医療系薬学

副作用や薬効の個人差を考え、個々の患者にあった医薬品の使い方、臨床現場でのチーム医療などに取り組む

テーラーメイド医療   臨床薬学   安全性

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
阿部高明 下川宏明
薬学部
【 主な研究者 】
寺崎哲也 平塚真弘

東京大学

薬学部
【 主な研究者 】
小野俊介 楠原洋之 澤田康文 鈴木洋史

金沢大学

医薬保健学域 薬学類・創薬科学類
【 主な研究者 】
松下良 中島美紀 加藤将夫 石崎純子 玉井郁巳

大阪大学

薬学部
【 主な研究者 】
岡田直貴 中川晋作 近藤昌夫 櫻井文教 水口裕之

熊本大学

薬学部
【 主な研究者 】
入江徹美 城野博史 大槻純男 齋藤秀之 丸山徹

富山大学

薬学部
【 主な研究者 】
細谷健一 橋本征也 宮本嘉明 田口雅登

九州大学

薬学部 臨床薬学科
【 主な研究者 】
増田智先 石井祐次 大戸茂弘 家入一郎

名古屋市立大学

薬学部
【 主な研究者 】
頭金正博 松永民秀 木村和哲 湯浅博昭

東京薬科大学

薬学部 医療薬学科
【 主な研究者 】
小倉健一郎 竹内裕紀 平野俊彦

慶應義塾大学

薬学部
【 主な研究者 】
金澤秀子 杉本芳一 登美斉俊
医学部 医学科
【 主な研究者 】
谷川原祐介

その他の優れた大学

大学詳細

北海道大学

薬学部

アスリートのドーピング使用を考えるスポーツファーマシストやサプリメントなど特色ある研究をしている。

浜松医科大学

医学部 医学科

【アトピー性皮膚炎】 アレルギー性疾患の先制医療を目指して鼻腔常在菌叢の研究をする。皮膚ではなく、鼻腔の常在菌叢に焦点を当てた点がユニークである。

京都大学

薬学部

【薬剤学】 遺伝子医薬の体内動態解析や新たなドラッグデリバリーシステム(薬物送達法)の開発、コンピューターを駆使した体内動態予測など、体の中での薬の動きの解明とその制御について多方面から取り組んでいる。

広島大学

医学部 医学科

【アトピー性皮膚炎における皮膚細菌叢と皮膚免疫の解析】 皮膚細菌叢と皮膚免疫応答の関係に焦点を当てた点がユニークである。

琉球大学

医学部 医学科

生薬や食品と医薬品の関係を研究。

岐阜薬科大学

薬学部 薬学科

製薬企業における臨床開発や薬事戦略の分析。

昭和薬科大学

薬学部 薬学科

【薬物代謝】 薬物を代謝する酵素の遺伝的要因の解明や病気との関係を明らかにしている。

帝京大学

薬学部 薬学科

【薬物動態学研究室】 出口芳春教授のリーダーシップの下、血液脳関門の薬物輸送研究に取り組み、脳へのドラッグデリバリーを目指している。

立命館大学

薬学部 薬学科

【トランスポーター】 中枢神経系における有機イオントランスポーター研究が特筆。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Southern California/南カリフォルニア大学(米)

薬学部(大学院)

【レギュラトリーサイエンス】 国際レギュラトリーサイエンスコースを設け、レギュラトリーサイエンスに関する教育を行っている。

Vanderbilt University/ヴァンダービルト大学(米)

医学部

【トキシコロジー】 教育が丁寧で、日本人への理解がある。

University of Oxford/オックスフォード大学(英)

International Health

主な研究者

研究者詳細
石崎純子
金沢大学
医薬保健学域 薬学類・創薬科学類/医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻

【医療薬学】実際に臨床で使われている医薬品を、どうすればもっと安全に効果的に使えるかを研究。同じ薬でも小児、成人、老人で効き方に違うものがないか探索。その理由を探ることで、他の似たような効き目の薬を選ぶことができる。

高野幹久
広島大学
薬学部/医系科学研究科 総合健康科学専攻
中村克徳
琉球大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻

【薬物代謝学、薬理遺伝学】医薬品の副作用について、薬物の血中濃度で予測する方法の研究。薬の効き目の個人差については、患者の遺伝子の解析によって、より安全な治療をすることが可能になる。そのために、薬物投与前にSNPs(スニップス)という個人差を生み出す遺伝子の検出で迅速に診断することを進めている。

頭金正博
名古屋市立大学
薬学部/薬学研究科 医療機能薬学専攻

【レギュラトリーサイエンス】レギュラトリーサイエンスという、人間の立場に立ち、科学と人間の調和をはかる学問を専門とする。その立場から、抗がん剤を投与したときに生じる重篤な副作用が、どのような遺伝的な背景を持った患者に現れるのか研究。事前に副作用の発症リスクを知り、重篤な副作用を回避することができるようになる。

花田和彦
明治薬科大学
薬学部/薬学研究科 薬学専攻

【薬物動態学】投与された薬はどのように体の中に取り込まれ、どんな運命をたどり、最終的な治療効果や副作用を示すのか。薬物の体内での動きに着目し、吸収、分布、代謝、排泄過程における個体差を生じる要因を解明し、適切な薬物治療と効率的な医薬品開発に貢献するための研究。

松井勝彦
明治薬科大学
薬学部/薬学研究科 薬学専攻

【免疫学、微生物学】生体側の免疫応答の異常を原因とするアトピー性皮膚炎治療の開発研究を行う。この免疫異常を、皮膚に存在するランゲルハンス細胞を制御することで是正することが、治療のポイント。もう1つ重要なのは患者の皮膚に定着する黄色ブドウ球菌という悪玉菌。アトピー性皮膚炎の根治には、免疫異常と悪玉菌を同時に取り除くことが必須となる。

林久允
東京大学
薬学部/薬学系研究科 薬学専攻

【分子薬物動態】小児の難治性肝疾患の治療を目指した肝臓における物質輸送体の機能解明。

吉田直子
金沢大学
医薬保健学域 薬学類・創薬科学類/医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻

【グローバルな医薬品の偽造性、不良性の研究】最先端の方法も含め、様々な手法を導入し、偽造医薬品の蔓延とその対策に関する研究などの薬の偽造性、不良性の同定を行う。

山折大
信州大学
医学部 医学科/総合医理工学研究科 医学系専攻

【薬物代謝学】妊婦への投与が禁忌となっている医薬品を含めた多くの化学物質の肝細胞毒性を評価。ヒト胎児の肝細胞を用いて胎児毒性評価系を構築し、その分子毒性基盤を確立する研究を行った。

矢野育子
神戸大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻 バイオメディカルサイエンス専攻

【テーラーメード医療】

有吉範高
岡山大学
薬学部/医歯薬学総合研究科 薬科学専攻

【薬物代謝学】薬の効果、副作用の研究を進めている。

山下政克
愛媛大学
医学部 医学科/医学系研究科 医学専攻

【アレルギー、自己免疫疾患発症のメカニズム解明と制御法の開発研究】いわゆるヘルパーT細胞に似たTh2細胞という免疫細胞はアレルギー疾患の主体となることが知られている。この免疫細胞の制御に向けて幅広く研究を行っている。

家入一郎
九州大学
薬学部 臨床薬学科/薬学府 創薬科学専攻/臨床薬学教育センター

【薬理遺伝学、テーラーメード医療】

大戸茂弘
九州大学
薬学部 臨床薬学科/薬学府 臨床薬学専攻

【時間薬理学】薬物体内動態と生体の時間リズムの解析する時間薬理学の研究を行う。

吉成浩一
静岡県立大学
薬学部 薬学科/薬食生命科学総合学府 薬科学専攻

【衛生分子毒性学講座】医薬品、医療機器の品質、安全性確保の方策やデータ作成・評価することをレギュラトリーサイエンスという。食品に関するレギュラトリーサイエンスを研究している。

漆原尚巳
慶應義塾大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬科学専攻

【レギュラトリーサイエンス】医薬品の適正な評価を行うレギュラトリーサイエンスを専門とし、薬剤疫学、医療技術評価、および医薬品開発と市販後の規制制度に関する研究を行う。企業での開発職の経験がある。

松永民秀
名古屋市立大学
薬学部/薬学研究科 医療機能薬学専攻/臨床薬学教育センター

【再生医療】iPS細胞を医薬品開発に利用している。

鈴木匡
名古屋市立大学
薬学部/薬学研究科 医療機能薬学専攻/臨床薬学教育センター

【地域医療】高齢化社会への対策を研究。

杉山雄一
理化学研究所

興味がわいたら

人体実験ノススメ

鎌滝哲也

糖尿病を患う著者が、自身の体と病気の観察を通じて薬や治療とのかかわりを綴っている。大学で行っている研究もその延長線上にあるものだが、一般の人が研究的な視野で薬の使い方を考えるきっかけを提供してくれる。「自分が気になっていることが研究につながる」ということの実例。 (最新医学社)


薬物代謝学

加藤隆一、山添康、横井毅

大学で使われている教科書で、化学物質の安全性評価を担う研究者や、医薬品開発の研究者、病院で医療・薬学に従事する薬剤師などにも読まれている網羅的な入門書。ヒトにおける代謝を中心に、薬物の代謝分野の全体が解る。 (東京化学同人)


薬学教室へようこそ

ニ井将光

くすりと薬学の関係からはじまり、くすりはどのように発見され、発売されているのか。そして、そのくすりはどのように使用され、どのように効果を発揮するのか。くすりの開発過程から、実際に患者さんに投与されるまでを紹介している。また、最後には薬学を学ぶことについても説明されており、くすり全般的な広い知識が得られるだろう。 (ブルーバックス)


薬を育てる 薬を学ぶ

澤田康文

くすりを育てるとはどのようなことなのだろう?一般の人がくすりを有効かつ安全に使うために、またよりよいくすりを創りあげていくために必要とされる考え方などが説明されている。専門書ではなく一般向け書籍。 (東京大学出版会)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ