光工学・光量子科学

“光”を発生、観測、伝達させる3つのテクノロジーで光をあやつり、DNAを観察できる光学顕微鏡、光通信、LED、300万年に1秒と狂わない光時計開発に挑む工学系技術

液晶   LED   半導体レーザー   量子エレクトロニクス

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
種村拓夫 小関泰之
工学部 物理工学科
【 主な研究者 】
宇佐見康二
理学部 物理学科
【 主な研究者 】
安東正樹

大阪大学

工学部 応用自然科学科 応用物理学科目
【 主な研究者 】
藤田克昌 李艶君 井上康志 小倉裕介
工学部 電子情報工学科 電気電子工学科目 電気工学コース
【 主な研究者 】
吉村政志

東北大学

工学部 機械知能・航空工学科 ファインメカニクスコース
【 主な研究者 】
羽根一博
工学部 材料科学総合学科 知能デバイス材料学コース
【 主な研究者 】
佐藤俊一

千葉大学

工学部 総合工学科 物質科学コース
【 主な研究者 】
宮本克彦 尾松孝茂
工学部 総合工学科 電気電子工学コース
【 主な研究者 】
森田健

電気通信大学

情報理工学域 Ⅲ類(理工系) 光工学プログラム
【 主な研究者 】
渡邉恵理子 白川晃 米田仁紀 美濃島薫

京都大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
野田進

静岡大学

工学部 電子物質科学科 電子物理デバイスコース
【 主な研究者 】
中島伸治 伊藤哲 猪川洋
工学部 機械工学科 光電・精密コース
【 主な研究者 】
川田善正
工学部 化学バイオ工学科 バイオ応用工学コース
【 主な研究者 】
杉田篤史

横浜国立大学

理工学部 数物・電子情報系学科 電子情報システム教育プログラム
【 主な研究者 】
馬場俊彦 荒川太郎
理工学部 数物・電子情報系学科 物理工学教育プログラム
【 主な研究者 】
武田淳

その他の優れた大学

大学詳細

宇都宮大学

工学部 基盤工学科 情報電子オプティクスコース

【光工学】 光技術に特化して、体系的な教育をしている数少ない大学の1つ。

広島大学

工学部 第二類(電気電子・システム情報系) 電子システムプログラム

【集積回路工学】 藤島 実 教授,天川 修平 准教授

徳島大学

理工学部 理工学科 情報光システムコース

【光機能材料、光機能システム】 材料からデバイス、システムまで光工学の広い分野を網羅的に学習できる。

慶應義塾大学

理工学部 電子工学科

【フォトニクス】 田邉孝純研究室は、微小エネルギーで動作する光スイッチや光メモリを開発。


海外で学ぶなら

大学詳細

California Institute of Technology/カリフォルニア工科大学(米)

エンジニアリング・応用科学科

【応用物理学、材料科学】 工学部のみの単科大学で規模は小さいのですが、ファインマン先生を始め、多くのノーベル賞受賞者を輩出している。光工学はもちろんのこと、理工系全般で世界をリードしている。

Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学(米)

電子工学研究所

【光学、量子光学】 間違いなく、世界の光技術のトレンドをリードしている。特に、基礎レベルの光技術を光通信やバイオ計測と実用化へ展開する点がすごい。

主な研究者

研究者詳細
杉田篤史
静岡大学
工学部 化学バイオ工学科 バイオ応用工学コース/総合科学技術研究科 工学専攻

【レーザー分光学、光物性、分子分光学、フェムト秒レーザー】金属微粒子を集めた微細表面に光エネルギーを当て、当てた光と異なる色の光に転換される非線形光学効果の実現に成功。

山本裕紹
宇都宮大学
工学部 基盤工学科 情報電子オプティクスコース/工学研究科 システム創成工学専攻

【3次元ディスプレイ】眼鏡なしで見ることのできる斬新な3Dディスプレイの開発をしている。

美濃島薫
電気通信大学
情報理工学域 Ⅲ類(理工系) 光工学プログラム/情報理工学研究科 基盤理工学専攻

【光計測】光を使って、長さ、時間等を精密に計測する研究をしている。“光の櫛”と呼ばれる、これまで不可能だった光周波数の直接測定ができる技術をもとに、新しい計測技術を開発している。

白川晃
電気通信大学
情報理工学域 Ⅲ類(理工系) 光工学プログラム/情報理工学研究科 基盤理工学専攻

【レーザー開発】光ファイバーを利用したファイバーレーザー、セラミックを使ったセラミックレーザーといった新しいレーザー技術を開発している。

古澤明
東京大学
工学部 物理工学科/工学系研究科 物理工学専攻

【量子光学】2つの粒子のうち一方の状態を観測すると瞬時にもう一方の状態が確定的に判明するという、量子力学の世界で知られる「量子テレポーテーション」を利用し、今のスーパーコンピュータをはるかに超えた究極の量子コンピューターの開発に挑んでいる。世界を代表する量子光科学の研究者。

田中耕一郎
京都大学
理学部 理学科 物理科学系/理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻

【テラヘルツ波】テラヘルツ波という新しい領域の電磁場を高強度で出す技術では世界トップクラス。

高原淳一
大阪大学
工学部 応用自然科学科 応用物理学科目/工学研究科 物理学系専攻

【ナノエレクトロニクス】微小な金属を使ったユニークな光技術の研究をする。

安達千波矢
九州大学
工学部 物質科学工学科 応用化学コース/工学府 物質創造工学専攻/未来化学創造センター

【有機光エレクトロニクス】実用レベルの高性能な有機物を使った発光材料(光を出す物質)を開発している。

野田進
京都大学
工学部 電気電子工学科/工学研究科 電子工学専攻

【光制御】フォトニック結晶技術により、既存の光素子の大幅な小型化と高性能化に挑戦している。

小池康博
慶應義塾大学
理工学部 物理情報工学科/理工学研究科 総合デザイン工学専攻

【プラスチック光ファイバー】実用レベルのプラスチックファイバー技術で世界をリード。

興味がわいたら

イラストレイテッド 光の科学

田所利康、石川謙

波としての光の性質に始まり、ガラスの中で光は何をしているのか光の屈折・散乱現象を述べ、「なぜヒマワリは黄色く見えるのか」という章では色の起源とスペクトルについて解説する。美しいカラー写真やわかりやすい図柄をふんだんに使った「光の絵本」という感じ。光物性の理解がビジュアルによってより進む。 (大津元一:監修/朝倉書店)


光と物質のふしぎな理論 私の量子電磁力学

リチャード・P.ファインマン

高校の物理の教科書には光は“波”であると書かれているが、量子論という考え方に基づくと光は“粒子”としての性質も持ち合わせていて、これを光子と呼ぶ。この本は、光子という概念の理解に難解な数式を一切使うことなく、理解させてくれる。著者のファインマンは、世界中の物理学を志す大学生によって読み継がれており、朝永振一郎博士とともにノーベル賞を受賞している。ファインマン先生の独特の語り口調を味わうだけでもこの本を読む価値は大きい。またあらゆる光のテクノロジーを扱う「光工学・光量子科学」の研究分野がよくわかるようになる。 (釜江常好、大貫昌子:訳/岩波現代文庫)


光化学の驚異 日本がリードする「次世代技術」の最前線

光化学協会:編

光を使って何ができるのだろう、ということに関心のある人におススメの本。光で分子をあやつる方法、光触媒による環境浄化、光で動く「分子モーター」、加工に使うレーザー光など、光化学の研究成果を解説する。光工学の実現には、多くの場合優れた材料は必須。光と化学の接点という観点からも興味深い本だ。 (ブルーバックス)


ロウソクの科学

ファラデー

ろうそくが燃えるという現象は、身近な現象だが、様々な物理・化学のエッセンスが濃縮されている。著者のマイケル・ファラデーは、18世紀末の化学者・物理学者。電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。本書はファラデーの講演記録。 (三石巌:訳/角川文庫)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ