都市計画・建築計画

「建築計画」は、住みやすい間取りを設計し一戸建や集合住宅を建築、さらに空家問題に対応した住宅計画を考える。「都市計画」は公共性の高い建築物の設計を行い、まちづくりのあり方を問う

空家・空きビルなどのストック活用   コンパクトシティ   まちやコミュニティの活性化   復興都市計画   公的団地再生

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

工学部 都市工学科 都市計画コース
【 主な研究者 】
出口敦 瀬田史彦 小泉秀樹 城所哲夫
工学部 建築学科
【 主な研究者 】
藤田香織 大月敏雄 松村秀一

千葉大学

工学部 総合工学科 建築学コース
【 主な研究者 】
中山茂樹 吉岡陽介 平沢岳人 上野武 柳澤要
工学部 総合工学科 都市環境システムコース
【 主な研究者 】
小林秀樹 村木美貴
園芸学部 緑地環境学科 環境造園学プログラム
【 主な研究者 】
齋藤雪彦 木下勇

早稲田大学

創造理工学部 建築学科
【 主な研究者 】
小松幸夫 後藤春彦
人間科学部 人間環境科学科
【 主な研究者 】
佐野友紀 佐藤将之

京都大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
金多隆 神吉紀世子

東京都立大学

都市環境学部 建築学科
【 主な研究者 】
鳥海基樹 吉川徹 角田誠 竹宮健司
都市環境学部 都市政策科学科
【 主な研究者 】
市古太郎 饗庭伸

九州大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
趙世晨 菊地成朋
芸術工学部 芸術工学科 環境設計コース
【 主な研究者 】
田上健一

大阪市立大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
徳尾野徹
工学部 都市学科
【 主な研究者 】
嘉名光市
生活科学部 居住環境学科
【 主な研究者 】
森一彦

大阪大学

工学部 地球総合工学科 建築工学科目
【 主な研究者 】
阿部浩和 木多道宏 横田隆司

神戸大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
槻橋修 山崎寿一 北後明彦
国際人間科学部 環境共生学科 生活共生科学プログラム
【 主な研究者 】
平山洋介

日本大学

生産工学部 建築工学科
【 主な研究者 】
大内宏友 岩田伸一郎 廣田直行
理工学部 海洋建築工学科
【 主な研究者 】
畔柳昭雄
理工学部 まちづくり工学科
【 主な研究者 】
岡田智秀
工学部 建築学科
【 主な研究者 】
浦部智義

その他の優れた大学

大学詳細

筑波大学

理工学群 社会工学類 都市計画主専攻

【都市計画】 数理系を基盤とした都市計画、都市政策研究が特色の一つ。

東京工業大学

環境・社会理工学院 建築学系

【都市計画】 国際的な視野に基づいて環境・社会問題の解決に貢献できる人材を養成。

工学院大学

建築学部 まちづくり学科 都市デザイン分野

【都市デザイン】 都市計画と建築、ランドスケープが一体となった教育体系。個性的な“界隈”の研究をする。

東京都市大学

都市生活学部 都市生活学科

【都市生活】 都市生活の視点から、都市のマネジメントやデザインについて学ぶ。

近畿大学

建築学部 建築学科

【まちづくり・建築計画(理論と実践)】 近年、計画系領域に有能な教員が揃ってきており今後成果が期待される。

主な研究者

研究者詳細
徳尾野徹
大阪市立大学
工学部 建築学科/工学研究科 都市系専攻

【空き家や空きビルなどのストック活用、住まいや職場などが近接するコンパクトシティ、】人口減少の縮減化社会におけるコンパクトな居住空間のあり方を探求。空き家や空きビルなどのストック活用や、建築計画や設計への利用者の参加を呼びかけをする。それも利用者の自律的・個別的な意見を下から積み上げていくボトムアップ型の参加を目指す。

森永良丙
千葉大学
工学部 総合工学科 都市環境システムコース/融合理工学府 地球環境科学専攻

【建築計画、住環境計画】居住者と住居の運営主体が協働する、住環境や地域施設のあり方に関するコミュニティデザインの研究。

大月敏雄
東京大学
工学部 建築学科/工学系研究科 建築学専攻

東北の震災復興支援で活躍。

田上健一
九州大学
芸術工学部 芸術工学科 環境設計コース/芸術工学府 デザインストラテジー専攻

フィリピン等の東南アジアをフィールド。

饗庭伸
東京都立大学
都市環境学部 都市政策科学科/都市環境科学研究科 都市政策科学域

【まちづくり】都市の課題を的確に読み取る、市街地の実態研究、それを他者に伝えて実現化していくために必要な制度や手法を研究する。

山崎亮
東北芸術工科大学
デザイン工学部 コミュニティデザイン学科

【地方のまちづくり】地域にある課題を地域の人たち自身が発見し、それを自分たちの手で解決していけるようサポートする参加型まちづくりを創造的に推進する。コミュニティデザイン研究。

木下勇
千葉大学
園芸学部 緑地環境学科 環境造園学プログラム/園芸学研究科 環境園芸学専攻

【まちづくり】参加型まちづくりを創造的に推進。

菊地成朋
九州大学
工学部 建築学科/人間環境学府 都市共生デザイン専攻

興味がわいたら

驚嘆!セルフビルド建築 沢田マンションの冒険 

加賀谷哲朗

建築家である著者が、大学院の建築計画研究室に所属していた当時に執筆した修士論文がベース。研究対象の沢田マンションは、家主の沢田夫妻の住まい観・技術観に基づいてセルフビルドで建設された6階建ての賃貸マンションで、日本版サグラダファミリアとも称される。しかし、実はキワノモではなく先進・先鋭的なマンションであることを、学生の新鮮かつ知的好奇心に満ちた視点でアプローチし、丹念な調査と分析により明らかにしている。常識と思われている北側廊下・南側リビングでプライバシー重視の3LDKマンションのプランニングへの疑問も浮かぶ。著者の指導教授であった初見学先生の愛のある解説も見もの。 (ちくま文庫)


集落の教え100

原広司

空間の読み方が学べる一冊。京都駅やサッポロドームの設計者でもある著者は、20数年にわたって世界の集落を実測調査してきた。本書では世界の100の集落から教えられた空間デザインに関することを、100の簡潔なエッセイと集落の写真で紹介している。自然発生的にできたと思われる集落も、実はヒト・モノ・コト+風土の関係性の結晶であることがわかる。 (彰国社)


共生のかたち

竹村牧男、松尾友矩

都市計画・建築計画分野の学問においては、地域づくりや、集まって住むことの意味・歴史的意義と将来の可能性を探求することが大切だ。そのための一助となる一冊。「互いにその存在を認め合って、共に生きる」共生の実現を、哲学・仏教学・東洋史学・社会心理学・経済学・環境学など多彩な学問から考える。都市計画については、共生に向けての実践例として「都市の混在モデル」を紹介している。 (誠信書房)


アメリカ大都市の死と生

ジェイン・ジェイコブス

都市の再開発に対する問題提起をし続けたアメリカ人女性ジャーナリスト、ジェイン・ジェイコブス。都市に住むことについて、人と文化とのつながりによって形成された環境を評価し、近代的な計画方法を批判した問題の一冊。町の多様性や歴史が生き生きとした雰囲気を作り、経済活動を生み出す源となると主張し、それを無視した機能優先の近代都市計画に反対する立場で書かれた本書は、刊行から50年以上たった現在も読み継がれる。 (山形浩生:訳/鹿島出版会)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ