構造工学・地震工学・維持管理工学

建物、構造物が荷重を受けて起こる変形などを調べ、地震災害に強い安全な土木構造物を作り、維持管理するための技術を開発

耐震・免震構造   応用力学   構造力学   コンクリート   複合材料

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

工学部 社会基盤学科
【 主な研究者 】
市村強 堀宗朗 本田利器 長山智則 石原孟

京都大学

工学部 地球工学科 土木工学コース
【 主な研究者 】
金哲佑 高橋良和 五十嵐晃 西藤潤 古川愛子

東北大学

工学部 建築・社会環境工学科 社会基盤デザインコース
【 主な研究者 】
山川優樹 京谷孝史 齊木功 寺田賢二郎 内藤英樹

東京工業大学

環境・社会理工学院 土木・環境工学系
【 主な研究者 】
廣瀬壮一 二羽淳一郎 佐々木栄一
工学院 システム制御系
【 主な研究者 】
天谷賢治

日本大学

工学部 土木工学科
【 主な研究者 】
子田康弘 岩城一郎
理工学部 土木工学科
【 主な研究者 】
長谷部寛 野村卓史

埼玉大学

工学部 環境社会デザイン学科
【 主な研究者 】
谷山尚 齊藤正人 睦好宏史 牧剛史 松本泰尚

九州大学

工学部 地球環境工学科 建設都市工学コース
【 主な研究者 】
貝沼重信 園田佳巨 浅井光輝

名古屋大学

工学部 環境土木・建築学科 環境土木工学プログラム
【 主な研究者 】
中村光 舘石和雄 判治剛

長崎大学

工学部 工学科 構造工学コース
【 主な研究者 】
松田浩
工学部 工学科 社会環境デザイン工学コース
【 主な研究者 】
中村聖三

北海道大学

工学部 環境社会工学科 社会基盤学コース
【 主な研究者 】
横田弘 松本高志
工学部 環境社会工学科 国土政策学コース
【 主な研究者 】
蟹江俊仁

神戸大学

工学部 市民工学科
【 主な研究者 】
長尾毅 三木朋広 鍬田泰子

その他の優れた大学

大学詳細

長岡技術科学大学

工学部 環境社会基盤工学課程

橋梁の現場計測(モニタリング)に関する研究が活発である。また、山間部の構造物の腐食に関する研究も行われている。

琉球大学

工学部 工学科 社会基盤デザインコース

亜熱帯の気候や海に近いといった条件を利用して、腐食に関する研究を活発に行っている。

名城大学

理工学部 社会基盤デザイン工学科

地震時に変形してエネルギーを吸収するデバイスの研究が活発である。

立命館大学

理工学部 環境都市工学科

高強度鋼材に関する研究が活発である。


海外で学ぶなら

大学詳細

Iowa State University/アイオワ州立大学(米)

非破壊検査センター(Center for Nondestructive Evaluation)

全米では他にない非破壊検査を専門とする研究所がある。土木工学科でも橋梁の現場計測などが盛んだ。

Lehigh University/リーハイ大学(米)

土木・環境工学専攻(Civil and Environmental Engineering)

金属疲労の研究で有名で、大掛かりな実験装置がある。維持管理のマネジメントの有名な教授も在籍している。

University of California, Berkeley/カリフォルニア大学バークレー校(米)

土木・環境工学専攻(College of Engineering、Civil and Environmental Engineering)

【構造工学】 地震工学や疲労試験など大掛かりな実験装置が充実している。

University of California, San Diego/カリフォルニア大学サンディエゴ校(米)

Jacobs School of Engineering Structural Engineering Department

【構造工学】 地震工学や疲労試験など大掛かりな実験装置が充実している。

主な研究者

研究者詳細

超音波、赤外線、電磁誘導を使った非破壊検査で、橋梁の劣化を探し出せ!

白旗弘実
東京都市大学
建築都市デザイン学部 都市工学科/総合理工学研究科 建築・都市専攻

1960年から70年代の高度経済成長期に、道路、橋梁など公共の構造物など、多くの社会資本が建設されました。現在、これらの多くが劣化する時期にきています。

丸山收
東京都市大学
建築都市デザイン学部 都市工学科/総合理工学研究科 建築・都市専攻
廣瀬壮一
東京工業大学
環境・社会理工学院 土木・環境工学系

【非破壊評価】超音波、レーザーによる非破壊評価と波動伝播解析などの研究が活発。

佐々木栄一
東京工業大学
環境・社会理工学院 土木・環境工学系

【モニタリング】非線形現象を利用した異状検知に関する研究をしている。

宮下剛
長岡技術科学大学
工学部 環境社会基盤工学課程/工学研究科 環境社会基盤工学専攻

【モニタリング】橋梁の現場計測の専門家。

判治剛
名古屋大学
工学部 環境土木・建築学科 環境土木工学プログラム/工学研究科 土木工学専攻

【疲労】破壊力学による溶接継手の疲労寿命のばらつきの評価など研究をしている。

古川愛子
京都大学
工学部 地球工学科 土木工学コース/工学研究科 都市社会工学専攻

【モニタリング】振動モニタリングによって構造物の損傷を検出するための理論・ツールの開発。

中畑和之
愛媛大学
工学部 工学科 社会基盤工学コース、社会デザインコース/理工学研究科 生産環境工学専攻

【非破壊評価】超音波による非破壊検査の研究を本格的に行っている。

穴見健吾
芝浦工業大学
工学部 土木工学科/理工学研究科 建設工学専攻

【疲労評価】鋼橋梁溶接継手部の疲労評価に関する研究をしている。

興味がわいたら

図解入門 よくわかる最新土木技術の基本と仕組み

五十畑弘

土木工学の役割、普段疑問に思っていることがわかりやすく解説されている。伝統的な土木工学から、最新の技術まで、図表をふんだんに使って解説。建築分野を目指す人への入門書としても適しており、1・2級土木施工管理技術検定試験の副読本としても役立つ。 (秀和システム)


土木技術者の気概 廣井勇とその弟子たち

高橋裕、土木学会、廣井勇研究会

土木技術者の使命感とは。近代化に向け、日本を代表する土木技術者、廣井勇とその弟子たちなど、多くの技術者たちが切り開いてきた歴史を紐解く。後半は、将来のインフラ整備への提言。 (鹿島出版会)


インフラ事故 笹子だけではない老朽化の災禍

日経コンストラクション:編

1960~1970年代にたくさんの構造物が建設されたが、40~50年が経過、笹子トンネル事故等をきっかけに、社会資本(公共構造物)の劣化がクローズアップされている。しかし、社会資本の多くの維持管理は税金で賄われ、人口減少や地域計画・街づくりとの兼ね合いもあり、すぐに補修できるような状況ではない。これからは、更新・補修・廃棄も含めて計画的に構造物を使っていくことが求められることがわかる。日経の土木専門誌で使われた写真がふんだんに載っており、一般向け書籍ではあるものの、専門的にも読むことができる。 (日経BP社)


戦略的イノベーション創造プログラム

内閣府「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」のホームページ。府省の枠組みを越えて科学技術のイノベーションを推進していこうというプログラム。国が重点を置く、インフラ、エネルギー、防災などへの取り組みや、これまでにされてきた研究開発がわかる。 (国立研究開発法人 科学技術振興機構)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ