電子・電気材料工学

シリコンなどの電気電子材料を用い電流を自在に制御する半導体を作り、さらに新しい性能や機能を持った光学材料、磁性体材料などを幅広く開発~半導体の材料工学

シリコン   結晶工学   磁気ヘッド   スピントロニクス   パワーデバイス

のぞいてみよう!この学問

こんな研究をして世界を変えよう

エネルギー材料
光や体温で動く情報端末やセンサに向け、低熱負荷で材料開発

都甲薫 先生
筑波大学 理工学群 応用理工学類 電子量子工学主専攻(数理物質科学研究科 電子・物理工学専攻)

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
遠藤恭 角田匡清 岡本聡 石山和志 鷲尾勝由
工学部 機械知能・航空工学科 機械・医工学コース
【 主な研究者 】
福島誉史

東京大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
大矢忍 高木信一 田畑仁 杉山正和
工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
長汐晃輔
工学部 精密工学科
【 主な研究者 】
森田剛

大阪大学

工学部 電子情報工学科 電気電子工学科目 電子工学コース
【 主な研究者 】
尾崎雅則 森伸也 斗内政吉
工学部 応用自然科学科 物理工学科目
【 主な研究者 】
渡部平司 志村考功
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 マテリアル科学コース
【 主な研究者 】
藤原康文
基礎工学部 電子物理科学科 エレクトロニクスコース
【 主な研究者 】
若家冨士男 冨士田誠之

東京工業大学

工学院 電気電子系
【 主な研究者 】
波多野睦子 間中孝彰 山田明
工学院 機械系
【 主な研究者 】
赤坂大樹

九州大学

工学部 電気情報工学科
【 主な研究者 】
佐道泰造 末廣純也 岩熊成卓 木須隆暢 都甲潔
工学部 材料工学科
【 主な研究者 】
加藤喜峰

名古屋大学

工学部 物理工学科
【 主な研究者 】
植田研二 浅野秀文
工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
宇治原徹
工学部 電気電子情報工学科
【 主な研究者 】
宮崎誠一

北海道大学

工学部 情報エレクトロニクス学科 電気電子工学コース
【 主な研究者 】
佐藤威友 有田正志 本久順一 原真二郎

早稲田大学

基幹理工学部 電子物理システム学科
【 主な研究者 】
川原田洋 渡邉孝信
先進理工学部 電気・情報生命工学科
【 主な研究者 】
大木義路

東京農工大学

工学部 化学物理工学科
【 主な研究者 】
鮫島俊之
工学部 知能情報システム工学科
【 主な研究者 】
白樫淳一

その他の優れた大学

大学詳細

山形大学

工学部 高分子・有機材料工学科

【有機エレクトロニクス】 有機デバイスだけで一つの専攻が作られたのは、他大学に例を見ない。スタッフも非常に充実している。

豊橋技術科学大学

工学部 電気・電子情報工学課程 材料エレクトロニクスコース

【燃料電池、金属‐空気電池】

京都大学

工学部 電気電子工学科

【パワーエレクトロニクス・半導体デバイス】 大電力を扱うパワーデバイス、電気を光に変える発光デバイス、光を自在に操るフォトニックデバイス、また、電子の持つスピン(磁気)を利用したスピントロニクスデバイスなど、様々な分野のデバイス研究で活躍する。

佐賀大学

理工学部 理工学科 電子デバイス工学コース

【光半導体分野】 新しい特徴を持つマルチバンドギャップ半導体や酸化物ワイドギャップ材料などを用いた光・半導体デバイス開発に取り組んでいる。先端的教育研究設備を使用して、実際のデバイス開発を自分の手で進めることが可能である。

豊田工業大学

工学部 先端工学基礎学科

【太陽電池開発】 半導体太陽電池開発の中心地であり、研究レベルのパネル製造ラインを有する。

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 物質創成科学領域

【電子・光材料】 有機・無機を問わず、電子・光材料について、充実した教育研究が行われている。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California, Berkeley/カリフォルニア大学バークレー校(米)

Department of Materials Science and Engineering

【Electronic、Magnetic and Optical Materials】 世界を代表する材料科学の研究拠点。

活躍する研究者

すごい可能性を秘めたマルチバンド太陽電池の開発

田中徹 先生
佐賀大学
理工学部 理工学科 電気エネルギー工学コース、電子デバイス工学コース/理工学研究科 理工学専攻

太陽光発電は再生可能エネルギーの切り札として期待されています。しかし依然として発電コストが高いことに加え、発電のための変換効率の課題があります。これまでの太陽電・・・

シリコンに替わる電気材料として注目!有機半導体の研究

多田和也 先生
兵庫県立大学
工学部 電気電子情報工学科 電気工学コース/工学研究科 電気物性工学専攻

すでに実用化されている太陽電池やICチップに使われているのは、シリコンという石に多く含まれている固い無機材料です。これを使って、研究が盛んに行われていますが、シリ・・・

ミクロ世界に閉じ込められた特殊な光から、ウイルスの検査を迅速に!

大木義路 先生
早稲田大学
先進理工学部 電気・情報生命工学科/先進理工学研究科 電気・情報生命専攻/共同原子力専攻

光の非常に面白いふるまいに、「近接場光」というものがあります。入射した光がすべてを反射する現象を、全反射といいます。光が全反射したとき、その背後ににじみ出るよう・・・

堀田育志 先生
兵庫県立大学
工学部 電気電子情報工学科 電気工学コース/工学研究科 電気物性工学専攻

【半導体工学】パルスレーザ堆積法というレーザ技術を用いて様々な材料を薄膜化、シリコン基盤上に金属酸化物など表面保護膜を形成し、それらの構造解析、電気測定する研究を行う。太陽電池の変換効率を上げると期待される。

城戸淳二 先生
山形大学
工学部 高分子・有機材料工学科/有機材料システム研究科 有機材料システム専攻

【有機エレクトロニクス】山形大学を有機エレクトロニクスの一大拠点にした研究者。

岡田至崇 先生
東京大学
教養学部 学際科学科 広域システムコース/工学系研究科 電気系工学専攻/先端科学技術研究センター

【量子ドット超格子を用いた太陽電池など】量子ドット超格子を用いた中間バンド型太陽電池や多接合太陽電池の研究に取り組む。発電効率の非常に高い次々世代の太陽電池と期待される。

杉山正和 先生
東京大学
工学部 電気電子工学科/工学系研究科 電気系工学専攻

【III-V化合物半導体の量子構造を用いた高効率太陽電池など】植物の光合成に学び、このしくみを人工的な結晶に取り込む半導体ナノ結晶技術によって、植物の効率をはるかにしのぐ太陽光燃料電池製造を目指している。

染谷隆夫 先生
東京大学
工学部 電気電子工学科/工学系研究科 電気系工学専攻

【有機エレクトロニクス】フレキシブルデバイスの創製ではトップを独走中。

間中孝彰 先生
東京工業大学
工学院 電気電子系

【有機エレクトロニクス】独創的な有機エレクトロニクスデバイスの評価技術の開発をする。

若原昭浩 先生
豊橋技術科学大学
工学部 電気・電子情報工学課程 集積電子システムコース/工学研究科 電気・電子情報工学専攻

【モノリシック光電子集積システムの開発研究】モノリシック集積化という、光回路を集積し光エレクトロニクス技術を向上させる研究。光デバイスと電子デバイスの集積化を目指し、結晶成長技術の開発から、新しい光電子融合素子の開発を行っている。

尾崎雅則 先生
大阪大学
工学部 電子情報工学科 電気電子工学科目 電子工学コース/工学研究科 電気電子情報工学専攻

【有機エレクトロニクス】液晶科学と有機太陽電池を融合する独創的な研究。

石田謙司 先生
神戸大学
工学部 応用化学科/工学研究科 応用化学専攻

【有機エレクトロニクス】FeRAM(強誘電体メモリ)などに使用される強誘電体を有機物を使って実用化まで導いた。

尾坂格 先生
広島大学
工学部 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 応用化学プログラム/先進理工系科学研究科 先進理工系科学専攻 応用化学プログラム

【有機エレクトロニクス】有機太陽電池やトランジスタなどの新材料を作っている。

内藤裕義 先生
大阪府立大学
工学域 電気電子系学類 電子物理工学課程/工学研究科 電子・数物系専攻

【有機エレクトロニクス】有機半導体のデバイス物理、光物性、電子物性について、特色のある研究を進めている。

平本昌宏 先生
総合研究大学院大学
物理科学研究科 機能分子科学専攻/分子科学研究所

【有機エレクトロニクス】有機薄膜太陽電池の創成期から活躍している。

安達千波矢 先生
九州大学
工学部 応用化学科/工学府 応用化学専攻/未来化学創造センター

【有機エレクトロニクス】通常の蛍光よりも寿命の長い発光(遅延蛍光)として放射される、遅延蛍光材料による有機ELを開発。その研究は注目を集め、学界を席巻している。

学問をもっと深く知るために

[パワーエレクトロニクス・半導体デバイス]
めざせ! 電力革命 ~シリコン(Si)を超えたシリコンカーバイト(SiC)によるトランジスタ

須田淳 先生
京都大学 工学研究科 電子工学専攻

[応用物性、電子材料工学(燃料電池)]
発電効率がよく、クリーン。これからの発電を担う燃料電池ができるまで

樋口透 先生
東京理科大学 理学部第一部 応用物理学科

興味がわいたら

金色の石に魅せられて 新素材探究の旅

佐藤勝昭

金属の「金」以外にも、金色をしている物質は存在する。物質の色は何で決まるか。そこには物質を構成する材料(元素)の深い電子的性質が関わっている。電子・電気材料学とはこれまでにない新たな性質を持つ材料を開発し、電子・電気デバイスに応用あるいは新たなデバイスを創り出す学問だ。そのためには、その材料の持つ電子的性質を深く理解することがとても重要であり、本書で述べられている物質の「色」と「電子物性」の関係を知ることは、その第一歩としてとても重要だ。この本を通して、材料に興味を持つきっかけとなってほしい。 (裳華房)


青い光に魅せられて 青色LED開発物語

赤崎勇

2014年、ノーベル物理学賞を受賞した赤﨑勇教授が自ら執筆した、青色LEDの開発への道のり。実現の難しさから、「夢の技術」と言われた青色LEDの実用化。成功するまでに積み重ねられたアイデアと努力に加え、著者の研究に対する姿勢が記されている。 (日本経済新聞出版社)


高校数学でわかるシュレディンガー方程式 量子力学を学びたい人、ほんとうに理解したい人へ

竹内淳

電気電子材料物性を支える量子力学の基礎であるシュレディンガー方程式の全体像がつかめる。式の展開は極めて丁寧に書かれており、紙と鉛筆がなくても式の展開を追うことができる。量子力学は物質中での電子や光の振る舞いを決めているため、電気材料や電子装置に関係する全ての材料の基礎となる学問の根底に位置するとも言える。 (ブルーバックス)


高校数学でわかるマクスウェル方程式 電磁気を学びたい人、学びはじめた人へ

竹内淳

数学に立脚しながらも、数学の苦手な人にも、電気電子工学の中で一番重要なマックスウェル方程式を理解できるように、丁寧に書かれている。姉妹書『高校数学でわかるシュレディンガー方程式―量子力学を学びたい人、ほんとうに理解したい人へ (ブルーバックス)』もおすすめ。 (ブルーバックス)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ