建築環境・設備

人にとって暮らしやすい住まいの環境を作る。照明、空調、防音・遮音などの室内設備から、エネルギーゼロビル建築まで~心理学、医学、環境学とつながる

床振動、室内臭気、冬の結露・乾燥   室内空気汚染   住宅のエネルギー消費量   都市エネルギー供給設備   オフィスビルにおける快適温度

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
赤司泰義 佐久間哲哉 前真之

九州大学

工学部 エネルギー科学科 エネルギーシステム工学コース
【 主な研究者 】
伊藤一秀 萩島理 谷本潤
工学部 建築学科
【 主な研究者 】
古賀靖子

京都大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
原田和典 小椋大輔 西山峰広
工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
下田宏

大阪大学

工学部 環境・エネルギー工学科
【 主な研究者 】
近藤明 山口容平 下田吉之
工学部 地球総合工学科 建築工学科目
【 主な研究者 】
山中俊夫

東北大学

工学部 建築・社会環境工学科 都市・建築デザインコース、都市・建築学コース
【 主な研究者 】
持田灯 小林光 後藤伴延

北海道大学

工学部 環境社会工学科 建築都市コース
【 主な研究者 】
森太郎 羽山広文
工学部 環境社会工学科 環境工学コース
【 主な研究者 】
濱田靖弘

東京工業大学

環境・社会理工学院 建築学系
【 主な研究者 】
淺輪貴史 中村芳樹 鍵直樹
物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
松本英俊

秋田県立大学

システム科学技術学部 建築環境システム学科
【 主な研究者 】
松本真一 浅野耕一 長谷川兼一

東京理科大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
長井達夫 倉渕隆
理工学部 建築学科
【 主な研究者 】
吉澤望

神戸大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
佐藤逸人 高田暁

熊本大学

工学部 土木建築学科
【 主な研究者 】
長谷川麻子 川井敬二

早稲田大学

創造理工学部 建築学科
【 主な研究者 】
長谷見雄二

近畿大学

工学部 建築学科
【 主な研究者 】
崔軍 市川尚紀

その他の優れた大学

大学詳細

福井大学

工学部 建築・都市環境工学科

【光環境】 光環境の分野で世界的に高い水準の研究と教育を行っている。


海外で学ぶなら

大学詳細

Rensselaer Polytechnic Institute/レンセラー工科大学(米)

Lighting Research Center

【照明全般】 世界的に著名な研究所で博士前期・後期課程の教育を行っている。

主な研究者

研究者詳細
明石行生
福井大学
工学部 建築・都市環境工学科/工学研究科 建築建設工学専攻

【光環境工学、照明工学】高齢者に適した照明環境、薄明視レベルの環境下での、快適で効率的な照明環境について研究。光源の波長の成分を調整することにより、より高効率で安全な道路・交通照明の実現を目指す。

吉澤望
東京理科大学
理工学部 建築学科/理工学研究科 建築学専攻

【明るさ感、照明設計】

原直也
関西大学
環境都市工学部 建築学科/理工学研究科 環境都市工学専攻

【視認性、グレア】主査を務める建築学会光環境運営委員会で委員として活動している。

興味がわいたら

設計力を育てる建築計画100選

今井正次、櫻井康宏、明石行生、中井孝幸、大月淳、吉田信治

建築の計画・設計に必要な総合力を育てるためのテキスト・演習問題集。100事例を通して解説する。学生・設計者はもちろん、公共施設・サービス施設の企画・計画に携わる人々にも役に立つ。専門書なのでやや難しいが、光環境への導入としては比較的読みやすく、「光源の分光特性と照明設計」、「全般照明方式とTAL方式」、「視覚の加齢変化と照明環境」、「人工光源の種類とLED」の章で基礎的な知識が得られる。 (柳澤忠:監修/共立出版)


地球とつながる暮らしのデザイン

小林光、豊貞佳奈子

学界・企業の専門家50名によるエコライフ論。暮らしやすい環境や衣食住、エネルギー、ゴミ問題などに関して、企業や制度はどのような取り組みを行っているのか見極める力を、生活者が主体となってつけていくためのヒントがある。建築環境・設備分野については、第2章「よい光環境はエコロジカル」で述べられている。 (木楽舎)


陰影礼賛

谷崎潤一郎

『春琴抄』『細雪』などで知られる明治から昭和まで生きた大文豪、谷崎潤一郎の著名な随筆。まだ電灯がなかった時代、今日とは異なる日本の美の感覚や、生活と自然とが一体化し、真に風雅の骨髄を知っていた日本人の芸術的な感性について論じている。西洋の、室内の隅々まで明るくして陰翳を消す文化と、日本の陰影を活かす文化を比較。日本の伝統的な灯り文化が理解できる。本書のような随筆からも、上質な照明とはどういうものかを理解すれば、将来、適切な照明器具や光源を選定できるようになるだろう。 (中公文庫)


世界の夢の集合住宅

世界中から集められた107の美しい集合住宅の写真集。豊かな緑と光にあふれた住まいや、デザイン性の高い未来型住居もあれば、ガスタンクや下水処理場のタンクを活用したものもある。「いろいろあるなあ」「住みにくそうだなあ」で終わらず、どんな生活が展開されているか想像しながら読むべし。 (アフロ、ピーピーエス通信社/パイインターナショナル)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ