電子デバイス・電子機器

コンピュータハードウェアの基本=ICチップを限界まで小型・集積化した電子デバイスを作り、これに制御された電子機器製品を開発~これぞ電気電子工学の基盤

集積回路(IC)   論理回路   バイオデバイス   ディスプレイ

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
藤掛英夫 末松憲治 末光哲也 羽生貴弘 須川成利
工学部 機械知能・航空工学科 機械・医工学コース
【 主な研究者 】
田中徹 福島誉史
工学部 機械知能・航空工学科 ファインメカニクスコース
【 主な研究者 】
鈴木研
工学部 機械知能・航空工学科 量子サイエンスコース
【 主な研究者 】
井上耕治

東京大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
竹中充 染谷隆夫 八井崇 種村拓夫 三田吉郎
工学部 電子情報工学科
【 主な研究者 】
池田誠

東京工業大学

工学院 電気電子系
【 主な研究者 】
小山二三夫 菅原聡 浅田雅洋 宮本恭幸 若林整
工学院 機械系
【 主な研究者 】
山本貴富喜

静岡大学

工学部 電気電子工学科 エネルギー・電子制御コース
【 主な研究者 】
川人祥二 香川景一郎
工学部 電気電子工学科 情報エレクトロニクスコース
【 主な研究者 】
渡邊実
工学部 電子物質科学科 電子物理デバイスコース
【 主な研究者 】
根尾陽一郎 三村秀典
工学部 機械工学科 光電・精密コース
【 主な研究者 】
李洪譜

大阪大学

工学部 電子情報工学科 電気電子工学科目 電子工学コース
【 主な研究者 】
斗内政吉 松岡俊匡 村上博成
工学部 電子情報工学科 情報通信工学科目 情報システム工学コース
【 主な研究者 】
安藤英由樹
工学部 電子情報工学科 情報通信工学科目 通信工学コース
【 主な研究者 】
五十嵐浩司
工学部 応用自然科学科 物理工学科目
【 主な研究者 】
桑原裕司
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 生産科学コース
【 主な研究者 】
藤本公三
基礎工学部 電子物理科学科 エレクトロニクスコース
【 主な研究者 】
冨士田誠之 永妻忠夫

九州大学

工学部 電気情報工学科
【 主な研究者 】
加藤和利 都甲潔 金谷晴一 松山公秀 林健司
理学部 物理学科 物理学コース
【 主な研究者 】
木村崇

豊橋技術科学大学

工学部 電気・電子情報工学課程 集積電子システムコース
【 主な研究者 】
澤田和明 河野剛士
工学部 応用化学・生命工学課程 生命工学コース
【 主な研究者 】
手老龍吾

広島大学

工学部 第二類(電気電子・システム情報系) 電子システムプログラム
【 主な研究者 】
吉川公麿 中島安理 黒木伸一郎 小出哲士 横山新

福井大学

工学部 電気電子情報工学科
【 主な研究者 】
葛原正明
工学部 応用物理学科
【 主な研究者 】
立松芳典

その他の優れた大学

大学詳細

横浜国立大学

理工学部 数物・電子情報系学科 電子情報システム教育プログラム

【超伝導ディジタルエレクトロニクス】 単一磁束量子回路を用いた高速集積回路の研究は、世界的に高く評価されており、超電導ディジタル回路研究の第一人者である。

名古屋大学

工学部 電気電子情報工学科

【高速超電導デバイスの開発】 超電導デバイスを用いた、高速・低消費電力のコンピュータを作製するための基礎研究を行っている。

金沢工業大学

工学部 電気電子工学科 /先端電子技術応用研究所

【超伝導エレクトロニクス】 先端電子技術応用研究所では、超伝導SQUIDセンサーを用いて、生体磁気計測を行う研究を行っている。

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 物質創成科学領域

笹川清隆先生は視力を失った人のために、生体にイメージセンサを埋め込む研究を行っている。


海外で学ぶなら

大学詳細

南京大学(中)

电子科学与工程学院

【超伝導エレクトロニクス】 超伝導のマイクロ波~ミリ波~テラヘルツ波のセンシングデバイスの研究を広く行っている、中国の最大の研究拠点。

建国大学(韓)

理学部

【超伝導マイクロ波特性評価】 韓国で、超伝導マイクロ波の基礎研究をしている唯一の大学。

主な研究者

研究者詳細
齊藤敦
山形大学
工学部 情報・エレクトロニクス学科 電気・電子通信コース/理工学研究科 電気電子工学専攻

【超伝導マイクロ波デバイスの研究】超伝導フィルタや超伝導テラヘルツ波検出器(MKIDs)を実際に試作し、超電導デバイスの実用化を目指している。

關谷尚人
山梨大学
工学部 電気電子工学科/医工農学総合教育部 工学専攻

【超電導マイクロ波デバイスの研究】フィルタやアンテナなどいろいろな超伝導デバイスを設計、試作し、超伝導デバイスの真の実用化を目指している。

上原弦
金沢工業大学
工学研究科 高信頼ものづくり専攻/先端電子技術応用研究所

【超電導エレクトロニクス】超伝導における磁束の量子化を利用した超高感度な磁気センサで、非常に微弱な磁界を検出することができるSQUIDシステムを実際に試作し、生体磁気計測の応用に活用しようとしている。

興味がわいたら

高校数学でわかるマクスウェル方程式 電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ

竹内淳

電磁気学について、高校の物理の教科書よりもかみ砕いて、一歩踏み込んだ内容が書かれている。高校物理の電磁気の分野について復習しつつ、マクスウェルの方程式について進んでいくが、公式を暗記してきただけの人にこそ読んでほしい。意味から教える詳細でわかりやすい解説となっている。 (ブルーバックス)


みんなに知ってほしい 超伝導のスゴイ話

井口家成

超伝導は何がすごいのか。リニア新幹線、医療用MRI、素粒子発見のための超大型加速器といった工学、医療、物理など、超伝導は様々な分野で活用されている。本書は、超電導がどのようなところで応用されているかを、その面白さとともに、高校生にもわかるように解説している。 (彩図社)


ここまで進んだ超電導応用技術

超電導の技術や応用を、初学者にもわかりやすいように、約25分の映像教材にまとめた。パワー応用分野とエレクトロニクス分野において、多くの企業や大学、研究機関から映像の提供を受け制作している。低温工学・超電導学会のHP(http://www.csj.or.jp/caj/2009/DVD.html)から購入できる。 (低温工学・超電導学会 大嶋重利:監 )


持ちつ持たれつ 生き物とエレクトロニクス

生き物と科学技術の会:編

近畿大学生物理工学部の先生たちが、電波、時計、半導体、液晶、粒子、ユビキタス、アパタイトなどの分野について、やさしく解説。各章読みきりで、小学校高学年から大学生まで幅広い人が楽しめる。『持ちつ持たれつ 生き物とコンピュータ』の姉妹図書。 (電気書院)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ