ギュンター・グラス 「渦中」の文学者

依岡隆児

『ブリキの太鼓』で知られるノーベル賞作家で、戦後ドイツ文学を代表するギュンター・グラスについてコンパクトに描かれている。ナチスの武装親衛隊員だったことを告白する、作品や政治的発言が物議をかもすなど、常に社会の「渦中」にいる、グラスの実像を知ることができる。 (集英社新書)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ