橋のない川

住井すゑ

明治時代のある被差別部落を舞台とした、理不尽で陰湿な部落差別の実態を描いた小説。差別がいかに人間の尊厳を傷つけるか。ヘイトスピーチが平気でまかり通るような現在の日本では、この小説から学ぶことはとても多い。 (新潮文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ