計測工学

様々なセンサを開発し、物理量の正確な測定・計測を実現する工学。GPSを利用した地殻ひずみ計測、スマホセンサから、生体信号を計測する生物系の工学まで

リモートセンシング   信号処理   超音波   非破壊検査   生体計測(医療への応用)

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
金井浩 枦修一郎 齊藤伸
工学部 機械知能・航空工学科 エネルギー環境コース
【 主な研究者 】
佐藤源之 森谷祐一

九州大学

工学部 電気情報工学科
【 主な研究者 】
末廣純也 吉田敬 林健司

東京農工大学

工学部 生体医用システム工学科
【 主な研究者 】
田中洋介

電気通信大学

情報理工学域 Ⅱ類(融合系) 電子情報学プログラム
【 主な研究者 】
西一樹

金沢大学

理工学域 電子情報通信学類 情報通信コース
【 主な研究者 】
笠原禎也 後藤由貴
理工学域 フロンティア工学類
【 主な研究者 】
飯山宏一

岩手大学

理工学部 システム創成工学科 電気電子通信コース
【 主な研究者 】
菊池弘昭 大坊真洋
理工学部 システム創成工学科 知能・メディア情報コース
【 主な研究者 】
萩原義裕

京都大学

工学部 物理工学科 エネルギー応用工学コース
【 主な研究者 】
木下勝之
工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
山本衛

大阪大学

基礎工学部 電子物理科学科 エレクトロニクスコース
【 主な研究者 】
赤羽英夫

熊本大学

工学部 情報電気工学科
【 主な研究者 】
小林牧子 緒方公一
工学部 機械数理工学科
【 主な研究者 】
鳥越一平

その他の優れた大学

大学詳細

千葉大学

工学部 総合工学科 医工学コース

【無線通信による医療情報伝送】 高橋応明准先生は、医療情報を無線通信によって伝送する研究を行う。

東京工業大学

工学院 電気電子系

【ミリ波帯アンテナ】 廣川二郎先生は、世界にないミリ波帯などに用いられる様々なアンテナの研究・開発を行う。

長岡技術科学大学

工学部 機械創造工学課程

【超音波による定量的非破壊評価】 計測が難しい場所において計測を行うべく、超音波を主体に様々な方法で測定を行っている。学生の受賞も多数ある。

名古屋大学

工学部 電気電子情報工学科

【磁気応用】

東北学院大学

工学部 電気電子工学科

【磁気応用】

立命館大学

情報理工学部 情報理工学科 画像・音メディアコース

【音響信号処理】 音響信号処理に関する研究者が複数在籍している。

主な研究者

研究者詳細
菊池弘昭
岩手大学
理工学部 システム創成工学科 電気電子通信コース/総合科学研究科 理工学専攻

【磁気応用、非破壊評価・検査】高感度で、高い空間分解能を持つ磁界センサの開発をテーマとし、このセンサを用いた非破壊評価の応用研究を行う。鉄橋や原子力発電プラントなどの大型構造物の健全性を、ものを壊さずに評価することに利用される

本島邦行
群馬大学
理工学部 電子情報理工学科 電気電子コース

【電磁波による遠隔高精度計測】金属管内の異常・不良検出を、電波を使って遠隔高精度計測する技術開発を行う。この計測技術を実用化すると、工場プラントにおける金属配管からのガス漏れや原発の熱交換器からの冷却水漏れなどを容易に察知することができる。

緒方公一
熊本大学
工学部 情報電気工学科/自然科学教育部 情報電気工学専攻

【情報計測処理、知能情報工学】コンピュータを使いこなし、人間の可能性を引き出すインタフェース装置の開発に取り組む。手の動きを音声合成につなげる研究は、障がい者が手の動きで言葉を話すような支援システムの実現につながる。視線の動き計測し解析する研究は、まばたきでコンピュータのマウス操作ができるようになることが考えられる。

小林牧子
熊本大学
工学部 情報電気工学科/自然科学教育部 情報電気工学専攻

【超音波センサの開発】超音波計測を専門に研究。超音波計測は高温では使えないことが多いというデメリットがある。そこを改善することに取り組む。

中迫昇
近畿大学
生物理工学部 生命情報工学科/生物理工学研究科 生体システム工学専攻

【音響信号処理、ブラインド信号分離、生体信号処理】人間の五感のうち、音にこだわり音響をセンシングする技術研究を行う。重なり合った信号を分離するブラインド信号処理という技術が実用化されると、音声認識率が飛躍的に向上する。臨場感溢れる立体音場再現、超音波スピーカの制御、雑音が多い医療データから健康に関する情報だけを取り出すことなどに取り組む。

薮上信
東北大学
工学部 電気情報物理工学科/医工学研究科 医工学専攻

【磁気応用】磁性薄膜を利用した磁界センサを用いて、心臓から発生する地場を計測する心磁計測。その新規手法で数10GHzという磁性体の透磁率を計測した。

井原郁夫
長岡技術科学大学
工学部 機械創造工学課程/工学研究科 機械創造工学専攻

【超音波による定量的非破壊評価】計測が難しい場所で計測を行うべく、超音波を主体に様々な方法で測定を行っている。学生の受賞も多数あり。

伊賀崎伴彦
熊本大学
工学部 情報電気工学科/自然科学教育部 情報電気工学専攻

【生体情報の測定】心拍間隔のゆらぎを計測して、健康状態を判断するという、面白い研究を行っている。

槌田雄二
大分大学
理工学部 創生工学科 電気電子コース/工学研究科 工学専攻

【磁気応用】磁気特性の変化を利用した非破壊検査応用。

西浦敬信
立命館大学
情報理工学部 情報理工学科 画像・音メディアコース/情報理工学研究科 情報理工学専攻

【音の高臨場再生、音の高音質受音、音の知覚と聴覚、音の高品質生成】音情報処理で精力的に研究する。超音波を使うことで鋭い指向性を持たせることができる音響システム、パラメトリックスピーカなどの研究でしばしばテレビなどにも出演。

梶川嘉延
関西大学
システム理工学部 電気電子情報工学科/理工学研究科 システム理工学専攻

【音響信号処理、音響機器設計、個人認証システム】能動騒音制御などの研究で日本をリード。

興味がわいたら

TDK テクマグ 「じしゃく忍法帳」

電気機器メーカのTDKがエレクトロニクスの様々な技術をやさしく解説するサイト「テクマグ」の中の1コーナー。磁性に関連した身近な応用例をコンパクトに解説するのが、「じしゃく忍法帳」。連載は120回つづいている。楽しく学べるサイトだ。 (TDK )


持ちつ持たれつ 生き物とコンピュータ

生き物と科学技術の会:編

近畿大学生物理工学部の先生たちが、目、耳、多重音声の認識、脳、電気と生き物、マルチメディア、コンピュータ、ヒューマンインターフェイスを話題に執筆。小学生高学年から大学生、社会人までを対象に面白く解説している。例えば、3章「聖徳太子風コンピュータ」では、中迫昇先生が、重なり合った信号を分離する技術である「ブラインド信号処理」について、先生が開発した手法を中心にわかりやすく説明した。姉妹書の『持ちつ持たれつ 生き物とエレクトロニクス』と併せて読めば、さらに理解が深まるだろう。 (電気書院)


なんでも測定団がいく

武蔵工業大学:編

工学では知るために「測る」ことは重要で、計測工学という分野もある。しかし、この本では、物理的なことだけでなく「なんでも」測るという。人体に関すること、地球に関すること、情報や社会など形にないものも測る。その方法とは。難しいと思われる測定を、どうやったらできそうかを考え、試行錯誤していくことが大切だということがわかってもらえたらうれしい。 (ブルーバックス)


地震前兆現象を科学する

織原義明、長尾年恭

地震の短期・直前予知の重要性はますます高まっており、研究も進んでいるが予知には至らない。著者の長尾年恭先生(東海大学)は、いろいろな地震前兆(地震先行現象)現象に着目し、その解明に挑んでいる。本書は、地球規模で生じる電磁気現象と、電波観測から得られる地震の予兆現象を科学的に考察する。「馬鹿にできない地震発生のうわさ」についても、実例を挙げて紹介している。 (祥伝社新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ