法律学

DEATH NOTE デスノート

大場つぐみ、小畑健

ごく普通の高校生に、巨悪を裁く力が与えられたらどうなるのか。現代版『罪と罰』というべき漫画です。主人公が持っている正義感は、誰もが持っているものです。しかし、実際にそれを行使したらどうなるでしょうか。読んでいるうちに、主人公に対する共感、嫌悪感、いろいろな感情が起こることでしょう。罪と罰の哲学について、考えさせられる作品です。 (ジャンプ・コミックス)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ