実

ものつくり大学
技能工芸学部 総合機械学科/ものつくり学研究科 ものつくり学専攻
音響録音再生装置、生体反応測定、映像再生に関する研究をしている。

荻野晃大

京都産業大学
情報理工学部 情報理工学科/先端情報学研究科 先端情報学専攻
気分に適する旅行プランの提案や、気分を変化させる楽曲リストの考案などのシステムを研究している。

興味がわいたら

「買いたい!」のスイッチを押す方法

小阪裕司

題名の通り、消費者の心と行動を読み解き、「いかに買いたい」を創り出すか解説。人には、「買いたいか・買いたくないか」という第1のハードルと、「買えるか・買えないか」という第2のハードルがあるのだそうだ。第1のハードルは情動であり、ここをいかに刺激するかで購買行動が変化するという。この情動に刺激を与えるのがまさに感性情報であり、この感性情報が購買行動を変えるということになる。マーケティングという観点から「感性」を見つめるよき著書なので、ぜひ読んでみてほしい。 (角川新書)


ライト、ついてますか

D.C.ゴース、G.M.ワインバーグ

例えば椅子を作りたいと思っても、誰を対象にするのか、利用者が何を求めているかわからないと、利用者に適した椅子を作ることはできない。この本は最初に「何が問題か?」と我々に問う。何事も研究を行う際には、誰の、何が問題で何を解決すればよいのか、しっかりと見極める必要がある。研究者にとっても認識を変える本となるだろう。 (木村泉:訳/共立出版)


最新テキスタイル工学Ⅰ 繊維製品の心地を数値化するためには

西松豊典

繊維製品の心地を見える化する技術として、官能検査(心の反応の見える化)、生理計測(身体の反応の見える化)、物理計測(製品の特徴の見える化)について紹介。信州大学繊維学部発の繊維工学の本だが、感性情報学を実践するための例として参考となる研究である。 (金井博幸:分担執筆/繊維社)


売れる商品は感性工学がある。

椎塚久雄

世の中の商品やサービスの開発には、感性工学が活用されている! その感性工学とはどのような学問か、身近な例から紹介。感性工学を知る上では学生の入り口として適した本である。著者は、日本感性工学会の会長。 (KKベストセラーズ)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ