薄膜・表面界面物性

物質を極限まで薄くするとその表面はまったく新しい特性が生まれる!~薄膜、表面、表面と表面が接する“界面”の微細構造の驚異に挑み、理工学系の制御技術を究める

絶縁体薄膜   薄膜エレクトロニクス   原子間力顕微鏡   走査トンネル顕微鏡

のぞいてみよう!この学問

こんな研究をして世界を変えよう

ナノ顕微技術
放射光に恋に落ち、二次元系物質を調べる装置を開発

永村直佳 先生
国立研究開発法人 物質・材料研究機構、東京理科大学 基礎工学部 材料工学科(基礎工学研究科 材料工学専攻)

層状物質
厚みは原子1つ分でも、驚くべき性質
世界が注目する「層状物質」にスパコンで迫る

南谷英美 先生
分子科学研究所 総合研究大学院大学 物理科学研究科 機能分子科学専攻

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

工学部 物理工学科
【 主な研究者 】
長谷川幸雄 福谷克之
理学部 物理学科
【 主な研究者 】
長谷川修司
理学部 化学科
【 主な研究者 】
岡林潤

大阪大学

工学部 応用自然科学科 応用物理学科目
【 主な研究者 】
李艶君 高井義造 須藤孝一 菅原康弘
工学部 応用自然科学科 物理工学科目
【 主な研究者 】
渡部平司 齋藤彰
工学部 電子情報工学科 電気電子工学科目 電子工学コース
【 主な研究者 】
久保理 西竜治
理学部 化学科 化学専攻Aコース
【 主な研究者 】
松本卓也
基礎工学部 電子物理科学科 エレクトロニクスコース
【 主な研究者 】
酒井朗

東北大学

工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
白井正文 長康雄
理学部 物理学科
【 主な研究者 】
野島勉

京都大学

工学部 物理工学科 機械システム学コース
【 主な研究者 】
木村健二
工学部 物理工学科 材料科学コース
【 主な研究者 】
黒川修
工学部 物理工学科 原子核工学コース
【 主な研究者 】
松尾二郎
工学部 工業化学科 化学プロセス工学コース
【 主な研究者 】
佐野紀彰
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
作花哲夫
工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
山田啓文

名古屋大学

工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
鈴木秀士
工学部 電気電子情報工学科
【 主な研究者 】
近藤博基
工学部 エネルギー理工学科
【 主な研究者 】
柚原淳司

筑波大学

理工学群 応用理工学類 応用物理主専攻
【 主な研究者 】
小林伸彦 佐々木正洋 牧村哲也
理工学群 応用理工学類 電子・量子工学主専攻
【 主な研究者 】
藤ノ木享英(梅田享英) 重川秀実 武内修

金沢大学

理工学域 数物科学類 物理学コース
【 主な研究者 】
新井豊子
理工学域 フロンティア工学類
【 主な研究者 】
福間剛士
理工学域 電子情報通信学類 電気電子コース
【 主な研究者 】
徳田規夫

その他の優れた大学

大学詳細

北見工業大学

工学部 地球環境工学科 エネルギー総合工学コース

【3次元集積回路及びLSIの配線関連材料】 武山眞弓先生がLSIの配線材料に関する研究に果敢に取り組んでいる。

北海道大学

工学部 情報エレクトロニクス学科 電気電子工学コース

【量子エレクトロニクス】 ナノエレクトロニクス分野におけるデバイス応用志向の結晶成長。

活躍する研究者

安井寛治 先生
長岡技術科学大学
工学部 電気電子情報工学課程 電子デバイス・フォトニクス工学コース/工学研究科 電気電子情報工学専攻

【化学気相堆積技術】化学気相堆積技術という薄膜形成技術を研究。金属や酸化物などの材料を蒸発させてガスの状態で反応槽に供給して作る新しい薄膜平成法で、様々な電子デバイス用の半導体、誘電体、導電体薄膜を作製することを目指す。

新井豊子 先生
金沢大学
理工学域 数物科学類 物理学コース/自然科学研究科 数物科学専攻

【非接触原子間力顕微鏡】半導体表面の原子間で働く相互作用を調べる手段として、非接触原子間力顕微鏡を開発。針で表面をなぞるようにして、固体表面の原子1つ1つを調べたり、さらには原子を動かして、新しい構造を造ったりすることができる。

徳田規夫 先生
金沢大学
理工学域 電子情報通信学類 電気電子コース/自然科学研究科 電子情報科学専攻

【半導体としてのダイヤモンド】半導体としての性質を持った“ダイヤモンド”を開発。ダイヤモンド半導体を用いたパワーデバイスが実現すると、エネルギー問題や地球温暖化問題の解決に貢献できると期待される。

伊藤智徳 先生
三重大学
工学部 総合工学科 総合工学コース/工学研究科 物理工学専攻

【計算材料科学、ナノデザイン】独自の計算手法を駆使して、ナノ構造体の表面の特異な原子配列をデザインし、電子デバイス等を開発。その方法を用いて、遷移金属表面や超薄膜・多層膜構造体などのナノ構造体の、スピン構造予測へと展開する。

神谷利夫 先生
東京工業大学
物質理工学院 材料系/フロンティア材料研究所

【透明アモルファス酸化物半導体のデバイス応用】低温でも作製可能な透明アモルファス酸化物半導体の電子的機能を開拓し、高機能透明フレキシブルディスプレイへの実用化に向けて研究を進めている。

大友明 先生
東京工業大学
物質理工学院 応用化学系

【透明酸化物半導体界面の高品質化と量子化伝導に関する研究】ZnO やSrTiO3 などの金属酸化物材料を用いて、高品質の透明酸化物半導体薄膜や界面を作製。量子伝導現象を観測しており、界面、薄膜の研究領域で大きな貢献をしている。

寒川義裕 先生
九州大学
工学部 機械航空工学科 航空宇宙工学コース/工学府 航空宇宙工学専攻/応用力学研究所

【結晶成長理論と実験】次世代半導体の創製に向けて、理論・実験の両面から種々の結晶成長技術の開発を行う。得られた知見を基にデバイス品質の材料開発を推し進める。幅広い視野で研究し学生に対する教育も熱心。

高橋正光 先生
量子科学技術研究開発機構

【結晶評価】物質の結晶構造を調べるのに優れたX線放射光の中で、次世代光源を見据えた先端的X線利用技術の開発と物質研究への応用を進める。X線分析で緻密な研究に定評がある。

川崎雅司 先生
東京大学
工学部 物理工学科/工学系研究科 物理工学専攻/量子相エレクトロニクス研究センター

【酸化物ヘテロ接合の原子レベル制御と新物性・新機能の開拓】金属酸化物材料を用いて、極めて高品質の透明酸化物半導体薄膜や界面を作製し、量子伝導現象を観測。界面、薄膜の研究領域で大きな貢献をしている。

細野秀雄 先生
東京工業大学
元素戦略研究センター

【透明アモルファス酸化物半導体のデバイス応用】In, Ga, Znの酸化物IGZO材料の薄膜トランジスタへの応用により高精細のフラットパネルディスプレーの実用化をもたらした。

学問をもっと深く知るために

[応用物性、電子材料工学(燃料電池)]
発電効率がよく、クリーン。これからの発電を担う燃料電池ができるまで

樋口透 先生
東京理科大学 理学部第一部 応用物理学科

興味がわいたら

すごいぞ!身のまわりの表面科学 ツルツル、ピカピカ、ザラザラの不思議

日本表面科学会:編

温泉の鏡はなぜ曇らない?うるおいのある肌の秘密とは?脳の中の表面って何?サメ肌水着はなぜ速く泳げるのか?鏡、肌、サメ肌、脳の表面…、どれをとっても「表面」に違いない。身近な表面から最先端ナノテクノロジーの表面科学まで、様々な表面に関する疑問を解説する。表面化学について研究する大学や企業の研究者が所属する「日本表面科学会」が一般向けの啓蒙書として編集。 (ブルーバックス)


天野先生の「青色LEDの世界」 光る原理から最先端応用技術まで

天野浩、福田大展

ノーベル賞受賞の青色発光ダイオードの発明に至った長い研究の過程がわかる。高校生でもわかるように説明され、成功に至るまで様々な制約のもと試行錯誤を繰り返したことが述べられており、特別な能力を持ってなくても強い意志を持って果敢に目標に挑戦すれば素晴らしい成果を得られることがあることを訴えかけてくれる。学問的には、半導体の基板の表面、基板―薄膜界面、薄膜という3点で、新しい薄膜制御技術の開発についてくわしく述べている。これからの科学技術の発展のために工学の世界に飛び込もうとしている若い方におススメ。 (ブルーバックス)


透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術

細野秀雄、神谷利夫

普通は透明なものは電気を通さない。透明金属とは、透明なのに、鉄や銅のように電気を通す物質。絶縁体なのに、微小の世界では電気を通すという、普通はありえない半導体材料だ。携帯やパソコンのディスプレー、自然エネルギーを利用する太陽電池の重要な構成部品である透明導電膜について、基本の物理や性質、透明導電膜を使ったデバイスの構造と機能についてわかりやすくていねいに説明している。薄膜・表面界面物性の学問への理解も進む。 (サイエンス・アイ新書)


化学がつくる驚異の機能材料 カメレオン色素から超臨界流体まで

東京都立大学工業化学科分子応用科学研究会:編

分子応用科学、あるいは表面界面物性研究という観点から、世の中にある様々な物質の不思議について紹介している。特に2章の、界面活性剤(石けん)、様々な色を持つアルミ建材、触媒反応につながる固体表面での吸着現象等、固体表面の不思議についての解説が面白い。 (ブルーバックス)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ