自然災害科学・防災学

地震、火山、気象災害を対象に自然災害を予測し、防災・減災する技術を開発。さらに被災者の救済策を考え出す~理学・工学2つにまたがる地球科学

ハザードマップ   ゲリラ豪雨   南海トラフ   土石流   異常気象

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

理学部 理学科 地球惑星科学系
【 主な研究者 】
藤浩明 岩田知孝 重尚一 林愛明 千木良雅弘
工学部 地球工学科 土木工学コース
【 主な研究者 】
米山望 川池健司
工学部 建築学科
【 主な研究者 】
丸山敬 牧紀男

東北大学

工学部 建築・社会環境工学科 水環境デザインコース
【 主な研究者 】
今村文彦 越村俊一
工学部 建築・社会環境工学科 都市・建築デザインコース、都市・建築学コース
【 主な研究者 】
村尾修
工学部 機械知能・航空工学科 航空宇宙コース
【 主な研究者 】
孫明宇
理学部 地圏環境科学科
【 主な研究者 】
中村教博
農学部 生物生産科学科 資源環境経済学コース
【 主な研究者 】
米澤千夏

千葉大学

理学部 地球科学科
【 主な研究者 】
津久井雅志 服部克巳
工学部 総合工学科 都市環境システムコース
【 主な研究者 】
山崎文雄
工学部 総合工学科 電気電子工学コース
【 主な研究者 】
鷹野敏明
園芸学部 園芸学科 生物生産環境学プログラム
【 主な研究者 】
松岡延浩

九州大学

工学部 地球環境工学科 建設都市工学コース
【 主な研究者 】
浅井光輝 陳光斉
理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
川村隆一

北海道大学

工学部 環境社会工学科 建築都市コース
【 主な研究者 】
高井伸雄
工学部 環境社会工学科 国土政策学コース
【 主な研究者 】
石川達也
理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
高橋幸弘

名古屋大学

理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
山中佳子 鷺谷威 渡辺俊樹

東京工業大学

環境・社会理工学院 建築学系
【 主な研究者 】
松岡昌志 山中浩明
環境・社会理工学院 融合理工学系
【 主な研究者 】
高木泰士
理学院 地球惑星科学系
【 主な研究者 】
神田径 小川康雄

その他の優れた大学

大学詳細

岐阜大学

工学部 社会基盤工学科 防災コース

「防災デザイン」「防災セミナー」「地震工学」「応用地質学」などを学ぶことができる。

島根大学

総合理工学部 地球科学科

地質学から工学分野にわたり幅広い教育・研究を実施しており、複合的な自然災害の要因を学ぶことができる。

日本大学

文理学部 地球科学科

総合的な地球科学の研究・教育を実施しており、学習・教育プログラムがJABEEに認定されている。

福岡大学

理学部 地球圏科学科

【地球科学分野】 野外調査をもとに、地球表層の古環境変化や地史的な変動過程に関する研究を行っている。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Edinburgh/エジンバラ大学(英)

地質学・地球物理学科

【構造地質学】 野外調査を主とした断層岩の調査に基づいて、震源断層のメカニズムに迫る。

Seoul National University/ソウル大学校(韓)

地球環境科学科

【地震地質学】 断層周辺に発達するダメージゾーンの解析結果から断層の動きを知る。

主な研究者

研究者詳細

中村教博

東北大学
理学部 地圏環境科学科/理学研究科 地学専攻
【津波石、地球惑星電磁気学】 地磁気を用いて、過去の津波で海岸に打ち上げられた巨大な津波石が、いつ、どのように運ばれたか、地球惑星電磁気学など物理学の立場で解明。数値計算から、何年前にどれくらいの規模の津波が襲ったのか推定できる。

鈴木素之

山口大学
工学部 社会建設工学科/創成科学研究科 建設環境系専攻
【地すべり、土石流、放射性炭素年代測定、時間防災学】 ある渓流で土石流が過去何回発生したのか、最大規模の土石流の影響範囲を解き明かす。災害の記憶を伝承し、防災に生かすために、何世代にもわたる長い時間スケールで災害や防災を考える新しい学問分野「時間防災学」を提唱。

遠田晋次

東北大学
理学部 宇宙地球物理学科 地球物理学コース/理学研究科 地球物理学専攻/災害科学国際研究所
【地震地質学】 コンピュータの数値計算で地震の影響の指標となるクーロン破壊関数を用い、断層連動性を研究する。

後藤和久

東北大学
理学部 地球惑星物質科学科/理学研究科 地学専攻/災害科学国際研究所
【津波堆積物】 世界をリードする気鋭の若手研究者でありながら、極めて丁寧な指導をする教育者である。

長濱裕幸

東北大学
理学部 地球惑星物質科学科/理学研究科 地学専攻
【数理地震学】 地震を相対性理論・量子力学的に捉える研究の第一人者で、ラドンによる地震予知にも挑戦、学部生をいきなり世界最先端の研究に誘う。

中島淳一

東京工業大学
理学院 地球惑星科学系
【地震学】 沈み込み帯の地震に関しては、右に出る者はいない研究者である。

大谷具幸

岐阜大学
工学部 社会基盤工学科 環境コース/工学研究科 社会基盤工学専攻
【構造地質学】 Mn元素を用いた活断層評価法の開発。

廣野哲朗

大阪大学
理学部 物理学科/理学研究科 宇宙地球科学専攻
【断層岩】 地震を物質科学的に捉え、新しい活断層評価法を開発している研究者である。

坂口有人

山口大学
理学部 地球圏システム科学科/創成科学研究科 地球圏生命物質科学系専攻
【付加体地質学】 日本列島を構成する付加体と断層活動との関係を研究する。

大橋聖和

山口大学
理学部 地球圏システム科学科/創成科学研究科 地球圏生命物質科学系専攻
【構造地質学】 フィールドワークに基づく断層岩の微細組織の研究。

川上紳一

岐阜聖徳学園大学
教育学部 学校教育課程 理科専修
【惑星地質学】 惑星としての地球の成り立ちと地球46億年の歴史を解明する。

宮田雄一郎

山口大学
理学部 地球圏システム科学科/創成科学研究科 地球圏生命物質科学系専攻
【堆積地質学】 房総半島をフィールドとした地層の成因と地球環境に関する研究。

村田明広

徳島大学
理工学部 理工学科 応用理数コース/総合科学教育部 地域科学専攻
【構造地質学】 バランス断面図を使用し構造発達史を復元する。

興味がわいたら

巨大地震の科学と防災

金森博雄

地震や津波のメカニズムやプレートテクトニクス、地震波、地震のメカニズム、地震のマグニチュードなどの基本的な知識が解説されている。さらに、過去に起きた地震や津波の事例、例えば世界最大のチリ地震、昭和三陸地震などを挙げながら、著者がそれらから何を学んできたかについて詳しく述べている。地震の予知・予測に関して重要な、予測・警報など地震・津波防災の現状およびそれに関する重要な課題が挙げられており、“命を守る”ために地震・津波を知ることの重要性が論じられている。著者は、モーメントマグニチュードという巨大地震の正確な規模を考案した地震研究の第一人者。最新の概念“アスペリティ”なども解説している。 (瀬川茂子、林能成:構成/朝日新聞出版)


東海・東南海・南海 巨大連動地震

高嶋哲夫

阪神・淡路大震災、東日本大震災を経て、次に起こると想定されている南海トラフ巨大地震に関して、その被害想定結果などにふれ、太平洋沿岸各地の被害予想を述べている。また、来るべき日に備えて具体的な防災対策を論じている。 (集英社新書)


地磁気逆転X年

綱川秀夫

地磁気は太陽風のバリアとなって電波障害を食い止めている。地磁気がないとスマホもできない。そんな地磁気は、地球の歴史を紐解く上で重要だ。地磁気がなければ地球の大気は太陽風で剥ぎ取られ、現在の火星のように不毛な惑星になっていたかも知れない。地磁気を研究している大学の研究室を高校生が訪問し、率直な疑問を投げかける設定で書かれているため、とても読みやすい。本の主人公になったつもりで読んでみて、面白さを感じてほしい。 (岩波ジュニア新書)


巨大津波 地層からの警告

後藤和久

地震や噴火、津波など、過去数万年にわたる自然災害の痕跡が地層から見えてくる。地層が教えてくれる歴史と今後への警鐘を分析しまとめたもの。古津波研究で世界をリードする若手研究者による著書。津波堆積物に関する入門書として。 (日本経済新聞出版社)