未来のイヴ

ヴィリエ・ド・リラダン

19世紀フランス文学への位置づけが困難な怪作です。現代仮名遣いの新訳で読んでください。当時の科学的発明にインスパイアされた、未来予想の書でもあります。物語の内容よりもむしろ、声高に語られる作者の思想にこそ耳を傾けるべき小説となっています。 (訳:高野優/光文社古典新訳文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ