財政・公共経済

財政学は、国や公共団体の経済活動である財政を調べ、公共経済学は、市場経済では解決が難しい公共財の供給、環境汚染、都市・交通・医療問題などを解き明かす応用経済学

国家予算   財政赤字   社会保障   少子化問題   医療経済学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

一橋大学

経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
井伊雅子 佐藤主光
社会学部 社会学科
【 主な研究者 】
猪飼周平

政策研究大学院大学 

東京大学

経済学部
【 主な研究者 】
飯塚敏晃

大阪大学

法学部 国際公共政策学科
【 主な研究者 】
松林哲也 赤井伸郎
経済学部 経済・経営学科
【 主な研究者 】
恩地一樹

神戸大学

経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
宮崎智視 梶谷懐 勇上和史

早稲田大学

政治経済学部 経済学分野
【 主な研究者 】
上田晃三 上田貴子 浅古泰史 小西秀樹
教育学部 社会科 公共市民学専修
【 主な研究者 】
黒田祥子

名古屋大学

経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
柳原光芳 中村さやか

慶應義塾大学

経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
土居丈朗 寺井公子 駒村康平
商学部 商学科
【 主な研究者 】
山本勲

その他の優れた大学

大学詳細

東洋大学

経済学部 総合政策学科

経済政策や公共政策に加え、公民連携(Public Private Partnership)に力を入れている。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California, Irvine/カリフォルニア大学アーバイン校(米)

経済学部

【公共経済学、都市経済学、政治経済学】 公共経済学、都市経済学、政治経済学の研究者が揃っているので、公共経済学とその関連分野について、バランスよく学ぶことができる。

主な研究者

研究者詳細
宮崎智視
神戸大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 経済学専攻

【財政学・公共経済学】税制、社会保障、財政赤字など多岐にわたり現実の政策課題に関連する、財政・公共経済学を研究。これまでに行われた景気刺激策や減税政策の効果測定や、制度改革の影響などについて、主として計量経済学的手法を用いて分析し、適切な政策運営を提言する。

寺井公子
慶應義塾大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 経済学専攻

【公共経済学、財政学、政治経済学】財政赤字の拡大を抑制するために、どのような政府予算の政策間の配分のしかたが望ましいか分析研究。すべての世代が、政府の政策から偏りなく恩恵を得られるような経済の実現を目指す。

藤野敦子
京都産業大学
現代社会学部 現代社会学科/経済学研究科 経済学専攻

【労働経済学、人口学、ジェンダー】今なお存続する日本型雇用・賃金制度(年功型賃金)の変革を目指した「公共政策」を研究。この雇用・賃金制度が「性別役割分業(男性が働き、女性が家を守る)」という価値観に根差し、格差、低賃金問題を引き起こす原因になっているという観点から、改革を提言。

岩本康志
東京大学
公共政策学教育部

【持続可能な社会保障制度と税制のミックスについて考察】社会保障制度に関連する豊富な実証分析に基づいて、税制との連携も考慮しつつ、提言を行っている。財政政策、社会保障について理論・実証両面において顕著な業績。

塩路悦朗
一橋大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 総合経済学専攻

【マクロ経済学・財政政策】主にマクロ経済学・財政政策の実証研究において顕著な業績。

佐藤主光
一橋大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 総合経済学専攻

【税制・地方財政】税制、地方財政の理論面において世界的に顕著な業績を挙げている。最近は政策の現場でも活躍。

土居丈朗
慶應義塾大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 経済学専攻

【財政再建、税制改革】国債管理、人口高齢化に起因する政府支出増、財政赤字拡大に対処するための望ましい税制のあり方について、一貫して実証分析に基づく提言を行っている。

加藤久和
明治大学
政治経済学部 経済学系/政治経済学研究科 経済学専攻

【世代間格差】社会保障制度、税制を通じた世代間所得移転が人々の厚生にもたらす影響を、労働経済学の知見も加えながら、考察している。

浅子和美
立正大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 経済学専攻

【マクロ経済学、財政政策】主に実証面で成果を挙げており、多くは学問的な価値が高いことはもちろん政策的示唆にも富んでいる。

焼田党
南山大学
経済学部 経済学科/社会科学研究科 経済学専攻

【マクロ経済学、財政政策】財政赤字、財政政策の理論分析で顕著な業績を挙げている。

興味がわいたら

レ・ミゼラブル

ヴィクトル・ユーゴー

時はフランス革命、パリの民衆の悲惨な生活と人の愛を描いた不朽の名作小説。現在のフランスの制度・政策の根底にある理念や価値観を知ることができる。フランスはEUの中心であることから、現在のEU諸国の理念や価値観とも共通する部分が多く、今を理解するのにも役立つだろう。 (豊島与志雄:訳/岩波文庫)


私たちと公共経済

寺井公子、肥前洋一

選挙権年齢が18歳以上になり、高校生にとって政治は身近なものになった。著者の寺井先生は、「本書では、現実の政策の評価に使える『ものさし』を提示した。有権者としてふるまうときに、本書が役立つことを願う」と語る。本書は、初学者向けの「公共経済学」の教科書。「政府に期待されている役割は何か」「なぜ政府は時々期待を裏切るのか」を、経済学の考え方に基づき説明する。公共経済学の理解に必要な「ミクロ経済学」の基本にはじまり、生活保護、税、年金などの個別の、私たちが直面している「財政問題」を解説。経済学と政治学、心理学との着眼点の違いなどにも触れているので、「公共経済学」という学問分野が理解できる。 (有斐閣ストゥディア)


経済学に何ができるか 文明社会の制度的枠組み

猪木武徳

税と国債発行、最低賃金法の効果、所得格差問題など、実際に論争を引き起こしている具体的な政策課題は様々ある。これらについて歴史をひもときながら、制度改革の方向性を模索している。故きを温ねることから、新しい問題の本質を知ろうとする姿勢に、普遍的な真実を探求するための一つの方法を学びとることができる。 (中公新書)


20歳からの社会科

明治大学世代間政策研究所:編

若い世代に大きく関わる政策課題である、財政・社会保障、外交、教育、環境問題について、経済学・政治学などの知見に基づいてどのように考えればよいのか導いてくれる一冊。例えば、日本の財政にとって、医療・社会保障は喫緊の政策課題だ。中でも国民年金については、少子・高齢化社会ではこの仕組みがうまくいかないと、多くの財政学・公共経済学の研究者により指摘されている。なぜ国民年金の改革が必要か、なぜ改革が「先送り」されるか。これはまさに財政・公共経済の分析対象だ。本書では、こうした問題やその解決策についても紹介されている。「20歳からの」と銘打っているものの、財政や社会保障、若者の政治参加などに関心のある高校生にお勧めしたい。 (日本経済新聞出版社)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ