薬理系薬学

薬が生体内のホルモンや神経伝達物質に作用し、細胞や臓器にどのように効き目を持つのか、薬効のメカニズムを解き明かす

効能と副作用   情報伝達システム   シグナル応答   毒性学(トキシコロジー)   イオンチャンネル

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

自律神経
脳と臓器の連動に着目し、「病は気から」に切り込む

佐々木拓哉 先生
東北大学 薬学部/薬学研究科 生命薬科学専攻

記事を読もう

脳出血に真に効く治療薬の開発

香月博志 先生
熊本大学 薬学部

記事を読もう

イオンチャネルを標的とした新規治療薬の開発

山村寿男 先生
名古屋市立大学 薬学部 薬学科・生命薬科学科

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Arizona/アリゾナ大学(米)

医学部

【薬理】 国内で難病に指定されている肺高血圧症の病態解明や新規治療薬の開発で世界的に著名なグループがある。

University of California, Irvine/カリフォルニア大学アーバイン校(米)

Department of Physiology and Biophysics

【免疫細胞におけるイオンチャネル研究】 免疫細胞におけるイオンチャネル研究の最高峰。

University of Illinois at Chicago/イリノイ大学シカゴ校(米)

医学部

【薬理】 医学部や薬学部で研究される。国内で難病に指定されている肺高血圧症の病態解明や新規治療薬の開発で世界的に著名なグループがある。

St George's, University of London/ロンドン大学セントジョージ校(英)

Department of Pharmacology

【血管障害におけるカリウムチャネルの役割】 様々な血管平滑筋におけるKv7カリウムチャネルの生理学的意義を解明し、高血圧症の治療標的としての重要性を提唱している。

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ