法律学

無実

ジョン・グリシャム

1982年アメリカで実際に起きた殺人事件のえん罪事件を、法廷サスペンスで数多くのベストセラーを世に出す小説家ジョン・グリシャムが手掛けたンフィクション作品。突然の逮捕から自白の強要、死刑判決までを追う。法システムによる正義の実現とその限界を、「えん罪」という問題を通じて学んでほしい。 (白石朗:監訳/ゴマ文庫)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ