建築史・意匠

「建築史」は、世界の建築から日本の古建築まで建築の文化史、社会史、歴史を調べる。「意匠学」は、歴史的景観に関わる建築物・都市空間のデザインの理論と手法を解き明かす

近現代建築や古民家の保存再生   伝統木造建築の防災   町並み保全   日本と海外の建築・都市の比較   世界遺産

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

早稲田大学

創造理工学部 建築学科
【 主な研究者 】
中谷礼仁 小岩正樹

東京大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
加藤耕一

京都工芸繊維大学

工芸科学部 デザイン・建築学課程
【 主な研究者 】
松隈洋 小野芳朗 清水重敦 西田雅嗣 中川理

筑波大学

理工学群 社会工学類 都市計画主専攻
【 主な研究者 】
藤川昌樹

京都大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
田路貴浩 小林広英
総合人間学部 総合人間学科 文化環境学系
【 主な研究者 】
中嶋節子

神戸大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
黒田龍二 中江研

熊本大学

工学部 土木建築学科
【 主な研究者 】
吉武隆一 伊東龍一 田中智之

日本大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
速水清孝
理工学部 まちづくり工学科
【 主な研究者 】
阿部貴弘
生物資源科学部 森林資源科学科
【 主な研究者 】
堀江亨

東京工業大学

環境・社会理工学院 建築学系
【 主な研究者 】
藤田康仁

九州大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
堀賀貴

その他の優れた大学

大学詳細

東北大学

工学部 建築・社会環境工学科

イタリア・ルネサンス建築研究。

京都府立大学

生命環境学部 環境デザイン学科

生活者の視点を重視した環境デザイン教育を主眼とし、大場修先生が伝統民家・町家から戦後の進駐軍住宅まで幅広い視野で住宅研究に取り組んでいる。

福井工業大学

工学部 建築土木工学科

【建築史・意匠、建築論】 建築論の京都学派の最新研究を学ぶことができる。ドイツ建築思想を学ぶことができる。

主な研究者

研究者詳細
吉武隆一
熊本大学
工学部 土木建築学科/自然科学教育部 土木建築学専攻

【西洋建築史、地中海古代建築、ヘレニズム建築】古代ギリシア、ヘレニズム時代の古代劇場の調査と研究を行う。日本にもあるコンサートホールや劇場の原型は、古代ギリシア時代に求める。

伊藤大介
東海大学
国際文化学部 国際コミュニケーション学科

【西洋建築史、北欧の建築史、都市形成史】北欧の建築史、都市形成史、住環境の近代化をテーマに研究。長らくヨーロッパの辺境の地だった北欧の地位向上は、19世紀~20世紀の近代化の時期に実現させた社会変革が大きな意味を持っていた。その背景や基盤となったのが建築や都市といった人間の生活の場、その上に作られた住環境を考察。

小沢朝江
東海大学
工学部 建築学科/工学研究科 建築土木工学専攻

【日本建築史、住宅史】人がそこでどのように暮らしていたのか、「生活」「行為」「意識」との関わりを解き明かす。かつては一般的だった古家の移築利用や木材の再利用が衰退した時期や理由を知ることで、今後住宅のリサイクルを進める上での課題を発見。各地の歴史的建造物の調査や復原も手掛け、まちづくりに生かす。

市川秀和
福井工業大学
工学部 建築土木工学科

【建築十書】紀元前1世紀頃に書かれた、世界最古の建築書と呼ばれる『建築十書』と、これを初めて日本語に訳した森田慶一(元京都大学)の歴史的意義を研究。

池上重康
北海道大学
大学文書館

【日本近代建築史】社宅や鉱山住宅など、従来見過ごされてきた住宅の社会性に注目し、精力的に調査している。

飛ヶ谷潤一郎
東北大学
工学部 建築・社会環境工学科 都市・建築デザインコース、都市・建築学コース/工学研究科 都市・建築学専攻

【イタリア・ルネサンス建築研究】日本では数少ない本格的なルネサンス建築研究者である。

田路貴浩
京都大学
工学部 建築学科/工学研究科 建築学専攻

【建築論】

清水重敦
京都工芸繊維大学
工芸科学部 デザイン・建築学課程/工芸科学研究科 建築学専攻

【日本建築史、建築遺産論】建築を作る職能について、近世と近代を繋ぐ立場で研究を行い、J・コンドルなど著名建築家についても新たな評価を行っている。

藤田盟児
奈良女子大学
生活環境学部 住環境学科/人間文化総合科学研究科 生活工学共同専攻

【日本建築史】研究が少ない中世住宅に着目し、近世の萌芽としての意味を緻密に分析。

千代章一郎
島根大学
総合理工学部 建築デザイン学科 建築計画デザインコース

【建築論】

水上優
兵庫県立大学
環境人間学部 環境人間学科 環境デザイン系/環境人間学研究科 環境人間学専攻

【建築論】

後藤治
工学院大学
総合研究所

【日本建築史、保存修復学】文化財保存について、具体的かつ実践的な研究活動を展開。法制度や技術面でも豊富な知見を持ち、地域に貢献している。

近藤康子
京都橘大学
現代ビジネス学部 都市環境デザイン学科

【建築論】

朽木順網
大阪工業大学
ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科/ロボティクス&デザイン工学研究科 ロボティクス&デザイン工学専攻

【建築論】

田中明
武庫川女子大学
生活環境学部 建築学科/生活環境学研究科 建築学専攻

【建築論】

真木利江
広島女学院大学
人間生活学部 生活デザイン学科/人間生活学研究科 生活科学専攻

【建築論】

大場修
京都府立大学
生命環境学部 環境デザイン学科/生命環境科学研究科 環境科学専攻

【日本建築史】民家・町家など庶民住宅の研究の第一人者。特に京都町家の広範囲での普及を技術・社会背景から説き起こし、注目された。

内田青蔵
神奈川大学
工学部 建築学科/工学研究科 建築学専攻

【日本近代建築史】近代住宅史について、豊富なフィールドワークと柔らかな語り口で著書・論文を多数執筆。

興味がわいたら

集落の教え100

原広司

日本を代表する建築家である著者が、建築を設計しつつ世界中の有名・無名の集落を訪ね、そこで学んだことを100のトピックスにまとめた。近代では見過ごされてきた集落に注目し、長い人類の知恵を見い出すレポートであり、新たな建築を創り出すヒントを示した。美しい集落の写真と研ぎ澄まされた言葉は、内容的には非常に高度であるが、読む人の心に訴えかける。 (彰国社)


大系 世界の美術 全20巻

世界中の美術を見て回るのは大変だが、図書館に行けば、美しい写真や図版を備えた図書で学ぶことが可能だ。本書は全20巻、世界を代表する絵画や彫刻、工芸デザインや建築まで美術品の数々を紹介している。図版解説もその分野の第一人者らによって丁寧にされている。 (学習研究社美術出版部:編/学習研究社)


図説 北欧の建築遺産 都市と自然に育まれた文化

伊藤大介

ストックホルム・コペンハーゲン・ヘルシンキなど北欧各国の歴史的な教会、19世紀~20世紀のナショナル・ロマンティシズム建築やモダニズム建築など歴史的な建築遺産を中心に、多くの写真も使い解説。着目すべき点は、北欧の場合、建築物が歴史的なものであれ近代のものであれ、自然風土と一体となっている点。それはそのまま北欧の人間や社会のあり方を反映しており、今後の世界の進む方向性についての提案にもなっている。 (河出書房新社)


「間取り」で楽しむ住宅読本

内田青蔵

明治・大正・昭和の住まいの変化を辿る。居間や玄関、台所など部屋ごとに分けて見た点が特徴で、各時代の住宅に求める機能や条件の違いが明らかになり、住宅史の醍醐味が味わえる。建築の調査、新聞や雑誌などの文献、かつての生活を描いた絵画など、研究を進める上での方法論はほぼ網羅されており、「建築史」の研究姿勢も理解できる。「過去」を知ることで「現代」を見直すといった建築史学の視点がよく伝わる好著である。 (光文社新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ