大学1年生のための電気数学 電気回路・電磁気学の基礎数学

高木浩一、猪原哲、佐藤秀則、高橋徹、向川政治

プラズマなどの高電圧の電気工学を学ぶうえで基礎となるのが、電気回路や電磁気学の基礎数学だ。この本の中で使われる数学は高校で学んだものを主としている。電気工学を理解するために必要な基礎数学と高校数学との橋渡しを行うことによって、高校で学習する数学が、電気分野でどのように使われているか、高校生でも俯瞰することができる。 (森北出版)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ