大村智 2億人を病魔から守った化学者

馬場錬成

アフリカ・中南米で多くみられた感染症、オンコセルカ症の撲滅に挑む、ノーベル賞受賞者大村智氏についての伝記。この本は、大村氏の人生を紹介するものだが、「ものを取る」というハンター的職業の面白さ、そして難しさを感じ取ってほしい。また、大村氏がエリート街道を歩んだわけではなく、紆余曲折の末に研究を行った人であることも記されており、胸を打つ。 (中央公論新社)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ