法律学

日本憲法史

大石眞

この本は、近代以降の日本において、実質的意味での憲法がどのように成長してきたかを論じています。特に、大日本帝国憲法の誕生と終滅にページが割かれています。大日本帝国憲法は、起草者たち、それに反対の論陣を張る者たちの、長年にわたる苦闘の成果として産まれたものです。彼らは日本に立憲主義を根付かせようという熱い思いを抱き、謙虚に外国法に学びつつ、理を尽くして互いを説得しようと努めていました。また、立憲主義の成長を後世に託してもいました。にもかかわらず遵守されなくなったのでした。

この本はそうした先人の足跡を丹念に描き出すものであり、憲法や立憲主義に対する私たちの態度を省みるきっかけを与えてくれるでしょう。 (講談社学術文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ