気象・海洋物理・陸水学

様々な理学を通して地球の気候変動に与える影響を解き明かす~「気象学」は日々の天気を予報、「海洋物理学」は海流、水温変動のしくみを、「陸水学」は湖・河川・地下水の変動のしくみを調査

エルニーニョ現象   地球温暖化   海水面の上昇   爆弾低気圧   異常気象

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

天気予報
世界中の観測情報を、もっと活かせる新しい天気予報技術

小槻峻司 先生
千葉大学 工学部 総合工学科 情報工学コース/融合理工学府 地球環境科学専攻/環境リモートセンシング研究センター

記事を読もう

世界中で大気中に浮遊する微粒子(エアロゾル)を観測~地球環境変動の解明に取り組む

青木一真 先生
富山大学 理学部 生物圏環境科学科/理工学教育部 地球科学専攻

記事を読もう

黒潮の変動メカニズム研究~漁場、水産資源の変動を予測する

中村啓彦 先生
鹿児島大学 水産学部 水産学科 水圏科学分野/農林水産学研究科 環境フィールド科学専攻

記事を読もう

風や気温・大気中の水分を観測し、数値計算によって天気現象を明らかにする

田中健路 先生
広島工業大学 環境学部 地球環境学科

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

Florida State University/フロリダ州立大学(米)

Center for Ocean-Atmospheric Prediction Studies (COAPS)

【気象学、海洋物理学】 大気と海洋の相互作用の研究を主に行っている。衛星海上風の研究の中心でもある。

University of Hawaii/ハワイ大学(米)

School of Ocean and Earth Science and Technology

【気候学、海洋学】 熱帯海洋気象、全球気候システムに関する研究において卓越した研究成果を輩出。

University of Oklahoma/オクラホマ大学(米)

School of Meteorology

【気象学】 竜巻などの気象災害予測のための観測・数値シミュレーションモデルの開発などに取り組んでいる。

Universität Bayreuth/バイロイト大学(独)

生態・環境学研究センター

【環境学】 地表面と大気とのエネルギーや温室効果ガスの交換過程に関する観測研究で世界をリードしている。

学問をもっと深く知るために

[気象学・気候学]
スーパーコンピュータを使った熱帯巨大雲塊の予測 ~地球規模の気候・環境変動予測モデル

木本昌秀 先生
東京大学 大気海洋研究所

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ