我々の歩いて来た道 ある免疫学者の回想

石坂公成

アレルギーの原因となる免疫グロブリンE (IgE)発見者、石坂公成・照子博士の半生の記録。「自然科学は、最終的には自然が答えを出してくれるものだから、“ウソ”は科学者にとっては全く意味がないものである。みんなに自分の考えを正直に述べることは、科学者にとって最も大事なことである」と語る。将来研究者になりたいという高校生に薦めたい。 (MOKU出版)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ