地盤工学

橋や道路、建物などの社会基盤施設を支える地盤を理解し、社会の安全を守る

地盤の固さ・地質   地震や地下水、地盤掘削などによる地盤の動き   地形・地層   液状化   土壌改善

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

工学部 地球工学科 土木工学コース
【 主な研究者 】
肥後陽介 大津宏康 岸田潔 三村衛 勝見武
工学部 地球工学科 資源工学コース
【 主な研究者 】
奈良禎太
農学部 地域環境工学科
【 主な研究者 】
村上章

東京大学

工学部 社会基盤学科
【 主な研究者 】
桑野玲子 古関潤一 清田隆
工学部 航空宇宙工学科
【 主な研究者 】
上西幸司

名古屋工業大学

工学部 社会工学科 環境都市分野
【 主な研究者 】
前田健一 張鋒

東北大学

工学部 建築・社会環境工学科 社会基盤デザインコース
【 主な研究者 】
風間基樹 京谷孝史 森口周二 池田清宏

北海道大学

工学部 環境社会工学科 資源循環システムコース
【 主な研究者 】
五十嵐敏文
工学部 環境社会工学科 国土政策学コース
【 主な研究者 】
石川達也
工学部 環境社会工学科 社会基盤学コース
【 主な研究者 】
西村聡

埼玉大学

工学部 環境社会デザイン学科
【 主な研究者 】
山辺正 長田昌彦

名古屋大学

工学部 環境土木・建築学科 環境土木工学プログラム
【 主な研究者 】
野田利弘 中野正樹 山田正太郎 中井健太郎

山口大学

工学部 社会建設工学科
【 主な研究者 】
中田幸男 鈴木素之

佐賀大学

理工学部 都市工学科
【 主な研究者 】
柴錦春 日野剛徳 末次大輔

その他の優れた大学

大学詳細

北見工業大学

工学部 地球環境工学科 環境防災工学コース

【地盤工学】 寒冷地の地盤工学に関しては、国内トップクラスの研究を行っている。

徳島大学

理工学部 理工学科 社会基盤デザインコース

【地盤工学】 数値計算を中心に災害の謎を紐解く。

愛媛大学

工学部 環境建設工学科

【地盤工学】 基礎的な研究から応用的な研究までを展開している。

鹿児島大学

工学部 海洋土木工学科

【海洋土木】 国内では唯一、海洋学を取り入れた土木工学分野である。

早稲田大学

創造理工学部 社会環境工学科

【放射性廃棄物地層処分、自然由来の地盤汚染】 地盤に係る環境と防災の実学的研究を行っており、研究者はバイタリティに溢れている。

名城大学

理工学部 社会基盤デザイン工学科

放射性廃棄物処分時の緩衝材に関する研究、河川堤防の浸透時および地震時の安定性評価。とても教育熱心な先生が多い。


海外で学ぶなら

大学詳細

Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学(米)

Civil and Environmental Engineering

系統だった教育の評価が高い。

Queen’s University/クイーンズ大学(カナダ)

Civil Engineering

常に新しいテーマを発掘して取り組んでいる。

University of Cambridge/ケンブリッジ大学(英)

Civil Engineering

地盤の基本的な性質から実務的な範囲まで幅広く展開しているところが特徴。 コンサルティングに関するデザイン教育がおもしろい。

主な研究者

研究者詳細

山下聡

北見工業大学
工学部 地球環境工学科 環境防災工学コース/工学研究科 社会環境工学専攻
【地盤工学、土質工学】 メタン分子が堆積物に固着して海底に大量に埋蔵されているメタンハイドレートは、将来のエネルギー資源の一つとして注目されている。ハイドレート採取に伴う地盤変動などの研究を行う。

川口貴之

北見工業大学
工学部 地球環境工学科 環境防災工学コース/工学研究科 社会環境工学専攻
【寒冷地地盤工学】 北海道のような寒冷地では、「凍上現象」と呼ばれる、地中に氷の塊ができ地表面が持ち上がる現象が起きる。このような寒冷地特有の地盤の災害を防いだり、少しでも減らせるような技術を開発。寒冷地の地盤工学分野のホープ。学生からの信頼度も高い。

前田健一

名古屋工業大学
工学部 社会工学科 環境都市分野/工学研究科 社会工学専攻
【土木工学、地盤工学、応用力学】 地盤を対象とした地盤工学と、水、空気、構造、生物など様々な条件で生じる力学を組み合わせ、工学的な利用をする研究。地盤と水が複雑に絡み合う災害の本質を見抜き、適切な対応策を考える

石川達也

北海道大学
工学部 環境社会工学科 国土政策学コース/工学院 環境フィールド工学専攻
【凍結融解作用を受ける地盤災害の発生メカニズム評価に関する研究】 充実した設備を用いた実験と数値解析を組み合わせた研究をしている。

森口周二

東北大学
工学部 建築・社会環境工学科 社会基盤デザインコース/工学研究科 土木工学専攻/災害科学国際研究所
【地盤工学】 粒子の集合体に関する力学から幅広い応用範囲までを研究している。

片岡沙都紀

神戸大学
工学部 市民工学科/工学研究科 市民工学専攻
【メタンハイドレート】 海底の地盤に大量に埋蔵されメタン分子が水分子に囲まれたメタンハイドレート研究において最も活躍している女性研究者の一人である。メタンは、地球温暖化対策としても有効な新エネルギー源とされる。

興味がわいたら

ドクターモグの地盤工学入門

地盤工学会のホームページ。ドクターモグが、土のなりたちや性質、地盤に関係する構造物、地震や雨よる地盤災害など地盤工学の分野で扱っている内容を、イラストや写真を多く用いて楽しく解説。「ドクターモグの実験教室」(https://www.jiban.or.jp/?page_id=3149)に掲載の地盤に関する実験もみてみよう。 (地盤工学会 )


剣岳 点の記

地盤工学も含まれる土木工学において、測量技術はどの場面でも必要な基礎分野だ。この映画は、日本地図を作成するために先人が行った測量作業について描いたものだが、その苦労や意気が感じられる。 (「剣岳 点の記」製作委員会 新田次郎:原作)


エネルギー革命 メタンハイドレート

松本良

これからのエネルギー「メタンハイドレート」を理解するための入門書として良本。生成や集積の仕方、分布状況、地球環境とのかかわりなど、メタンハイドレート全般について平易に解説されている。 (飛鳥新社)


希望の現場 メタンハイドレート

青山千春、青山繁晴

新資源メタンハイドレートの研究者で、魚群探知機を使った探査方法の特許を持つ青山千春先生(東京海洋大学)による著書。メタンハイドレートの国内での開発状況、実用化に向けての課題など、メタンハイドレートの現状を知ることができる。 (ワニ・プラス)